2008/11/30  16:19

しっぽ通信 Vol.20  しっぽ通信

今年もあと1ヵ月。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

外出帰り、神宮外苑に立ち寄りました。
毎年恒例 いちょう祭り の時期でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

イチョウ並木前にはたくさんの屋台で焼きそばの香りが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
このカップルに幸あれ・・・そんな一枚です 

休日の昼間、それはそれはごった返しておりました。
毎年のことです。
人並みが途切れるのを待って パチリ 
この時期、早朝に来るのが一番。
地元住民の特権ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ポチはイチョウを バリバリバリ ・・・ずぅ〜っと食べてるの。
美味いかい 
味わって食べてな 

クリックすると元のサイズで表示します

この場所で家族連れを見ていると、子どもの頃を思いだします。
休日に家族で散歩に来ていたこの場所、風景と時間の流れはあの時のまま。
小さい頃の自分とすれ違うような、そんな錯覚にとらわれます。

クリックすると元のサイズで表示します

パラソルチョコのようなイチョウの木。
左の木はどうしちゃったのかしら、ご機嫌ななめ?
フニャ っとしちゃってますけど・・・
集合写真を撮ると一人だけフニャとしている子どもがいますけど、それみたい。
シャキッとしなさい 
写真に写りたくて斜めになってみたのかな?

この時期、外苑に来たらぜひ立ち寄ってほしい場所があります。
イチョウ並木のすぐ横、以前ご紹介した御観兵榎がある森。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期は落ち葉が サクサク
ストレスで傷んだオーラもピカピカにしてくれるそんな場所 
ここに、それはそれはきれいに紅葉する大きなモミジの木があります。

クリックすると元のサイズで表示します
すっごくキレイでしょ 
光の当たる角度によって色が変わるので、あっちこっち移動しながら見上げてください。
ほんとうにきれいです。
みな口々に『こんなきれいなモミジが見れてよかったぁ〜』と言っておりました。
ごった返しているイチョウ並木の横にある森なのに、ここを通る人は少ないんです。

クリックすると元のサイズで表示します

イチョウ並木まで来たのに、このモミジがあることに気付かない残念な方が多すぎる。
オシイ・・・実に惜しい
巷の情報だけにとらわれていては見逃すものがたくさんあります。
私はいつもそう思っております。
このブログを読んでくださったみなさんは、もう大丈夫、残念な人ではありません。
ぜひ見に行ってみてくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します

絵画館前で開催されていた『クラシックカーフェスタ』(入場無料/11月30日まで)
前日ニュースで見たのでチラッとお立ち寄り。

クリックすると元のサイズで表示します

お子ちゃま用の車。
運転手さん、わき見運転は危険ですよ・・・気をつけてぇ〜
かわいくて思わず パチリ 
足で キコキコ こぐタイプかと思われますが、ほとんど大人が後ろから押していました。
大胆にも柵に突っ込むご子息様もいらっしゃいました。

【ジャガー マーク-V(1949年 イギリス)】
クリックすると元のサイズで表示します

その名のとおり、ジャガーの縫いぐるみが。
色も渋くて素敵。

【オースチン ミニ モーク(1967年 イギリス)】
クリックすると元のサイズで表示します

運転席にはクマちゃん。
運転は俺にまかしとけ!!

【BMW イセッタ300(1957年 ドイツ)】
クリックすると元のサイズで表示します

フロントが開いちゃうのね。
ハンドル見えてますけど・・・

【ブガッティ ブレシア22(1923年 フランス)】
クリックすると元のサイズで表示します

チキチキマシン猛レース?
私にはケンケンが見えました 

【ベンツ パテント モトールヴァーゲン(レプリカ/1886年 ドイツ)】
クリックすると元のサイズで表示します

世界初のガソリン自動車らしいです。

【ロールスロイス40/50HPシルバーゴースト(1910年 イギリス)】
クリックすると元のサイズで表示します

踏み台部分が引き出しになっていて、ペンチなどの工具が入っていました。

お父さんたちにはたまらないらしく、みな目が輝いていました。
車のオーナーさんたちも自分の車を見てもらえることがうれしいって感じですね。
他にもたくさんの車が展示してありました。
無料でこれだけたくさんのクラシックカーを見られたら車好きでなくても楽しめますね。

皆さんの休日はいかがでしたか?
私のまわりでは『風邪で寝込んだ・・・』という声がチラホラ。
クリスマス&年賀状の準備、なにかと忙しいこの時期 
空気も乾燥していますので、みなさまもお気をつけくださいね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ