2013/11/10

Britannia Awards受賞  ベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト、「Britannia Award for British Artist of the Year」受賞おめでとう!!
素敵な凛々しいスーツ姿が見られたのはとても晴れ晴れとした気持ちになりましたが、

USA TODAYのレポーターさんのツイートに思わず吹いちゃいました。




トロフィーは結局ママの暖炉上の棚に行っちゃう、って・・・・
ママが愛する息子の輝かしい勝利の品を我がものにしちゃうの・・・?
う〜ん、意志の強い女性を姑にしたい小鳥ちゃんを見つけるのは難しそうね!
ととっさに思ってしまった自分の仲人小母さんのような反応が恥ずかしかったです。

でもこれ、本当にベネディクトが言ったのかは動画見てないし音声も聞いてないので不明です。どなたか聞いた方いらしたら教えてくださ〜い♡


11/11追記

コメント欄にて、米国在住のまゆみさんがBBCAmericaでこのAwardsの模様をご覧になり、確かにベネディクトはスピーチでそのように語ったと確認してくださいました!それ以外にもその時の様子を書いてくださっているのでぜひコメント欄も合わせてお読み下さい♪

そして、そのBBCAmericaのサイトにても、スピーチのママの部分の記事が出ていました。リンク先の記事を下の方「4」を見ると書いてあります。そこを読むとCumberbatch also paid tribute to his actor parents, saying that his award “will end up on my mom’s mantelpiece. She’s a very strong-willed woman.” とあるので、私がカンバー仲人小母さんとしてもらしたような意味ではなく、この賞がママのおかげである、と言いたかったのですね。すみませ〜んw でもやっと見つけた下のテレビ撮影動画見たら、ママとの喧嘩はしたくないともしつこく言ってますねwww




11/12追記 

自分用にもっと高画質が見つかるまで♡Dailymotion Video

・女性レポーター「こんなに若くて受賞で、大きくなったら何になりたい?」
・ヒュー・ボネヴィルさん「ベンジャミン・・・あれ?名前なんだっけ?」これは冗談?
・そうか、ここで聞いたのか!ゲイリー・オールドマンの「ティンカー・テイラーより長い名前だなんて」発言w 実は昨日の日中、バイトの昼休み中に勤務先の休憩室でダダダーーーっと見たり聞いたりしたのでもう何をどこで見たのか大混乱です。

1



2013/11/11  19:45

投稿者:sofiaandfreya

紅薔薇さん

私も今日はあまりネットを見る時間がなかったので、いまだにあまり見られていません(汗)
でももうあきらめの境地です。
私もあまり「なんとか賞」というものに詳しくなく、
エニーとかアカデミーとかだと規模も大きくもう最初から見るのを
あきらめてしまうのですが、この賞はちょっと変わってて
こじんまりとして私にはこれが限界サイズでいいなと思いました。
動画が楽しみですね!

2013/11/11  19:26

投稿者:sofiaandfreya

まゆみさん

BBC Americaが放映したんですね!テレビで見られるなんて羨ましい〜♪
ちょうど私も今、ニュースの検索をしてBBC Americaのページを見つけ、
ベネディクトの発言レポートを読んでブログに追記しようっと
思っていたところでした♡♡
この記事のタイトルは見かけたのですけどバイト先の休憩室でスマホという
環境だったので文を読んでませんでした・・・^^;
動画も出席者がスマホ撮影したものは見たのですが(休憩室で!)
撮影した人の黄色い声が大きくて、気持ちはとてもよくわかりますが
肝心のスピーチの音があまりよくなかったのでこれから探してみます。

サシャ・バロン・コーエンがレ・ミゼラブルに出ていたことを知らなかったので、私の彼のイメージはボラトとブルーノ止まりで大変です。
同じステージに・・・活躍した俳優という意味では同じ種類の人・・・
マーティン・フリーマンと同じスクリーンに収まっていると聞いて
さらにザワザワした気持ちになりましたwww
マーティンもシャーロック以外ではホビット、ワールズ・エンド、銀河ヒッチハイクガイドしか見たことないですが、多作の俳優さんなんですよねw

2013/11/11  14:03

投稿者:まゆみ

しましまさん

今、BBC Americaで放映されたBritannia Awardを見終わったところです。
はい、ベネディクトは、ご両親への感謝を述べた後このように言って、会場の笑いを誘っていました。その前は、脚本家や監督、共演者たちのおかげで今の自分がある、という感謝を、例の弾丸トークで述べていました。謙虚で思いやりのある良いスピーチでした。

受賞者は既に決まっているセレモニーなので、受賞スピーチにも時間をかけられますし、ドキドキすることもなく、イギリスとアメリカの違いをネタにしたジョークなども飛び交って、こじんまりとした楽しいショーでした。Sacha Baron Cohenは、相変わらず度肝を抜く演出を用意していました。ショーの最後で、彼とベネディクトが同じステージ上にいることが、私には一番信じ難い光景でした。しかし考えてみれば、マーティン・フリーマンが昔Sacha Baron Cohenの『Ali G』の映画に出演しているので、間接的に繋がっているとこじつけることもできますが。(いや、できませんよね。)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ