2013/10/11

BELGIAN WHITE CHOCOLATE & STRAWBERRY CAKE  イギリス

8月にヴィクトリア・スポンジ・ミックスを買って来てくれたTちゃんが、再来日いたしました。そして今回ロンドンから東京へ直行だったので、ご親切にも、私の悲願ケーキを運んでくれました!!!プチプチに包んでスーツケースで・・・(涙)

クリックすると元のサイズで表示します

「ヴィクトリア・スポンジじゃあ、味気ないと思って」とTちゃんは、似てそのやや豪華バージョンであるBELGIAN WHITE CHOCOLATE & STRAWBERRY CAKEというものを選んでくれました。その違いはと言うと、ヴィクトリア・スポンジは上には粉砂糖が乗ってるだけなのに対し、こちらはベルギー製ホワイトチョコレートバタークリームが乗ってます。

この箱入りケーキというのは、イギリスのどこのスーパーにもある定番ケーキです。Tちゃんのフライトが着いたのは今月の1日、ケーキの賞味期限は: 11 OCT : スポンジケーキなのに日もちするのは、やはりバタークリームのおかげでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

箱を横から開けると、周囲を紙で支えられ、ビニールパッケージに包まれたケーキを取り出せます。下に台紙などなくビニールから出したら、まな板などに乗せて回りの紙をはがし、切り分けます。その直径は約13cm、高さ約7cm。ちなみに6人分と箱に表示され、6等分した場合の一切れは290カロリー。

クリックすると元のサイズで表示します

間にもバタークリームとストロベリー・コンサーヴがサンドイッチされています。表記がコンサーヴとなっていますが、要するにジャムです。濃いです。ジャミードジャーのジャムにも近い。ユルいとスポンジに吸収されてしまい良くありません。

一口目食べた感想は「甘い!!」でした。
あ〜懐かしい、このパンチのある甘さ!バタークリームがね、イギリスのケーキやパンに乗ってるアイシングの親戚のように甘いです。主成分は砂糖と脂です。身体に良いはずがないと知ってても禁じられた遊びのような甘い罠。
苦いブラックコーヒーと一緒にいただきました。この世の至福でした。

我家は3人家族ですが、夫は甘党ではないので、正直言いますと6人分のうち3人分を私がいただきました。最後の一切れの時には、もう「甘い」と思わないようになっていました。恐ろしい早さで「慣れ」てしまいました?!
1歩家を出るとこのケーキがごろごろしているイギリス、それは危険地帯・・・・

クリックすると元のサイズで表示します



Tちゃん、ありがとうございました。このご恩は忘れません。
2



2013/10/11  23:17

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

白猫さん

化粧品売り場の香料は強烈ですよね〜!
でもこの箱入りのは箱の中でピニールで密封されているのでにおいませんよ。もっと鮮度の高い、生クリームやフルーツを使ったケーキ売り場は
バターの匂いがたちこめていますが・・・^^
へええ!
白猫さん、砂糖に脂、アルコールを取らないのは健康的ですね。
私もいいかげん、お土産がつきた時に、この道楽をやめないと
自分のためにならないのはよ〜くわかっております。。。。。
嫌いなものがあっても、別に人生損しないのは、
私もお刺身や魚介類があまり好きでないのでわかりますよ〜!!

2013/10/11  23:12

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

紅薔薇さん

でしょ?!ワタシも、濃厚なので一切れ350カロリーくらい
平気でいっちゃうと思ったら・・・・ってたった60カロリーの差か。
でも、意外に低かったので、書きました!
でもこれ、ホールであったら一切れでは絶対すまないので、
やはりこれがいつものスーパーにあるのは危険なのです^^

2013/10/11  23:09

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

ましゅまろさん

お砂糖たっぷりが贅沢の証・・・ではなく
味付けが塩も砂糖も濃いのに生まれた時から慣れちゃってるんですよ〜
同じケロッグのコーンフレークでも
各国で味付けが違い、イギリスのはやはり塩分が多いという統計が
イギリスの新聞に載ってました。

そこまで知っていてやめられないのは、
やはり悪の道の誘惑でしょうか、ね・・・・

2013/10/11  17:31

投稿者:白猫

なんというか、すごいですね、イギリス箱入りケーキコーナー。
香りにとても弱いので、化粧品売り場に行けない私ですが
この様子ではケーキコーナーも行けない。
バタークリームがだめで、生クリームもダメで、この頃は餡子もダメになってきて、甘いのは本当に食べられなくなってきた。
でも、別に痩せてはいません。
お酒も飲めませんが、人生楽しんでるし・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ