2016/7/17  22:36

白ゆりの思い出  しっぽコラム/エッセイ

あわただしい朝、
風を切って歩く私の鼻が甘い香りをとらえました。

ふと見ると、道の脇に白いゆりが数本。
風にのってまとわりついてくる甘く、エレガントなその香りは

「ちょっとお待ちなさいな」

と呼び止めているようで、時間ばかり気にする私の足を
少しだけゆっくりにしてくれました。

そして、遠い昔の懐かしい出来事を思い出す余裕を与えてくれました。*^_^*

アメリカでホームステイをしていた頃、大学の先生の家でお世話になっていました。
お母さんは静かな雰囲気で、優しい人。
以前受けた呼吸器の手術によりあまり外出ができないため
いつもソファーに座りパソコンで書き物をしていました。

私はとても不思議に思っていました。
体調が悪いこともあるのに、なぜホームステイを受けてくれたのだろう。
他人を家に入れるなんて面倒なことをなぜ引き受けてくれたのだろうと。'_';

日に日に暖かくなり、春の花が開き始めたある朝、
何気なくカレンダーに目をやると、その日お母さんの誕生日だと書いてありました。

こりゃいかん、プレゼントを買いにいかねば。

たいていの物が揃っている大型スーパーへ行き、
何がいいかしらと歩きまわっていると
花売り場に白いゆりの鉢植えがたくさん並んでいるのが目に入りました。

小ぶりで、白く清楚な雰囲気。
ひと目で気に入った私は鉢にブルーのリボンを巻き、
小脇に抱え家に帰りました。

お母さんはいつものようにソファーに座り、書き物をしていました。

「お誕生日おめでとう クラッカー

私が誕生日だと気付いていたことに驚いたのでしょう。
思いがけず渡されたプレゼントにお母さんはとても喜んでくれて

「ハグしてもいい?」

と言って、私をぎゅっと抱きしめてくれました。
体に問題を抱えている人とは思えないくらい、それはそれは力強いハグでした。

触れ合った体から伝わる温かさと
子どもがお母さんに身をゆだねるような信頼感。
滞在期間も残り3カ月となり、少し疲れを感じていた私は
何とも言えない安心感に陥っていました。
不思議なことに今でもその感触がはっきりと記憶に残っています。

「これ、イースターリリーって言うのよ」

お母さんがそう教えてくれました。

イースターは春に行われるキリストの復活を記念する復活祭。
イースターリリーは祭事に飾る白いゆり。

白ゆりは「純潔」「貞操」のシンボルとされ、聖母マリアを象徴する花です。
キリスト教の宗教画にはヨーロッパに自生する「マドンナ・リリー」と呼ばれるゆりが
描かれてきましたが、19世紀に日本の「テッポウユリ」が紹介され人気となり
祭事に導入されるようになったのだそうです。

それでか、お店に白ゆりがたくさん並んでいたのは…
清楚な雰囲気が日本ぽかった…
わからないことだらけの海外生活では後から合点がいくことが多いものなのです。

お母さんはキッチンの窓辺に飾ってくれました。
時折差し込む日差しが、ゆりをさらに白く輝かせていました。

おおらかな家族だったため家の中はいつもごちゃごちゃ散らかっていたけれど
そのおおらかさによって私はあの家族と出会い、お世話になることができたのでしょう。
問題があるから、大変だからできないんだと決めつけず、
ゆったり、広い心で、おおらかに受け入れる、そう教えられました。

あれから15年が過ぎました。
白ゆりを目にする度、あの日のお母さんのハグを思い出します。
他愛のない日常のやり取り。
何てことはない出来事。

長く心に残る出来事は特別なことではなく
日常の中で起こるほんの些細なことなのかもしれません。

お母さんが今日も元気で、幸せでいてくれればいいのだけれど。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ