2014/6/2

大西厚樹の部屋  大西厚樹

ずっと探していた、「大西さんの葉山の部屋」が掲載された1992年の雑誌ananをオークションで発見しました。私も午前中からの取材のために前日からこのマンションに泊まったので印象深い仕事でした。

大西さんはインテリアが大好きで、ここ以外の住まいもファッション雑誌に掲載されていました。私が見せてもらったどの住まいもキチンとしていました。不要な物を徹底して排除していたのだと思います。好きな物をたくさん集めても、全体像に合わないものは、そこにありませんでした。女性は全体よりも個々の物に愛着を感じて、部屋に物が溢れてしまいますが、大西さんの潔さは男性的なセンスだなと思っていました。

写真はクリックで拡大します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


22年前の雑誌状況は、まだオンラインもなかったので、記録として残ってません。
私のごった煮ブログで申し訳ないですが、興味のある方が見つけてくれたら嬉しいです。

私が退職した時は、大西さんもその会社との契約を終えた時だったのですが、大西さんのデザイナーとしてのキャリアが始まった「キャトルセゾン」というブランドからの数年に渡るプレス資料(雑誌などのスクラップ、カタログ、ショー記録、ノベルティなど)はプレスルームに残されました。その後、デザイナーの不在でそれらがどこへ行ったのかが気がかりです。どこかに無事に保管され、アーカイブとしてデジタル保存されることを願っています。
15



2019/12/2  22:44

投稿者:しましま

11/29拍手コメントくださった方へ

着ているだけでしあわせになる・・・ファッションの楽しみはそれですね!
ラフォーレ原宿にギンガムチェックのワンピとは・・・
初期の頃のお客様ではないでしょうか。
初期にはフィッティングといって仮縫いしたサンプルをモデルさんが着て
大西さんがチェックを入れてOK出したり修正を入れる時の
モデルさんがとても細い方だったのでお洋服も細い方が着て似合うようにできていました!!ウエストの出来上がりは60~62cmだったし
半袖のパフスリーブの袖口も細かったです。


2016/1/12  19:47

投稿者:しましま

拍手コメントくださった方へ

ショーン・エヴァンズの記事をお読みくださって、このananもお持ちだったなんて、あまり共通点はなさそうなのに、すごいですね!!
荒牧さん、酒井さんのお名前も懐かしい・・・荒牧さんは、大西さんと同じ会社と契約をしていたので、当時は私もお見かけしてました。

私の大西さんとの縁はロンドンがきっかけでしたが、それから何年もたってこうしてイギリス映画とドラマ好きになるとは自分でも考えもつきませんでした^^;・・・けどこうしてイギリスのいろいろなものお好きな方と接点ができ嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

2015/7/14  21:43

投稿者:しましま(sofia and freya)

にこさん

こちらこそ、はじめまして。おいでいただきありがとうございます。
にこさんは高校生でしたか、きっと私の方が少しお姉さんということかもしれません。
お店によくいらしてくれていたのですね〜
高校生のお洋服代ではかなり高い値段でしたよね、
にこさんのお父様お母様にお礼を申し上げます。
私もあの頃の服は単なる流行の服以上の思い入れのあるものばかりです。
80〜90年代、まだ今に比べたら情報も少なく、好きなもの1点1点の
存在感が大きかったような気がします。
最近はあまり大西さんのこと書いてないんですけど
過去記事が少しあるので左のリンクからお暇な時にボチボチどうぞ〜^^

2015/7/14  17:43

投稿者:にこ

はじめまして(*^_^*)

最近、なんだか昔大好きだったアツキオーニシ、、片仮名ですみません(^_^;)
の事を何度も何度も思い出して、検索してみたんです。
そしたらこちらのブログに辿り着きました(*^_^*)

大西さんがお亡くなりになったことを読んで、なんだか胸がぐぅーっと締め付けられる思いがしました。
お金がそんなになかった高校生の頃、見るだけでも幸せになれるので良くショップに行っていました。時々服を買ってもらい、ショップの袋に入れてもらうのが至福でした(*^_^*)
ブログの記事を読んであのころのお洋服やオリーブが鮮やかに蘇ってきました(*^_^*)
また読ませてくださいね(*^_^*)
では、失礼しました。

2014/6/4  23:25

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

Tomomi

すごい記憶力!表紙の右下拡大してみたら、なんとか「しょうこ」って書いてあったよ!たしか酒井さんの名前だよね?

この葉山のマンションではなくてね、都内に晩年に建てたお家があって、
私は建設中に一度見せてもらったことがあったの。その時はもう退社していたので仕事じゃなくって。
その都内の一軒家を少し前にご購入された方がお声をかけてくれて。
わー
会っていろいろ話したくなっちゃった!

2014/6/4  13:50

投稿者:Tomomi

全然恥ずかしくないどころか、しましま(←平仮名だったねー^^;)はいつも素敵だったよー!それは今も!
えぇっ!このお家にお住まいの方と??以前しましまがupしてくれていたアツキさんとの思い出ストーリーを覚えているだけに、偶然とはとても思えない。きっとアツキさんが出会わせてくれたんだね♡ 詳細はゼヒゼヒメールで(笑)!心待ちにしてる〜。
ところでこのan an、マチルドインザギャレットの酒井さんのお宅なども紹介されていたよね??もしかすると表紙の右下のお部屋がそうじゃないかなー? 最初のコメント、コーフン気味で間違いだらけ。。。ごめんねーToT

2014/6/3  23:25

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

紅さん

見たことがある気がなさる?!
でも、記憶に自信がなくなるお気持ちはよ〜くわかりますよ、
だって、アンアンの表紙って、どれもこれも似てるし
似たような特集を何回もするから、あれもこれもデジャヴー
雑誌は私の専門分野だったのに同じ思いですから!

<<それにしても随分前の雑誌をよく発見出来ましたよね。

ええ、最初計算間違えて、12年前、と思ったのですけど、
よく考えたら22年前で、自分でもその数字の重みにびびってますです・・・・

2014/6/3  23:16

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

Tomomi

わ〜、読んでくれてありがとう!
久しぶりにファッションの話をアップして良かったわ(笑)
え!私の写真?!それは、お恥ずかしい〜〜〜
と言っても22年も若い私なら、今よりも恥ずかしくないのかも(笑)

実はこの雑誌を見つけて買おうという気になったのは、
このブログが縁で、大西さんの建てた家に今現在お住まいの方と
知り合って、家を隅々まで見せていただいたからなの。
乱雑なブログでも、残しておくと、いつか見て嬉しくなる人が
いるかもしれない、と思えるようになったの。
すごい話なので、いつかもっと詳しく話せたら、と思ってるのよ。

2014/6/3  21:08

投稿者:Tomomi

このan an覚えてるよ!Shimashimaがアツキさんのプレスだった頃は必ずチェックしていたし、雑誌を処分する時にはShimashimaのプロフォール写真は切り取って保存してた。友達が掲載されてるのは当時全て取ってあっって、プレスのヘアスタイル取材などのShimashimaなど幾つもあるよ!探せばどこかにスクラップがあるはす。 このan an、ショートパンツ姿で椅子に座るアツキさんと金子国義さんの絵がすごく印象に残ってた。宝物を見つけられて良かったね! 私も嬉しくて、こちらから久しぶりにコメントさせてもらっちゃった! 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ