2014/7/29

Miss Julie/Black Comedy  モース&ショーン・エヴァンズ

ショーン・エヴァンズがイギリス南部チチェスター(ブライトンとポーツマスの間)・フェスティヴァル・シアターにて出演している舞台が見たいです。

演目はMISS JULIE/BLACK COMEDYという二本立て。

クリックすると元のサイズで表示します

MISS JULIEは邦題「令嬢ジュリー」(1888)スエーデンのストリンドベリの戯曲で、結婚を控えた貴族の娘ジュリーと良からぬ関係になるジュリーの父の美男子従者をショーンが演じるとのことで、気になるじゃあありませんか!従者とは、ダウントン・アビーのおかげでわかります、家のご主人専門のお世話係ですね。

BLACK COMEDYは1965年にナショナル・シアターのMISS JULIEとの2本立て用に書かれ、同年チチェスター・フェスティヴァル・シアターでもマギー・スミスとアルバート・フィニー出演で演じられたそうです。
お話は、あるアーティストがフィアンセの父親に紹介されるというのに停電で大変な事態に・・・という内容とのことなので、てっきりショーンはそのアーティスト役かと思ってそれも楽しみにしてました。しかし写真を見て、おかしいなあ〜とレヴューを読んだら、なんと父親の方なんですよ?!・・・どうりで老けたアーティストだと思ったら・・・

7/4~8/9までのこの公演、映像でもいいから、見たいものです。



そうそう、この新装オープンしたシアターのGALA Gallery、ショーン以外にもサー・トム・ストッパードやステファニー・コールさんのお姿も見えます。
1



2014/8/2  22:35

投稿者:sofiaandfreya

紅さん

イギリスが台湾あたりにあったらよかったですよね〜!
そしたら、飛行機代も安いし、時間もかからないですもんね。
そしたら、見たい舞台があって、映画も早く公開されてるから
週末にちょっと行こう、ってできるのになあああああ!!!
・・・・・言ってみて、かえって、しょぼん。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ