幾星霜記

模型製作と日々の徒然

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:AKG
kudopapa@副長どの

いらっしゃいませ。

ケースメート周りは本当に複雑な形をしている事がこまっち諜報部員の入手した資料によって明らかとなりました!そのせいで叛乱が起きたのではないかという気さえします!確かに防御には良さそうですが、慎重に砲の操作をしないと不要な事故が簡単に発生しそうです。

英国は伝統を重んじるのでしょうかねぇ〜?フランス系の艦がエレガントなのに比べると質実剛健な感じでしょうか。
投稿者:kudopapa@副長
AKG様、こんにちは。

>一応夜に舷側砲のケースメートの製作をしてみる。
ロシア艦の砲郭ってなんか狭苦しいとこに押し込められる感じなのが多いような気がしますね。
これって水兵同士を一同に集めて話をさせないためなのかな〜と勘ぐってしまいますね(笑)
(被弾時の被害拡大防止には向いているのでしょう)
逆に英国系の砲郭はビクトリー号時代の三層戦列艦と殆ど変わってなくてこれはこれで笑えます。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ