2013/11/1


12/20発売「僕が星になるまえに」DVD/HMVオンラインの初回限定に付いてるカレンダー
クリックすると元のサイズで表示します


この小さい画像しかないけど左のデザインがきれいで欲しいなあ




「僕が星になるまえに」を映画館で見ました。知識としては知ってた「登場人物が撮ったハンディカム映像」のような粒子の粗い動画もはっきりとわかりました。それにスクリーン大きいと、花火や星の見える夜空も大きくて臨場感がありました。しかしジェイムズの顔色の悪さと痩せた顔も臨場感あって恐かった。

かつて「Third Star」の感想書いた時はネタバレしないよう気をつけましたが、もういい?ネタバレしながらまた感想書きます。

以下ネタバレです。未見の方ご注意。


DVD初回の時はまったく予備知識なく見たので、ラストがどーーーんと頭と胸に来ました。ジェイムズの決意について何度も考えたり、友人マイルズの衝撃の告白の意味を考えたり・・・目線はずっとジェイムズでした。しかし、今回は日本語字幕つきで余裕の鑑賞、結末も知っている、と・・・今度は残される友人達の身になってしまった。

「人間はやがて死ぬもんだ」と知っていても、友人が死ぬのを助けるなんて、一生それを背負っていかなきゃならない。家にジェイムズの身体を返しに行って、彼の両親に何て言うのか。残される3人だって、みんな必死で生きてるのに。その辛さを思いやるには、ジェイムズは自分の辛さだけでいっぱいいっぱいだった。

メイキング映像でスタッフが「生き方を描いた」と言ってました。50年前と違って、人生に単純な正解がなくなった時代の生き方を4人に見せられました。自由がある時代だけど、やはり仕事や家庭の理想像はある。心は少年時代から変わらないけど大人としてこうしてていいのか。・・・みんな思ってるよね・・・でもね、語りは各自の置かれた苦しい状況ばかりなんだけれど、映画全体は、初見のジェイムズの最後以外は苦しくないのが面白い。4匹の犬(ヒゲ面が2分の一だから?)がじゃれるような癒しまであったのは不思議。


ガンで長く生きられなくても自分の最後を自分で決めて星になった男。
親の呪縛から逃れられないまま親友のお姉さんと不倫してた男。
失業の後サポートが必要な友人のために生きていたのにその仕事も奪われた男。
別れたい彼女から妊娠を告げられた男。

でも、星がきれいだったね。



そうそう、ツイッターの話を記録しておきます。
いつもブログにコメントくださる紅薔薇さんが、この映画のメイキング写真をRTしてくれました。主人公4人が映画の衣装の上にカラフルなコート着てる写真です。直前に映画見て「海水冷たそうだよなあ。。。」と思ったばかりだったので、思わず「寒そうですね。よく海に入れましたね?!昨夜映画館で見て来たばかりですが」とコメントしたら、即お返事が来て、

「hi there. Thanks for going to see @thisisthirdstar It was cold! And the boys stayed in the water a long time! Vx」

なんて感じのいい!しかも撮影の場にいた人!と思ってプロフィール見たら、

Vaughan Sivell, the producer and screen writer of Third Star.

・・・・・ううう!プロデューサーで脚本家あああ?!
しかも、メイキング映像に出て語ってるけど、俳優達と並んでも違和感のないイケメンさんである。
こういう人達が作った映画だから重いテーマなのに爽やかなのか、と納得している場合ではない罰当たりなしましまさん・・・・



11/2追記
ベネディクトの役作りと原題Third Starの意味についての紹介記事 → 

3



2015/5/31  11:15

投稿者:しましま

WINTさん

はっはっは!!邦題、危ういですよね!!
危うい邦題の中にも、時々は私の好きな危うさがあって、
これは昔の少女マンガみたいでいいな〜♡と思っております〜

<<透明感っていうのかな・・・彼のお芝居に共通するもの。

そうですね〜、私も演技とか脚本とか詳しくないですが、
真摯な態度の人物をやってもらったら、もう彼の右に出る人はいない感じがします。
ひたむきで、一生懸命な姿に胸キュン・・・・
そういう意味では、ワッツ先輩や、キャビン・プレッシャーの
マーティンも同じです。

<<ベネさんは痛いとか苦しいっていうのを表現するのがうまい

あ、それもわかります!!かわいそうになる!!!
他のイケメン俳優だったら、「こういうシーンなのね」と
客観的に見ていられるのですが、
ベネさんの場合は、殴られたりしたら不憫で不憫で・・・
だけど、フォーマルなスーツを着てレッドカーペットに颯爽と現れる姿を見て、
「ああ、あの情けない姿はやはり演技だったのだな・・・よかった」
と安心します!

2015/5/29  18:49

投稿者:WINT

これ、一番最近見た映画です。まだ生々しく心に残ってます。
それから・・・ごめんなさいね。「邦題ださっ!」って思いました。

「この子はもう戻ってこないのではないか
これが最後の別れなのではないか
家の中からこの子の気配がなくなったらきっともう感情を抑えることなんてできなくてあらん限りの声を振り絞って泣くだけだ」
4人が旅立つシーン、私は親の目線で見ちゃって。
ここだけで喉の奥がぎゅーって痛くなりました。

深く結びついた4人だったんでしょうね。
あんな途方もない願いを言えて、葛藤もありつつ最後はそれを受け入れてくれる関係。
この旅の目的は一つではなくて、かけがえのない友人たちに、まだまだ続く彼らの人生を少しでもより良く生きていくこと、それができるんだってことに気付いて欲しいというジェイムズの願いがあったのではないかと思うのです。
ジェイムズの最後をみて、別の作品ですがチューリングの理不尽で孤独な最後を思ってしまいました。
悲しくない「死」なんてありはしないだろうけど、二人とも自ら求めた最後なのに、こんなに違う。
ジェイムズは幸せだったと思いたい。
悲しくて悲しくて胸が痛みますが。

「スタトレ」「ホーキング」「ホビット」「イミテーション・ゲーム」そして「僕が星になるまえに」と見てきたんですが(パトリックもちょっと見てますがこれは別枠ってことで・・・イヤ、好きですよ?パトリック)、なんだろうなあ、透明感っていうのかな・・・彼のお芝居に共通するもの。
特に今回のジェイムズとかホーキング、チューリングなんかそうですね。少年のような。無垢な。危うさ。脆さ。キラキラと光ってまぶしい感じ。
演技がどうのと語れるほどお芝居に詳しいわけじゃないので、断片的なイメージを並べるしかできないですが、彼の演じる人物が好きです。引き込まれます。

ベネさんは痛いとか苦しいっていうのを表現するのがうまいと思うんですよね。本当に痛そう!見ていてそれも辛い・・・。
ホーキングもそうでしょう!?見ているこっちも痛くなるでしょう!?骨髄穿刺のシーン。
シャーロックのS3E3のマイパレのシーンと、フラットに救急隊員がくるシーンも。
痛みで苦しんでいることを涙を流して表現する、って私はシャーロックで初めてみたかも。

2013/11/7  18:07

投稿者:sofiaandfreya

紅薔薇さん

僕☆は意外にテレビでも取り上げられるなどして盛り上がってますね。
嬉しいですね〜〜〜
でもZIPの「カンバーバッチの魅力炸裂」にはびっくりしました。
魅力があると言い切ってくれたのはもちろん嬉しいですけど、
炸裂するほどの大作でもないのにって(笑)
でも大作じゃないほうが製作者との距離がなくていいですね。

2013/11/3  0:16

投稿者:紅薔薇

しましまさん

こんばんは。
お礼を言われると恐縮しまくります(^^ゞ
私もどなたかからのRTでしたので。
最初にRTしてくれた人、凄いなと思います。
かなり遡って見つけてきたということですもんね。

でも、いろんな縁があっての今回の出会いだったのだと思うと
不思議というか、タイミングの凄さというか、
そういうのをあらためて思います。

そして、あの方に話しかけるのがしましまさんだったというのも
これまた素敵なタイミングでした。

2013/11/2  18:55

投稿者:sofiaandfreya

紅薔薇さん

東京のスクリーンは、大画面というにはちょっともの足りなく
紅薔薇さんの行く映画館は大きいことを祈ります。

私はThird StarをDVDで見た時、まだシャーロックと初期のいくつかの
出演作しか見てなかったので、ジェイムズがすごく痩せてると
あまり思わなかったんです。シャーロックも細いからww
その後、ハリソンさんも見たのでジェイムズの細さに気づいたのかなw
それに海のシーンの顔色の悪さには本当驚いて、そういうメイクのせいかとも
思いましたが、冷たい海に長時間入っていたら誰でも真っ青になりますね。

このブログ書くのに、Vさんの例の写真を探して、なかなか出て来なかったので
かなり過去の投稿を紅薔薇さんがRTしてくれたんだと気づきました。
あのダウンを着た写真は初めてで、その後メイキング映像見てたら
でてきてましたね!もしメイキングを先に見てたら写真の衝撃がなかったので
興奮して話しかけることもなく、あんなステキなことも起こりませんでした。
いいタイミングでありがとうございます。

2013/11/2  18:40

投稿者:sofiaandfreya

白猫さん

お楽しみはこれからですね!!
スクリーンが大きい映画館だといいですね。
東京は、ちょっともの足りない大きさです。
私も前売り券を買った時に何を考えたのか2枚買ったので
これからあと1回見に行きます。

ロンドンの記念公演は、ナショナルシアター50周年ですね。
羨ましいですよね〜!!演劇が文化遺産のように受け継がれていて。
だから人口は日本より少ないのにいい俳優も作品も生まれるんでしょうね!
ベネさんがそういう世界に認められてて誇らしいですね!!

2013/11/2  13:34

投稿者:白猫

映画こちらの公開は9日だけど、見に行けるのは11日位だからもう少し先ですね。
私的には、いろんなところで情報仕入れてますから、しましま様お気になさらず。
しましま様の”ネタバレ”読ませていただいて益々楽しみになりました。
もちろん内容は重いとは思いますが。

ところで、ロンドンの記念公演?でしたっけ、凄いですね。
ああいう場所にベネさんやアンドリューが名前を連ねているというだけで
嬉しいものです。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ