2010/1/2  9:33

新年のご挨拶 2010  お正月

クリックすると元のサイズで表示します

新年明けましておめでとうございます 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                         四谷のしっぽ

お正月いかがお過ごしでしょうか。
私は深夜から明け方まで韓国ドラマの一挙放送を見ていたら
力尽きて元旦は真昼間からずっと寝ておりました。
お正月でないと、なかなかできないことでございます。

THE 寝正月 -_ゞ

さて・・・
今年も皆様からお年賀状をいただきましてありがとうございました。
海外旅行に行った人、ホノルルマラソンで完走した人、ご結婚が決まった人、
皆さん様々な一年だったようです。

年賀状はデザインも楽しみですが・・・
手書きコメントがとても楽しみ。
たとえ短いコメントでも元気に、穏やかに過ごしていること、
何よりも温かさが伝わってきますね。
皆さんいろいろと書いてくださるので、毎年楽しんでおります。
ありがとうございます。

年賀状に書いてあることといえば、
「あけましておめでとうございます」
「昨年は大変お世話になりました」
「今年もよろしくお願いします」
が定番ですが・・・
そんな自分の年賀状に物足りなさを感じておりまして。

オリジナリティーがあって、デザイン性があって、
一番長く見てもらえて、また読みたくなる年賀状

は作れまいか
へそ曲りの血が騒ぎ、自分で作り始めて4回目のお正月。
今回もご好評をいただきましてホッとしております。

私の年賀状は一年かけて作っています。
桜の季節にも年賀状を作り、
夏の暑い日にも年賀状を作り、
暇さえあればあれこれアイデアを練り、手を加え、暇人とも言う
やさしい秋の風が吹く頃にはほぼ完成。
その間にはデザインが何度も変わったりします。

相手にいい物を届けたいと思ったら、それなりの手間時間が必要。
それを惜しまないことがの向上につながります。

ハガキという狭く限られたスペース、
一見そんなにいっぱい書けないと思ってしまいます。
ところがどっこい・・・

デザイン配置文字の大きさを考えれば意外といっぱい書けるんです。
いろんな技が使えるんです。
いろんなことが込められるんです。

狭いからと決めつけているのかもと年賀状を作っていていつも思います。
もっと自由に、頭をやわらかく・・・
定番にとらわれる必要はないのだぁ〜パンチ´з`

狭い世界と決めつけることなかれNo.1!
自分の見方設計の仕方ひとつで狭い世界も魅力的な場所に変わります。

さぁ、今年も明るく、背筋を伸ばして、アンテナを張って
充実した一年にしましょう。

一年間のスタートでございます 

今年も当ブログは様々なことをお伝えできればと思っております。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

本年も「四谷のしっぽ」をよろしくお願いいたします。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ