2021/10/24  17:44

神楽坂カフェめぐり  神楽坂/千代田区/文京区/グルメ

神楽坂に行ってきました。

以前から気になっていたお店をめぐってきました。
全て神楽坂通り沿いにあるお店です。

坂道をどんどこのぼって、最初に立ち寄ったのが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

神楽坂 地蔵屋 神楽坂通り店
 
https://kagurazakasenbei.com/c-fpage?fp=panbu

お煎餅屋さんなのですが、神楽坂通り店ではパンも販売しています。

昨年末、赤城神社にお守りを返しに来た時、
この店の前に 生食パン と書いてあるのぼりが立っていました。

お煎餅屋なのに

と不思議に思って試しに1つ買って帰ったら、
香りもよく、すっごく美味しかったんです。

お煎餅屋さんだから米粉かと思いきや国産小麦を使用しています。

昨今の高級食パンブームで話題のお店でも
こんなに香りが際立つ食パンはないです。

お店の人の話では、食パンは週1度しか焼いてないので
金曜日、土曜日の販売だそうです。

この日は残念ながら買えませんでした。

「以前買ったらすごく美味しくて…」

とお店の方に言うと、
電話で取り置きができるからとお店の電話番号が
記載されたカードをくださいました。

(詳しくはお店に確認してください)

次回は予約して行こう。

さらに坂道をのぼって、気になっていたフランス菓子のお店へ。

クリックすると元のサイズで表示します

Aux Merveilleux de Fred
( オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド )
 
https://www.enjoytokyo.jp/article/111835/
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13246571/

フランスの伝統的なメレンゲ菓子のお店。

お店のスタッフもフランス人がいっぱい。
レジのお兄さんがめっちゃイケメンでした。

フランスに来たような気になれます。

神楽坂はフランスの方がいっぱい住んでいますもんね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

店内にはすごくきれいなシャンデリアが。

おいくら…

クリックすると元のサイズで表示します

メレンゲもこれだけ並ぶと圧巻ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

2階、3階がティールームになっているのですが
女子がいっぱい並んでいました。

土日は混むな…

ということで仕事がお休みの平日にまた来ようということにして

お持ち帰りすることに。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年末、お店の前を通った時、

何だ、この丸いのは…¬_¬

と気になって調べたらメレンゲのお菓子だと。

クリックすると元のサイズで表示します

高さ5センチくらいの小ぶりなお菓子。(1つ300円)

小さなかわいいボックスに入れてくれました。

6種類ある中から、今回はこの3つを選びました。

エキセントリック(右)
チェリーホイップクリーム
クリスタルメレンゲチップでコーティング

メルベイユ(左)
チョコレートホイップクリーム
ダークチョコレートチップでコーティング

マニフィック(奥)
プラリネホイップクリーム
キャラメリゼしたヘーゼルナッツでコーティング

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

メレンゲの台にクリームがのっています。

メレンゲはサクサク。

メレンゲって口の中にペタッと残ったりしますが
まったく残らず すぅ〜っと溶けていきます。

小ぶりだから一度にいろんな種類が食べられますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ワッフルも買ってみました。

ラム酒のバタークリームが挟んであります。
シャリシャリした食感のクリームです。

パリッとしているかと思ったら、やわらかかったです。


帰るか…と坂道を下っていると 

クリックすると元のサイズで表示します

あれっ、このお店…

クリックすると元のサイズで表示します

マリアーヌ
 
https://ofukumochi.com/shops/marianue/

三重県伊勢の御福餅本家プロデュースのカフェ。

ここも一度行こうと思っていたお店。

ここならすぐ入れそうな空気感…

ということで中に入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

おすすめ3種盛 (お福餅/抹茶餡お福餅/包み餅きなこ 750円)

煎茶付きです。

食器が素敵。

クリックすると元のサイズで表示します

お福餅の形は「二見浦の清き渚に打ち寄せる波」を表現しています。
手作業です。

もっちもちで楊枝では切れない。

伊勢に行った気分でパクっと一口でいきましょう。

食事中に使う紙のマスクケースを持ってきてくださったり

お店の方がとっても感じよくて、親切で、よい時間を過ごせました。

クリックすると元のサイズで表示します

コボちゃん みぃ〜つけた。

作者の植田まさしさんは、この辺りに35年以上居住、

「コボちゃん」の連載初回の原稿は神楽坂で書き上げられたそうです。

お洋服がいろいろ変わるらしいです。

コボちゃん、愛されてます。

クリックすると元のサイズで表示します

JR飯田橋駅西口のエキュート2階へ。

クリックすると元のサイズで表示します

西日がお堀に反射して、今日も1日が終わります。

このブログでも何度か神楽坂散策をしていて

毎回書いていますが、神楽坂はいい街

どこのお店に入ってもお店の方が親切、不快な思いをしたことがありません。

気になるお店はまだまだあります。

坂道が体にこたえるお年頃になりましたが
次回もがんばってのぼります。

いつだって神楽坂にはやさしい風が吹いています。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ