2012/7/8

ひと月が過ぎて  

梅雨らしい雨ばかりの日々になっていました。今日は午後からお日様が顔を見せてくれました。

次男が天国へ旅立ってひと月と少し経ちました。何を見るにつけ次男への思いにつながり気持ちと涙があふれてしまいます。
昼間は会社というありがたい場所があり仕事をこなすことで紛れます。闘病中は仕事をしなくても良い環境だったらもっと病院に居てあげられるのにって思ったことが何度もありました。でもこうして仕事できることは次男を失っても歩まねばならない日々を助けてくれているような気がします。

たくさんの方々にお悔やみの言葉をいただき感謝しております。四年半ここで闘病記を綴らせていただきました。完治して元気になって今好きなことをしていますという報告をしたかったです。壮絶な闘いの幕を下ろした次男はきっと天国で笑顔で見守ってくれていることを信じてこれからもたえらしく頑張りたいと思っています。

http://sick.blogmura.com/cancer_rest/

http://151etae.at.webry.info/

次男への思い 思い出を記しています。記すことで少しずつ心を癒して行きたいと思っています。
0

2012/6/6

最後まで  

6月2日 午前4時53分 次男 天に召されました。最後の最後まで頑張りぬきましたが力尽き、息を引き取りました。

移植後の合併症 VOD 肝臓の中心静脈閉塞症 肝機能が劇的に低下し数値異常を示してから4日目の朝でした。容態が急変し血漿交換、透析を行いましたが改善されず意識障害となりそのまま帰らぬ次男でした。

発病から四年半 一時期はアルバイトできるまでになりましたが、昨年初夏の頃より骨壊死の痛みと闘い入退院を繰り返し今年一月に再発。過酷な運命を背負い不安と恐怖の葛藤で埋め尽くされていた次男だったと思います。意識が無くなる前には「大丈夫だよ 心配そうな顔しないで」と言っていた次男です。

今は次男を失った悲しみで立ち直るには時間もかかります。。。

それでも次男と過ごした時間は一生分くらいあったかもしれません。何をするにも次男中心で考え 旅行に行ったり、映画に行ったり、音楽を共有したり、読書を共有したりと密度の濃い時間を過ごせたと思います。思いやりのある優しい次男でした。

通夜、葬儀にはたくさんの仲間やアルバイト先の上司の方たちに見送ってもらいました。いつも笑顔だったと仲間たちの言葉。 だからきっと天国でも笑顔で私たちを見守ってくれると思います。

最後のベッド横でたえは「母さんの子として生まれてきてくれてありがとう ありがとう」と繰り返しました。次男との時間はたえの宝物です。どんな高価な宝石よりも輝いた時間でした。

このブログを訪問してくださり応援してくださった皆様に感謝とお礼を申し上げます。支えてくれて本当にありがとう。たくさんのありがとう♪
1

2012/5/14

再臍帯血移植  

また久々の更新になります(^-^;
次男は5月1日から無菌室に移り移植の前処置である抗ガン治療をしました。吐き気止めなども投薬するので吐くことはありませんでしたが気持ち悪さは続きました。また昨年からの腕や足に痛みが来ました。悪い部分を薬がたたいているのかもしれませんがかなり辛い状況でした。
放射線照射は前回四年前に三日間しているので今回は半日だけ移植前の午前に行いました。

そして11日無事臍帯血移植を終えました。今回は男の子の赤ちゃんの臍帯血でした。血液型はA型です。O型♂→A型♀→A型♂ と血液型は変わりました。遠く兵庫から届いた臍帯血です。改めて赤ちゃんとお母さんに感謝です(*- -)(*_ _)ペコリ

白血球がさがりこれからがさらに厳しい状況になります。臍帯血が生着し白血球が増える日を待ちながらできうる限り病院へ行こうと思います。仕事も溜まっているので夜がメインですが帰りが遅くなり道路もすいてるので運転するには楽です。ここはオババの底力で頑張ります!

無菌室の日々はストレスも溜まり病院食が苦になっているようです。禁止されている食べ物以外で次男が口にできるものを少しずつでも食べさせたいと思います。

2

2012/4/18

葉桜  

桜も散りすっかり葉桜になりました。四月も半ばですが寒暖の差がまだ続いていますね。

次男は先々週、先週と外泊許可で週末自宅に帰ってきていました。見事なほどの桜トンネルの道に癒されながら病院と家の往復でした。鼻の術後経過も順調で、血液内科へ移動して移植前の様々な検査もこなしました。
臍帯血移植は来月に決まり、今日一時退院となりました。来週には再入院になりますが少しの間自宅で過ごせます。

四年前の移植時を思い起こせば白血球ゼロの状態で高熱や口内炎でキツイ日々でした。また同じように厳しい闘病になると思うと不安は尽きません。でも不安の壁を乗り越えてもらわねばなりません。

俳優の渡辺謙さんの本を先日読み終えました。映画製作の過程に 再発のこと 肝炎のこと 織り込みながら綴られています。五年経って再発して乗り越えて活躍されている渡辺謙さん 憧れでもあり尊敬している次男です。本を読んでたえもパワーをもらえた気がします。

病院の改築が終わり駐車場も綺麗に作り替えられました。植木も新しくなり雪柳がとても綺麗でした。新緑や様々な花たちが咲き乱れる良い季節です。病室から見えるスカイツリーは来月オープンですね。世の中の動きから少し遠ざかり今はまっすぐ治癒への道を歩みます。
0

2012/3/29

海とカメに  

やっと春がやってきましたね。朝晩は冷えますが昼間の日差しは暖かになりました。桜も来週には開花でしょうか?

春分の日の祝日 次男が入院前に行きたいと言っていた海へ行ってきました。晴天に恵まれて海ほたるから千葉の海へと車を走らせ誰もいない静かな海を眺めてきました。波打ち際に20cmくらいのカメが歩いていました。誰にもいじめられずいたので助けて竜宮城へ行くという夢は叶いませんでした(笑)でも カメの歩みのごとく一歩ずつ治癒へ歩もうとしているところへ現れたカメさん。励ましに来てくれたのかもしれませんね(*^^) 海とカメに癒された一日でした。

月曜日26日に次男入院しました。そして27日副鼻腔炎の手術を無事終えることができました。経過も順調のようです。これでおでこのあたりの重さから解放されることと思います。今は痛みもあり鼻に止血用のガーゼが詰まっており苦しそうです。
それにしても次男の手術は4番目だったわけですが前の手術が遅れ遅れで始まりが7時終わったのが9時40分くらいでした。家族控室には数家族が待っていました。たくさんの人が病と闘っているのです。手術室は10室以上あったような(^-^;

副鼻腔炎の治療が終わったら血液内科へと移動し移植に備えます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ