わが家の台風の目*(りゅう)...小学5年の男の子。                                                  わが家のお笑いスター*...小学2年の女の子。                                 07’11月〜09’12月まで丸二年、師匠から離れた大阪での生活を経て、10’1月になんとまさかの札幌へ逆戻り!       再び師匠の元で稽古ができるようになって麗は大喜び! そしてオマケで桜も三味線始めました。            三人四脚、仲良くこれからも楽しんでいくよー!

ブログランキング

↓あ、ポチっとな。↓ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2007/3/14

目指すところ  こどもの習い事

最近の悪天候で どうしても家にこもりがち

ということで 今日は下の子を連れて
近所の会員制のキッズパークへ遊びに行きました。

午前中ということもあって
幼稚園にあがる前くらいの小さな子たちが
元気にきゃぁきゃぁ言いながら走り回ってて
かわいかったです

お母さん達が5〜6人くらいかな、固まって座って
談笑してたので 何かのサークルだったのかもです。

それで、聞くともなしに聞こえてくる会話がスゴかった..

「あなた、〜〜英会話スクールに
 通わせてるんだって?」

「私は 〜〜(会社名)の英語セットを
 フルセット買って毎日がんばってるわ。
 高かったけどすごくいいわよ!」

「やっぱり小さいうちから英語は必要よねー!」

「そういえば 〜〜ちゃんはピアノ始めたんでしょ?どぉ?」

「く○んの幼児教室もいいわよ。あとそろばんもねー」

なんだか うまく書けないですけど
そんな感じの習い事の話題だったんですけど
私、ちょっと離れたところにいたにも関わらず
圧倒されました

ぃゃ〜 でも、私は人とそういう会話をしないだけで
内容的にはついていけそうに思ったので
彼女たちと同じか〜 と思ったんですけど...
でも、彼女たちの中には あきらかに
「これはやらなきゃダメよ〜!」みたいに
習い事をたきつけるような感じの人がいたので
ちょっと疑問を持ちました。

麗が三味線以外にやっている体操教室では
私が見る限り ウルトラCの技をする子が
たっくさんいます。
毎日欠かさず練習に来て、将来は
オリンピック選手になるという目標の子もいます。

そんなスゴい子達の中に
もちろんクラスは別ですけど うちの子がいます。

残念なことに、うちの息子は運動能力が...
なので、
「人並みの運動能力になるように!」
という親の願いと、体を動かすのがとっても好きな
本人の意見が一致して 体操教室に通っているのですが
この「お互いの目標とするところ」がズレてると
もう ホントに悲惨だと思います。
とくに 親の期待が大きすぎるのがダメかと。

親が勝手にライバルを見つけて競わせるのも
ダメですね。
ライバルっていうものは 本人が見つけるもんです。
目標も 小さい子の場合は
いきなり オリンピックだのプロだのじゃなくて
がんばれば届くあたりの目標がベストです。
到達した時の喜びを親子で味わえます

偉そうなこと言ってますけどね、
私も毎日試行錯誤というよりも
凹んでばかりの方が多いですけれども。

さっき、麗が
「僕、三味線すごく大好き!
 難しい曲が練習して簡単になっていくところが
 すごく楽しいんだよねー!
 だから、大人になってもおじいさんになっても
 ずっと続けていくよ!」
と 突然言ってきました。

いや〜 それだけで私は満足ですよ^^。

...とか言いながらも
今これを書きながらうしろで三味線で遊んでる麗に
「遊んでないでちゃんとやりなさい!!」
って 言ってる私ですけどもw。
0
タグ: 子供 習い事 体操



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ