2010/8/22  22:09

しっぽ通信 Vol.41  しっぽ通信

スーパー猛暑なんて言葉を耳にしました。
猛暑にも更に上があったんですね。
聞くだけで暑い・・・
皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

私はすこぶる元気です。
なぜなら・・・

今年の暑さは危険だと思い、ただひたすら体調管理。
エアコンは除湿、こまめな水分補給。
休みの日は外出をせず、寝て体を休める。

体調を崩し仕事で迷惑をかけることだけはしないと決めていたので
無理はしませんでした。
突然仕事を休む人を会社はあてにはしてくれませんから。
職場に不満をいう前に自己管理
仕事をするこということはそういうことです。

そのおかげで夏バテ、熱中症知らず。
体調がよすぎて仕事がはかどる、はかどる。
坂道のぼっても息切れもしない。

夏休みだからとがむしゃらに動いてガス欠になるよりも
自分を調整して、バッテリーが長く続くように心がけました。
夏だということを忘れるくらい体調良好でございます。

自分はどこまでなら大丈夫で、
どこから他人に迷惑をかけてしまうか、

己を知るNo.1!

熱中症のニュースを見るたびにそんなことを考えていました。

でも、夏の思い出をひとつくらいは作らねば。
芝居でも見に行こうかと思ったのですが心奪われる作品がない・・・

遊びに行くというよりも、
もっとリアリティーがあって、人間くさくて、
心をグッとわし掴みされるような
もっと自分の糧になる何かに触れたい・・・

そんな時知ったのが前回書いた水木しげるの「ゲゲゲ展」でした。

水木しげるが戦争で左腕をなくしたということは知っていたのですが、
それ以外のことは朝ドラ「ゲゲゲの女房」を見て知りました。
数々の苦労の中で漫画に取り組む気迫に胸が熱くなり、
貧しくとも心まで貧しくはしないおおらかさに毎朝共感。

これだっ

と思って行った「ゲゲゲ展」で感じた水木しげるの気迫、生命力は
心の糧になったと思いました。

先日テレビを見ていたら水木しげるがこんな話をしていました。

物事がうまくいかなかったら自分を下げればいいんですよ

うまくいかない所に執着して、もがいても、いい結果は生まれない。
自分を下げてそれに真摯に取り組んでいれば、
いつか力もつき上にあがることができる。
そういうことかなと思って私はきいていました。

己を知るNo.1!

そして、自分を管理する。

それができないのに不平不満を言っているのが人間なのかもと
最近つくづく思います。

夏だからこそ無理をせず、ゆったりとした時間を持ちましょう。

秋はもうすぐそこです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ