こどもがほしいから

女同士のカップルが精子バンクで家族をつくる記録

 
このブログの起こりについては3月10日の記事を御参照下さい。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

東京マラソン

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:QT
hideさんこんにちは。
私はギリギリセーフみたいです。
役立つ情報をありがとうございます。
投稿者:hide
出産手当金が変わります。
・2007年3月末までに受け取りが確定した人のみ対象
これまで、妊娠を機に会社を辞める場合、退職後6ヵ月以内の出産であれば出産手当金の対象になり、退職の際にはこれが受け取れるようなやめ方をするのが「上手なやめ方」とされました。

2007年4月からは、これが使えません。ではそれまでに会社を辞める人はどうなのでしょう?
あるいは、これから任意継続をして間に合うのでしょうか?

経過措置もあって、実際に対象となるのは、2007年3月31日までに出産手当金の受け取りが確定した人に限ります。
産前分もあるため、子供は2007年5月12日くらいまでに生まれれば該当します。

※2007年4月の制度改正で、支給額を賃金の6割相当から3分の2相当に引き上げる一方、資格喪失後6か月以内の出産や任意継続被保険者には支給しない仕組みとなります。
 出産手当金の支給要件とは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、給与を受けられない(あるいは通常の賃金の6割に満たない)場合、出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産の日後56日の間、支給されることになっています。

http://sea.ap.teacup.com/happylife/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ