2011/7/31  7:49

しっぽ通信 Vol.52  しっぽ通信

緊急事態発生、緊急事態発生 救急車

私のところにギックリさんがやってきました。

朝、椅子に座りながら落ちた物を拾おうと手を伸ばしたら
腰にものすごい痛みが走り、そのまま前かがみに。
一瞬の出来事。

もしやこれが ギックリ腰 ってやつ 

ここから数日間におよぶ孤独な闘いが幕を開けたのでございます。

足を一歩出すと腰にものすごい痛み。
それでもこの日、やらなければいけない仕事があったので
無理して会社に行ったものの、
(よく歩いて出勤したな・・・と思います。)
椅子に座っているのも痛く、
歩こうと思っても足が前に出ない。
耐え切れず昼過ぎに早退。

タクシーで家に帰り、着替えて寝ようと思っても
腰が不安定で着替えをするのもキツイ。
何かに寄りかかっていないと腰が支えられない。
横になるのも起き上がるのも痛い。
動くと激痛が走るので、寝返りもうてない。
痛いなんてもんじゃなく骨折という2文字が頭をよぎりました。

こりゃダメだと思い、10年くらい通っているカイロプラクティックの
先生へ電話をして緊急事態を告げ、翌日行くことにしました。

明日起きて、もし腰が立たなかったらタクシーの配車を頼むか、
もし腰が立って歩けるようならあそこまで歩いてタクシーをひろって
あの辺りでおろしてもらえば歩けそうかな・・・
頭の中でいろんなことをシュミレーションしては不安になり。

こういう時、多少遠くても私の骨格を知り尽くした先生がいい、
信頼している先生がいい
一人でも信頼している人がいた方がいい
そう思いましたね。

翌朝、前かがみながら立って歩けたので
気合で歩き、タクシーをひろいました。

運転手さんに地図を見せ、
「この辺でおろしてください。」
と告げると車が動き出した反動で腰を支えきれず
背もたれの方ににドォ〜ンと倒れました ´Д` たはぁ〜、痛い
運転手さんは事情など知るはずもないから・・・許すぞ。

ようやく先生の所にたどり着き、
顔も体もトトロにそっくりな先生の顔を見た瞬間

これで治る、私は治るんだぁ〜 

と安心感でどっと疲れが。

「先生・・・腰がこんなに大事だとは思いませんでした。」

というと

先生「腰は大事ですよ。
   腰という漢字は“要”(かなめ)という字が入っているでしょ。
   体の要です。」

そいう言われてみれば ¬_¬ 納得
疲れきった私を見て先生はかなりウケていました。
笑うなトトロ、私は必死だったんだ。 @〜@ がるる

ちなみに・・・
患部を冷やすといいそうです。
氷などで少し冷やしてはずすと、冷やした所に周りから血が集まってきて
どうとか言っていました。

つねづね先生はスゴイと思っていましたが
2時間ほどの治療で歩いて帰れるまでになりました。

ただ・・・
持っていた傘を杖代わりにしてみたものの
傘の先を地面にコツンとつくだけで痛い。
後ろから風が吹いてくるだけで痛い。
大した風でもないのに押されて足腰がカクッとなりそう。
普通の歩幅と速度で歩くと腰が支えきれず転んでしまいそうで
ゆっくり歩いていたのですが、
横断歩道を時間内に渡りきれるかという不安も。

腰がダメだと大変です。

3日間仕事をお休みし、前かがみの生活を送り、
そろそろ一回行っとくかと出勤すると
頼んでおいた仕事はめちゃくちゃで大変なことに。
これ以上休むとさらに大変なことになると思い、
歩いても椅子に座っていても痛いけれど、その後は毎日出勤。
「頼んでおいたじゃん ムカッ
という怒りを原動力にその後は毎日仕事をやっつけております。

鈍い痛みが残るものの、一日一日快方に向かっております。

今まで腰痛に悩まされたこともなかったし
ギックリ腰なんて自分には無縁だと思っていたので
まさか私が  ◎o◎
とビックリしました。

考えてみると2足歩行をしている時点で腰には上半身がドンとのっかっていて
曲げたり伸ばしたりしているのですから、
普段から相当な負荷はかかっていますよ、そりゃね。

先日2度目のギックリ腰を体験した職場の男子は
シャワーを浴びていて排水溝のつまりが気になったので
手を伸ばしてゴミを取ろうとしたらギックリいっちゃったそうです。

ギックリ腰だというと皆決まって

「重たい物でも持っちゃったの

と言うのですが、重たい荷物を持ち上げなくても、
ほんの些細な、当たり前と思われる動きで突然なるんですよ。

皆さん、物を拾う時は膝をついて拾ってくださいませ。
子どもを抱きあげる時はしっかり腰をいれて持ち上げてください。
排水溝のつまりが気になっても・・・放っておいて大丈夫です。(笑)

人に支えられている

という以前に、人は腰に支えられているのだと実感。

泣く子のところには なまはげさん が
夜いつまでも寝ない子のところには ガォーさんがやって来ますが

腰を大事にしない子のところには ギックリさんがやってきます。

ギックリさんは、ある日突然、何の前ぶれもなくやってきます。
皆様のすぐ近くにもしのび寄っているかもしれませんので
くれぐれもご注意ください。

貴重な夏休みが腰痛治療で終わらないことを願いながら
体をいたわり、仕事にはげみたいと思っております。
1



2011/7/31  20:44

投稿者:四谷のしっぽ

タバサさんへ

もぉ〜ね、ビックリしちゃった・・・
ぐったりですよ。
二度は嫌です、ほんと。

こんなことでこうなっちゃうの?
一瞬でこんなになっちゃうの?
ってな感じで、ギックリさん恐るべし。

お互い気をつけましょう。

腰大事!!


2011/7/31  19:29

投稿者:タバサ

大変でした。
まだまた若いのですから^皿^癖にならないように´▽`
しっかりちゃんと治して下さい'_';
お大事に´▽`
明日は我が身かも´Д`


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ