2007/11/18  18:06

しっぽ通信 Vol.8-@  しっぽ通信

どうも、しっぽです・・・
すっかり寒くなりました。
みなさんお風邪などひいていませんか。

つい先日、有給休暇を取りましてね。
新宿へお出かけついでに、明治神宮をお散歩してまいりました。
ここは、私にとって特別な場所でして。
日々のストレスで
『おやっ、オーラがくすんでるかも・・・』
と思った時に行く場所。
なぜかというと、これでもかってなぐらいに木があって、
一歩足を踏み入れると鳥の声しか聞こえないから。
外は代々木、原宿、表参道、人や車が行き交っているというのにこの森は別世界。
どこかに旅行へ来たような、そんな錯覚におちいります。

人間は自然からパワーをもらって生きています。
オーラを癒すには素晴らしくよい森なのでありまするぅ〜

私はいつも神宮外苑から千駄ヶ谷駅前を通り、北参道口から入ります。
神宮外苑から歩いても10分〜15分くらい。
入口には自転車置き場もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社。
鳥居には菊の御紋
陛下、お邪魔いたします。ペコリ〜

一歩踏み入っただけで、空気がガラッとかわります。
砂利をジャリジャリ踏みしめながら、まずは参拝。
参道を歩くと、神聖な気持ちになります。

クリックすると元のサイズで表示します

御社殿に到着ぅ〜
外国人の観光客がけっこう多いですね。
行くと結婚式をやっていることが多く、白無垢姿のお嫁さんを目にします。
この日も結婚式をしておりましてね。
平日に・・・?
どういう理由で・・・??
といろいろ想像しながら
『どこのどなたかは存じませんが、これから2人でがんばって!!』
と巨人の星の明子姉さんのように陰ながら応援してみました。
ちなみに・・・
この日のお嫁さんの白無垢には、神田うのちゃんのようなフリルは付いていませんでした。

神社に来ると、ついつい人が書いた絵馬を見てしまいません?
みんな何をお願いしているのかなぁ・・・って。
この日もちょっと拝見。

みなさんはお参りした時、どんなお願い事をしますか?
家族が健康でありますように?
彼氏、彼女とずっと一緒にいられますように??

私は、自分のことはぜったいお願いしません。
世界が平和で、みんなが幸せになれますように・・・と。
何でかといいますとね、小学生の時にこんなことがあったんです。

七夕集会で、各クラス1つお願い事を発表することになりまして。
クラス全員が短冊に願い事を書いて、その中から1つクラスのお願い事を
決めることになったわけ。
子どもですからね、みんな自分のことを書くわけさ。
ゲームを買ってもらえますように・・・とか
将来、○○になれますように・・・とかね。

そんな中、1人だけ
『戦争がなくなりますように』
って書いた友人がいましてね。
先生は、
『みんな自分のことを書いた中、これはみんなのことをお願いしています。
 だからこれをクラスの願い事として集会に出します。』
って。

その時、私の短冊には
『犬を買ってもらえますように!!』
って書いてあったわけで、
はは・・・ははは・・・
もう顔に縦線、ちびまるこちゃんの世界です。
そりゃ〜ね、反省しましてね。
私の友人はなんて偉いんだろうって思ったんです。

絵馬を見ますとね、ほとんどの人が自分のお願い事なのね。
この日は時期的に
○○大学に合格できますように
というのが多かったかな。
そんな中、素晴らしい絵馬が3つほどございました。

クリックすると元のサイズで表示します

どこのどなたかは存じませんが・・・
あんたはエライ!!

クリックすると元のサイズで表示します

どこの『まりなちゃん』かは存じませんが、
とてもよい子になるでしょう・・・
一生懸命書いている姿が目に浮かびますね。

クリックすると元のサイズで表示します

私はかつてこんなに素晴らしい絵馬を見たことがありません。
書いた人がどんな方なのか、想像できますよね。
きっと、きっと愛情溢れる素晴らしい方なのでしょうね。

この3人に、『しっぽ大賞2007』を差し上げます。
どこのどなたかは存じませんので、賞品は送れません・・・ごめんなさい。

みんなが幸せになれますように・・・
みんなというのは自分も幸せになれるということ。
自分や身内のことだけでなく、まったく知らない人たちも幸せになれますようにと願える心の余裕を持ちたいものです。

明治神宮散策は、まだ終わらないのよ。
ここからが本番。
次回をお楽しみに。

今年もあと1ヶ月。
空気のにおいが年末っぽくなってまいりました。
忘年会もありますからね、風邪などひかず、万全の状態でのぞんでくださいましね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ