2008/2/17  23:56

弁慶堀(赤坂見附)  お散歩

前回ご紹介した「紀伊国坂」の横にあるのが弁慶堀。
赤坂プリンスホテル前に橋がかかっています。
赤坂見附と紀尾井町を結ぶ橋、それが弁慶橋。
この名前は「武蔵坊弁慶」とは何の関係もないそうです。
この掘を掘った寛永年間(1624-43)、江戸城普請の大工の棟梁・弁慶小左衛門に
由来するそうな。

【弁慶橋からの風景】
クリックすると元のサイズで表示します

写真正面が紀伊国坂。
子どもの頃、父と兄と一緒にここでよく釣りをしたっけね。
釣り糸をたらせばブルーギルが釣れます。
外来魚は繁殖力がすごいので、お堀にいっぱいいたのでしょうね。

当時、テレビで「釣りキチ三平」を見ていたら、三平が川釣りをしていまして。
持っている竿を左右に動かして魚を釣り上げていたのです。
「釣りキチ三平」にはまっていた私は「三平釣り」のまねをしてはブルーギルを
たくさん釣り上げていました。

釣れたブルーギルは持ち帰り、水槽で飼っていましたが・・・
狭い水槽に数十匹、ブルーギル達はさぞかし迷惑だったかと思われます。
我が家は狭いので、水槽を置く場所もなく床に置いていたのですが・・・
母は掃除機をぶつけ、水槽が割れ数十匹のブルーギルが流れ出すという大失態を
何度かやらかしていました。
そうなると家族総出でブルーギルすくいが始まります。
床は水浸し、ブルーギルはピチピチ跳ねる。
ひぇ〜
狭いながらも楽しい我が家って、このこと?
ブルーギルは、これまたいい迷惑だったでしょうね。

ある日曜日のこと。
いつものように釣りへとやって来ましてね。
ところが、えさを持ってくるのを忘れまして。
父が取りに帰っている間、兄と向かいに住むお兄ちゃんと遊んでいました。
お堀に落ちている缶を拾って水を出してみると、小さくて透明な海老が出てきたんです。
他の缶を拾ってみると、やっぱり海老が出てくるんです。
おもしろくってあっちこっちの缶を拾っては海老をつかまえていました。
こんな都会にも、いろんな生き物が生息しているんですね。
今はどうなのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

弁慶橋の横にあるのがボートハウス。
子どもの頃、散歩に来てはここでボートに乗りました。
小学生の頃から父にボートのこぎ方を教わっていた私は、今でもかなり上手いです。
そんな女子がいてもいいと思います。
ボート漕ぎの下手な男子とは、一緒に乗れませんよ。
『ボートもろくに漕げないのか!!』
『ボートは体全体で漕ぐんだ!!』
と、オールでなぐってしまいそうな気がするので・・・
デートの時は、ぜひ私が漕ぎたいと思います。

※ブラックバスなどのルアーフィッシングを楽しむ「Benkeiフィッシングクラブ」もあります。

【赤坂プリンスホテル】
クリックすると元のサイズで表示します

振り向けば赤坂プリンスホテル。
ボートハウスの裏は、ホテルニューオータニ。
春にはホテル前のソメイヨシノ&八重桜がきれいです。
お散歩をしながら、ホテルでお茶でもいかがでしょうか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ