2013/10/29

レモン・カード  たべもの

先日ターナー展へ行き、画家の人生にシミジミしながらシミジミした絵もいいものだ・・・と思うようになって出口を出たところで、まったく絵とは関係ないグッズを買って喜んでいました。その時に「お!?」と思って買わなかったものがありました。

クリックすると元のサイズで表示しますレモン・カードです。

ターナー展は、古き良きイギリス好き層に狙いを定めたのは、アフタヌーン・ティーに因んだ「紅茶」「ビスケット」「スコーン」(私が行った時は既に売り切れ)なども美術館ショップに揃えていたことでも分かります。その一角にディスプレイされていたのがこれで、確かお値段が1200yenくらいで迷った末に買いませんでした。しかし!思い出すとやはり買えばよかったかな?!と悔やまれてならなく、ついに夫にもその話をし、そしたらBBCのレシピを探し出して「作れるよ」と言われました。・・・はい、まあ、作れるのですけど、物理的に誰かが買物に行って鍋とか出して色々やらないといけないわけですよね。。。。誰かって誰でしょう。

レモン・カードとは、パンにぬるもので、イギリスではマーマレードとかジャムとかチャツネー等とともに瓶詰めコーナーに並んで売られています。私が初めて知ったのは、田舎に行った時に寄ったファーマーズ・マーケットで手作りの瓶詰めを買った時でした。材料のレモン、バター、砂糖、卵黄が全て一緒くたになったそのものの味で、濃厚な高カロリーのクリームをレモン味で帳消しにした気になって食べるものです。

そう言えばイギリスの定番ケーキにはレモン・タルトというのがあって、タルト地にカードが詰まったようなケーキもあります。バリエーションでオレンジ・カードというのも。

そしてターナー展にあったのは、Duchyというチャールズ皇太子の経営していたオーガニック・ブランドで、美味しさは間違いないのです。確かロンドンに住んでいた時にもジャムに比べたら値段が高かったから気安くは買えず、買ったら大切に食べてたよなあ、1200yenってそしたら本国と値段変わらないのかな・・・と思って調べてびっくり、たったの£2.83=約450yen。むむむ、倍以上か、仕方ないよな、配送料かかるもんな・・・ぶつぶつぶつ。

思えばジャムも生活必需品だし需要量も違うしで、基本でかい瓶(450gくらい)で値段はそれこそピンキリでしたので、そのジャムと比べて高かったな、という記憶だったのですね。まあ、仕方ないです。日本では輸入品なのですから。
(Duchyが2010年に経営の悪化から高級スーパーのWaitroseと提携したので値段が下がった可能性もあります。皇太子、経営は得意ではなかったようで・・・)

ぶつぶつとまだ考え中で買っても作ってもいないレモン・カード。

ちなみにBBCのレシピをご参考まで;

材料:

ワックスをかけていないレモン4個分の皮の表面部分と汁
粉砂糖 200g
無塩バター 100g サイコロ状に切っておく
卵3個、卵黄1個

作り方:

1、耐熱ボウルにレモン、砂糖、バターを入れる。
  お湯を張った鍋の上でボウルの底が湯に触れないよう注意しながら
  材料をバターが溶けるまでかき混ぜる。

2、軽く泡立てた卵と卵黄を1のボウルに加える。
  材料がよく混ざるまでかき混ぜ、それから
  お湯に底がつかるようにして10~13分間、
  混合液がとろみがついてスプーンの底に残るまでかき混ぜ続ける。

3、火からおろしさます。さめるまでに時々かき混ぜる。
  さめたら消毒した瓶にレモン・カードを入れて蓋をする。
  冷蔵庫で保存。


2



2013/11/1  18:43

投稿者:sofiaandfreya

hedgehogさん

もし、トーストでしたら、アレです。
ドイツパンとか茶色くて重いパンなら、きっと合いますよ♪
スコーンにも・・なるほど!
それはレモンカード・レイヤー・ケーキの親戚みたいな感じですね。
おかげで色々と使い道が広がってきましたが、
私も自分で作る気はまだおきないのですよねえ。。。。

2013/10/31  21:47

投稿者:hedgehog

しましまさん

レモン・カード、私にとっては味が濃厚すぎてトーストに塗って食べるのはキツい……でも、スコーンにちょこっと付けて食べるのは好き。なので、3年に一回くらいの頻度で小さい瓶のレモン・カードを買うことはあります。自分で作る? 私に限って、ありえません!

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2013/10/31  12:05

投稿者:sofiaandfreya

ykさん

ショップ中之島の高くアフタヌーンティー箱が積み上げられた所で
見ましたが?!ティーに埋もれていたのでしょうか、残念!

ヴィクトリアスポンジは、バタークリームとジャムがサンドされている
状態でヴィクトリアスポンジと言うのですが、
レモンカードをサンドしたら「レモン・カード・レイヤー・ケーキ」
という名前になることを今調べてそう言えばスーパーにあった!と
思い出しました。しかもケーキのまわりはアイシングで覆うのです(激甘)


2013/10/31  8:31

投稿者:yk

ターナー展、レモンカード見つけられなかった!!
まだ、試したことがないのですが、例のビクトリアスポンジとかにもはさむと美味しそうかも、と。勝手な想像。

2013/10/30  20:07

投稿者:sofiaandfreya

紅薔薇さん

そうなんですよ!
<<作り方は難しそうというより、じっくり構えて根気よく取り組む必要があるという感じでしょうか。
まったくそのとおりなのです。湯煎という作業もじれったいし、
ボウルの底をお湯に入れるなと言われた日には、もう。。。。
しかも、レモンの皮をこそげとるのも面倒だし、
粉砂糖もあまりメジャーじゃないから値段も高い気がするし、
とハードルが高いのですwww
「作れるよ」と言った人に作ってもらいたいです。
いつも、何の役にもたたないイギリス甘党シリーズすみません。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ