2015/8/2  15:56

どくだみで足湯  美容・健康

家の一角にどくだみが生えている場所があります。

夏になるとアスファルトの隙間からぐんぐん伸びて真っ白な花を咲かせますが
咲き終わると枯れて茶色くなり景観も悪いので刈り取って捨てています。
毎年、面倒くさい作業のひとつです。

ところが先日、ハーブ本を読んでいたら どくだみの足湯 が載っていました。

どくだみはお茶で飲んだりもする健康によい植物であることはよく知られています。

【期待できる効果】
利尿、解熱、解毒、炎症をおさえる、抗菌作用、毛細血管の強化、新陳代謝を高める
血液をきれいにし、血行不良などの循環を良くする

ここ数年、暑い夏もなるべく温かい物を飲むようにしています。
内臓を温めると体調がよく夏バテもしにくいことを実感している私は
湯につかる機会が少なくなる夏こそ足湯だと思い立ちました。

どくだみは家の横に売るほどあるじゃないか…
タダで健康になれるんじゃないか…

今まで捨てていたのが急にもったいなくなった私は即実行。

クリックすると元のサイズで表示します

数週間前に刈り取って捨てたばかりなので、今回の収穫量は少なめです…

クリックすると元のサイズで表示します

フレッシュどくだみ。

刈り取ると独特な匂いが漂います。
強い匂いからもすごい力を秘めていることがわかります。

@さっと水洗いし、熱湯を注ぎ、成分を抽出させます。
 (今回は2〜3分ほど火にかけ、煮だしてみました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お湯が黄色くなってきた…出てます、出てます。

Aそっと足を入れて15分〜20分
 
※足だけを浸しても成分をかなり吸収できるのだそうです。
 身近に生えている植物だと よもぎ もおすすめで、疲れを取ってくれます。

じっとり汗をかいてきました。
足を動かしてパシャパシャさせ遊んでいると30分があっという間に経過。
足がさらっとすっきり。

数週間消えない虫刺されの跡に葉っぱをはってみたところ、
どんどん赤みが消えています。

効いている

収穫してつるし乾燥させておけば冬にも使うことができます。
足湯にしたり、ネットに入れてハーブバスにしたり、
他のハーブやエッセンシャルオイルと混ぜて使ってみたり、
研究すれば楽しいハーバルライフが待っているような気がしてきました。

猛暑が続くこの夏、植物の力に頼ってみよう。

今まで厄介に思っていたどくだみも、有り難い存在へと変わりました。

無知は、無駄な労働を生み、良い物を無駄にする。
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ