2015/10/18  16:59

ドライフラワーを作ってみました。  ハンドメイド

「結婚式でもらったブーケをドライフラワーにしたいのですが
 どうすればいいですか。」

逆さにつるして乾燥させるか、
業者に頼んでブリザーブドフラワーにしてもらうか…

気の利いた回答ができなかった私の頭の片隅に
きれいなドライフラワーの作り方って…'_';
という疑問が住み始めました。

そんなある日、テレビを見ていたら
ドライフラワー用のシリカゲル(乾燥剤)があるという。

シリカゲル、いわゆるお菓子の中に入っている乾燥剤。

花をつるして乾燥させると茶色くなってしまうけれど、
シリカゲルでつくるときれいな状態で出来上がるのだとか。

やってみたい。
自分の育てた花で作ってみたい。
それを使ってクリスマスリースを作ってみたい。

と妄想は広がる一方、止まらない…

とうことで挑戦してみることにしました。パンチ^▽^

クリックすると元のサイズで表示します

@フタ付の容器とシリカゲルを用意。

※花だけなら大きめのタッパーを使用。
 今回は花だけでなく、茎もつけたまま作ってみることにしたので
 深めの瓶を用意。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

A底にシリカゲルを敷き、
 プランターから摘んだ百日草の花を入れ、
 さらにシリカゲルを注ぎ、花を完全に埋める。

※花びらの隙間にもまんべんなくシリカゲルを注ぎ入れます。

しっかりとフタで密封して1週間。

1週間後…

クリックすると元のサイズで表示します

できましたぁ〜  \(^o^)/

乾燥してパリパリです。

※乾燥しているためもろくなっていますので、丁寧に扱ってください。

少し花びらが踊ってしまったけれど、初めてにしては上出来。

吊るして乾燥させるより、色も形もきれいな状態で出来上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで 第2弾 の仕込み。´з`

大きめのタッパーに 百日草、ホトトギスを置きます。

何かきれい…これだけでアート作品。

お粉の布団をかぶって、1週間おやすみなさい。-_ゞ



1週間後、きれいに出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ