2011/9/18  18:41

片岡鶴太郎展&北海道展&北の国から展  イベント

一年に一度も行かない街、池袋へ行ってきました。

何でかというと・・・
池袋・西武百貨店で行われているこれをみに。

クリックすると元のサイズで表示します


片岡鶴太郎展 墨牡丹

普段、絵に興味なんか持たない私なのに、
数ヶ月前からムショ〜に鶴ちゃんの絵が見たくなって。
でも、デパートで行われている個展は地方をまわっていたので
東京に来たらぜひ行こうと待って、待って、待って、

とうとう来ました、鶴ちゃんが東京に きたぁ〜

それ行けってな感じです。

入口には有名人からたくさんのお花が届いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ひょうきん族」を見て育った私にとっては
「鶴太郎さん」というより「鶴ちゃん」なんです。

かつて「マッチでぇ〜す」なんてやっていた芸人さんが
こんなに素晴らしい画家になるなんて、
あの当時いったい誰が想像したでしょう。

人の才能という物は本人の知らない所に眠っていたり
するのかもしれません。

会場はご年配のマダムたちが多かったように思います。
混んでいるわけではないのですがひっきりなしにお客さんが
入ってくる感じでした。

屏風に墨で書かれた牡丹の絵は黒い部分と少し色づいた部分の
バランスが見事でした。

どの絵もやさしくて、素朴で、鶴ちゃんの人柄がよく出てるなと
思いました。
筆を持ち作品に向かっている時の鶴ちゃんの真剣なまなざしが
何ともいえないんですよね。
芸術家の目だなぁ・・・といつも思います。

帰りにポストカードを買って来て障子の格子に置いて飾ってみました。
なかなかいいインテリアになります。

【片岡鶴太郎HPはこちらから】
http://www.kataoka-tsurutaro.com/


【秋の大北海道展】
西武に行ったら、次は東武、
池袋・東武百貨店の「北海道展」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

北海道展は人気ですね。
人でごった返していました。

チラシに載っていたこれを買ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

はちみつバター(¥609)

はちみつ&バター、カロリー高そう。
でも美味しいに決まってる。

パンに付けて食べてみましたが、
はちみつのやさしい甘さとバターの風味がたまりません。
美味しい?
なんてきかないで。

美味しいに決まってる・・・

北海道へ旅行に行った時、美味しくてハマッたお菓子がありました。

「北菓楼」のバウムクーヘン&北海道開拓おかき

この日も出店されていたので迷わずお買い上げ。
美味しいものは食べた瞬間、美味しいんです。

周りにシロップが染み込んで、しっとりふんわりしたバウムクーヘン。
油っこくなくさっぱりしたおかきに鮭、ホタテ、スルメなどが混ざっています。

私は開拓おかきの「イカ味」がすきなのですが、この日も

「イカ味はないの?」
「イカ味は夕方の入荷となります。」

という会話が延々続いていました。
イカ味大好き同好会でも作れそうな感じでございました。
おかきと一緒に入っているスルメの味と食感がクセになるんですよねぇ。

美味しいものは皆知ってるんだなと思うくらい列が途絶えることなく。
北菓楼、おすすめでございます。

【北菓楼はこちらから】
http://www.kitakaro.com/


【北の国から展】
北海道展の一角ではドラマ「北の国から展」が行われていました。
放送開始30周年。

クリックすると元のサイズで表示します

純君も蛍ちゃんもかわいかったなぁ・・・とつくづく。

富良野でロケ地めぐりをしたことがありますが、
ドラマそのまんまの町でした。
こちらをご覧ください。
http://angel.ap.teacup.com/yotsuyanoshippo/71.html

クリックすると元のサイズで表示します

会場にはこれまでのシリーズのパネル展示、グッズ販売、
小道具の展示がありました。

あんなことも、こんなこともあったよねぇ・・・
この家族と一緒に年を重ねてきたようなそんな気になりますねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

五郎さんのドカジャン&帽子がありました。
「黒板」という刺繍入りです。

グッズ売り場で面白いものをみつけました。
その名も・・・

クリックすると元のサイズで表示します

子供がまだ食ってる途中でしょうがラーメン

あの名場面のラーメンですね。
商品名の下に

しょうがはお好みで御用意ください

と書いてあります。
しょうがラーメンだと思う人がいるってことですかね。

話のネタに買ってみて、それほど期待していなかったのですが
美味しかったです。

ポークエキス、カツオエキス、チキンエキス、
煮干粉末、カツオ粉末、椎茸粉末が入っていて
食べた感じは魚介系の味がします。
北海道産の小麦粉を使った麺はつるつるです。

このラーメンを販売している 富良野とみ川
ではあの名場面を体験することができるとか。
(平成23年6月〜10月末迄)

お願いしたら
「閉店なんで」
と言ってラーメンをさげにきてくれるのかな。
そしてお客は叫ぶのよ。

子供がまだ食ってる途中でしょうがぁ〜

でも私は五郎さん役よりも

「お兄ちゃん、食べよ・・・」

とやさしく声をかけた蛍ちゃん役がやりたいです。
妹の方がしっかりしている黒板さんご一家でございます。

あんなラーメン屋の女将がほんとうにいたら誰でも叫ぶな。

【富良野とみ川はこちらから】
http://www.furanotomikawa.com/


きいてみたら展示物は写真を撮ってもいいというので撮らせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

最終シリーズ「遺言」で使われた書道セット

横には使い古されたような筆と硯が置いてあります。

「おいらが死んだ後、純も蛍も勝手にやれ」

って書いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマの企画書

クリックすると元のサイズで表示します

ロケ日程表

クリックすると元のサイズで表示します

第1回〜第3回までの台本

小道具展示もグッズも少ししかありませんでした。

北の国から展の裏からはラベンダーのいい香りが。
ラベンダーで有名なファーム富田が出店していたので
入浴剤、ラベンダーティーをお買い上げ。

ラベンダーティーは紅茶の中にラベンダーがブレンドされています。
ラベンダー畑に香るふわっとした空気を感じてリラックスできます。

ファーム富田は私も行きましたが、ラベンダーの質の高さに驚きました。
ラベンダー自体も大きくしっかりしていて
石鹸などのお土産も香りの質がいい・・・

【ファーム富田はこちらから】
http://www.farm-tomita.co.jp/
http://shop-hanabito.net/web_shop/

芸術の秋
食欲の秋

大満喫の一日でございました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ