2014/6/1

Mornington Crescent  イギリス

「イギリス女性が私の職場すぐ近くにイングリッシュ・ベイカリーをオープンするよ」と夫から聞いた時、「うわあ!バイトの帰りにバイト料の半分くらいをケーキ代に使いそう!」と驚愕したのですが、数日後、お店としては毎日営業しているわけではなく、ベーキング教室や注文生産をしながら、時々店が開くと判明しました。バイト代の散財も時々ですみそうです。

そのMORNINGTON CRESCENDの、初めての「時々ベーカリー」に行って来ました。よりにもよってバイトのお休みの日。職場のすぐ近くまでケーキを買うだけのために・・・・

11時からの開店に5分すぎ頃到着したら、私と子供の前には二組のお客様で、どちらもイギリス人の様子。オーナーのステーシーさんは注文のケーキをホールからナイフで切りながら箱詰めし、モリーちゃんのようにトツトツとお話していました。「日本ではこういうのはないから」「フランスのケーキが主流だよね」などと漏れ聞きながら心の中でうなずく私。待つ間にカウンターを見るとボウルに盛られたティーバッグを発見しました。お店にはテーブルが1つと椅子も数脚あったので、店内で食べても良いのか、お茶をたのんでもいいのか聞いたらOKとのこと、さっそくヴィクトリア・スポンジ(このブログには私のヴクトリア・スポンジへの執着を散々書きましたね!)を店内で食べることに!

クリックすると元のサイズで表示します
あああ、ついにコレを東京で買って食べられるとは〜〜〜

それから持ち帰り用にはこちらを買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

左奥から、ブラムリーアップルパイ、
中央上がベイクウェル、
右がトリークルタルト(糖蜜パイとして先日書きました!)
下がレモンメレンゲです!

これを、家族で3等分したので、私の分け前がこちら。ケーキの内部はこんなふう。

クリックすると元のサイズで表示します

いや、実は、このお皿からモグモグしながらこれを書いているのです。。。もぐもぐ。。。

お店は、今日が初めてのショップの日だっただけあって、お菓子の名前も値段も書いてないので、必然的にスレイシーさんとお話することになります。日本語もとっても上手です。そしてオンライン販売もしていますし、次回のベーカリーは6/28なのでぜひお試しくださいね〜
0



2014/6/6  8:16

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

hedgehogさん

お店のカレンダーを見るとレッスンの日がけっこう入ってますので、
レッスンから立ち上げて、この度、不動産をおさえて店機能がついた、と
いった状況のように見えますね。
日本で洋菓子を焼くのは高くつくので、常時ストックを揃えるのは
リスクが高いのも想像がつきます。
バター、牛乳、粉、のスタンダードな値段はイギリスなら日本の
半額以下ですから、気軽に作れるんですよ〜
菓子と言えども輸入文化なのが値段でわかる。。。くやちい。

でもそこをなんとかクリアして常に営業してもらいたいですね!

2014/6/5  21:39

投稿者:hedgehog

しましまさん

どちらかというと、お菓子を売ることよりも教えることがメインなんでしょうか。私としては、売るほうを重視していただけると嬉しいんだけどなあ。

にしても、手作りリッチティー・ビスケット! うわーーー、想像しただけで顔がほころんじゃいますね。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2014/6/5  19:17

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

hedgehogさん

時々オープンは軌道に乗ったら毎日オープンとなるのか、
今たったおひとりで全てをやってるような感じなので難しそうです。
お菓子教室へ行って作ったものを食べるという手もありますが、
何種類ものお菓子を色々試したいですもんねー

次の次が早く来ますように!

手作りのなんて聞いたこともないんですが、
そのうちリッチティー・ビスケットのことも聞いてみたいと思ってます。
作って欲しいですよね。

2014/6/4  22:26

投稿者:hedgehog

しましまさん

おおおおお! これは一度は行ってみたい! でも、特定の日限定オープンなんですね……そして、次回は確実に行けない(がっくり)。

次の次こそは、スケジュール調整がつくことを祈っています。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2014/6/3  23:05

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

白猫さん

こんにちは〜
そうだ!味は、イギリス菓子にしては甘さ控えめの方だと思います。
と言うのは、私は甘党なのでイギリスの味に文句がないのですが、
「甘さ控えめでおいしい」と表現する人にはイギリス菓子は一般に甘すぎるようです。でもさすがに私も日本で日本のお菓子に今は慣れていますが、
ステーシーさんのを食べても「甘い!」とは感じません。

お皿はですね、私の大好きなイギリスのインテリアデザイナーの
ティムニー&ファウラーのものなんですが、日本でパルコとコラボしたものを
フリマで見つけたものなんです。100円でした(笑)

2014/6/3  20:04

投稿者:白猫

いやー、素敵なお皿ですね。
それはさておき、イギリスのお菓子は、飾り立ててなくていいですね。
ただ、甘いのかそれほどでもないのか、見た目にはわかりませんね。
この頃の食べ歩きのTVみていると「それほど甘くない」というのが
お菓子の褒め言葉になっているようです。
召し上がったお菓子はいかがでした?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ