2019/6/9  14:06

浜離宮恩賜庭園 中島の御茶屋  日本橋/銀座/六本木/芝公園/汐留/お台場/羽田

仕事がお休みだったので浜離宮へ行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

浜離宮に来るのは久しぶり。
 
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index028.html

クリックすると元のサイズで表示します

まずは潮入の池にある中島の御茶屋へ。

ここでお抹茶セットをいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

入口で注文して中へ。

浜離宮は東京湾に面しているので海風が通り抜けて行きます。*^_^*

この庭園には何度も来ていますが中島の御茶屋に立ち寄るのは初めて。

以前からここの練りきりが気になっていたんです。

クリックすると元のサイズで表示します

お抹茶は温かいのと冷たいのを選べます。

冷たいのにしたら氷が入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

この日の練りきりは ナデシコ 

キラキラしてます…

SNSに載っているここの練りきりの写真がどれも素敵で洗練されていて
ぜひ実物を見てみたいとずぅ〜っと気になっていたんです。

茶屋の方にきいてみたところ
菓匠 花見
で作ってもらっているそうです。
 
https://www.kasho-hanami.co.jp/

浜離宮オリジナルなのでお店で同じ物は購入できないとのこと。

通常の練りきりより小ぶりに作ってもらっているらしく
ひとまわり小さめでした。

「季節ごとにデザインが変わるのでぜひまた来てください」

と言ってくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します

外のテーブル席に移動してお庭を眺めながらいただきます。

時折吹く海からの風が潮の香りを届けてくれます。

平日の昼間、贅沢な時をゆっくり楽しみます。

クリックすると元のサイズで表示します

高層ビルに囲まれていますがさほど気にならないのは
庭園が広々としているからでしょうね。

潮入の池の水は海から引いた海水なので
カニなど海の生き物が生息しています。

海から海水を引いて、潮の満ち引きで水位を上下させ、
庭園の趣に変化が生じるように造られた池を
潮入の池 と呼ぶそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

汐留のビル群。ビル

過去と現在が同時に存在しているような異空間。

クリックすると元のサイズで表示します

一面にクローバーとシロツメクサ。

クリックすると元のサイズで表示します

四つ葉のクローバー見つかるかな。

クリックすると元のサイズで表示します

東京タワーも見えています。東京タワー

クリックすると元のサイズで表示します

緑まぶしく、紫外線強し。

クリックすると元のサイズで表示します

高層ビルが棒グラフに見えるのですが…

クリックすると元のサイズで表示します

雑木林を抜けたら…

クリックすると元のサイズで表示します

ファントム猫に遭遇。

仮面つけてます

オペラ座の怪人

浜離宮の怪人

クリックすると元のサイズで表示します

花菖蒲が少し咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

浜離宮は花菖蒲や紫陽花はさほどないので

菖蒲園のような風景を期待してくるとがっかりしてしまうかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

休憩所にはミスト機がついています。

日本の夏は年々暑くなっていくのでありがたい。'_';

クリックすると元のサイズで表示します

オオバネムノキ

ふわっふわ。

クリックすると元のサイズで表示します

浜離宮といえば コスモス畑。

秋に向けて成長中。

キバナコスモスが咲いたらまた来ようかな。

コスモスの時期の練りきりはどんなかな、楽しみ。

帰るとしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

カレッタ汐留46階の展望スペースへ。

クリックすると元のサイズで表示します

浜離宮、レインボーブリッジ、お台場が一望。

クリックすると元のサイズで表示します

浜離宮のお隣、移転問題で揺れた築地市場は解体が進みスッキリしていました。

様々な困難、働く人の想い、いろんなものがここにあったはずなのに
上から見ると静けさしか伝わってこない。

様々な事情とともに、

時とともに

街も変化していくんだな…


【浜離宮のコスモス】
https://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/334.html
https://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/149.html
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ