2013/9/22

0204 Johnannesburg  Cabin Pressure

キャビン・プレッシャー/シリーズ2エピソード4の和訳です。
小ネタが多く調べるのに時間がかかりましたが訳すのも楽しかったです。
音をお持ちの方、ぜひ聞きながら読んでくださいね!**********



ARTHUR : Ladies and gentlemen, as you can see, our onboard transit process today has now reached its ultimate termination. 皆様、ご覧になれますように、私共の本日の空路運行過程は最終へと到ったところです。


CAROLYN: He means we’ve landed. 着陸したってことね。


ARTHUR: Yes. So, as yourselves prepare for disemboarding, if I could kindly ask you to kindly ensure you retain all your personal items about your person throughout the duration of the disembarkation. はい。ですので、お降りになる手続きの際には、上陸のお時間中継続してお客様の個人的携帯品のご確認を重ねてお願い申し上げます。


CAROLYN: He means take your stuff with you. 荷物は持って行って下さいってことね。


ARTHUR: In concluding, it’s been a privilege for ourselves to conduct yourselves through the in-flight experience today, and I do hope you’ll re-favour ourselves with the esteem of your forth-looking custom going forward. 最後に、本日は機内体験中、皆様をご案内できましたのは私共には恩恵でございました。この後も末永く前向きなご愛護でもってご贔屓いただき、私共をまたお選びいただけることを願っております。


CAROLYN: … No idea.  ・・・・意味不明。

This week, Johannesburg!

DOUGLAS: Okay, Martin, two miles to run. Descend to five hundred feet. Stand by for visual on target. いいね、マーティン、あと2マイルだ。500フィートまで下降。目標確認まで待機。


MARTIN: Douglas, are we certain about this? ダグラス、本当にいいのか?


DOUGLAS: Quite certain. 絶対対丈夫だ。


MARTIN: Right. It’s just … I … I’m sure it’s gonna be fine … そうか。いや、・・・きっと大丈夫なんだろうけど・・・


DOUGLAS: Excellent! I’m also sure it’s going to be fine. 自信もて!きっと大丈夫なのは間違いない。


MARTIN: The thing is, though, I’m not sure it’s gonna be fine. 問題は、でも、大丈夫かどうか分からないことだ。


DOUGLAS: What an exquisite paradox. Luckily, though, I’m still completely sure it’s going to be fine; so as I’m a hundred percent sure and you’re fifty each way, that still gives us a comfortable hundred and fifty percent working majority. 巧妙な逆説ではないか。ただ幸運なことに、僕にはまだ完全に大丈夫だって確信がある;だから僕の確信が100%で君のが片道50%でも、それなら安心の150%で過半数とれている。


MARTIN: Douglas! ダグラス!


DOUGLAS: Target in sight; level five hundred feet; left-left; waggle wings … and open air brakes … now! 目標確認;高度500フィート;左の左;機翼を振り・・・空力ブレーキをオープン・・・今だ!



DOUGLAS: Oh. おー。


MARTIN: What?! What?! What?! I can’t see! What happened?! 何?!何?!何?!見えないぞ!どうしたんだ?!


DOUGLAS: I may have very slightly over-estimated how fine it would be. ほんの少し大丈夫なレベルを高く見積もりすぎたかも知れないな。

***

CAROLYN: What were you thinking? 何を考えていたの?


MARTIN: Look, all we were trying … それは、僕達は・・・


CAROLYN: Shut up, Martin. Douglas, what were you thinking? 黙って、マーティン。ダグラス、何を考えていたの?


DOUGLAS: I just thought, since I had to work on my daughter’s birthday, it would be nice to do a little fly-past of her party on the way. いや、ただね、娘の誕生日に仕事を入れられたから、途中であの子のパーティーに航空ショーをちょっとやってあげたらいいかな、って。


CAROLYN: Barrow-in-Furness is not ‘on the way’ to Paris. So first you stole my aircraft … バロウ・イン・ファーネスはパリまでの途中じゃありません。と言うことは、まず私の飛行機を盗んだわね・・・


DOUGLAS: I wouldn’t call it ‘stealing’. あれを「盗んだ」だなんて言わないよ。


CAROLYN: I paid you to fly three hundred miles south west. You flew it two hundred miles north east. What is that if not stealing? あなたに払ったのは南西へ300マイル飛ぶため。それを北東に200マイル飛んだ。これが盗みじゃなくて何なの?


DOUGLAS: Hijacking, at most. 言ってもせいぜいハイジャックです。


MARTIN: Carolyn … キャロリン・・・


CAROLYN: Shut up, Martin. 黙って、マーティン。
(マーティン静かに唸る)
CAROLYN: But, of course, you were just warming up! Because not only did you steal my aircraft, you then chose to mark your arrival at the children’s birthday party by dropping a bomb on it. でもね、もちろん、それはまだ序の口で!だってあなたは私の飛行機を盗んだだけじゃなく、子供の誕生会に爆弾を落とそうと狙いを定めたでしょ。


DOUGLAS: The idea was perfectly sound! 実に適切な考えだった!


CAROLYN: The idea was terminally stupid! Was it your idea, Martin? 末期的に馬鹿な考えだわ!あなたが考えたの?マーティン。


MARTIN: No it wasn’t! Oh, and I’m allowed to speak again now, am I? 僕じゃないよ!お、じゃ僕話していいのかな?


CAROLYN: No – shut up. いいえ ー黙って。


DOUGLAS: It was my idea. It occurred to me that if we filled the air brake cavity with boiled sweets and then opened it just as we were flying over … 僕の考えだったよ。空力ブレーキのくぼみにキャンディーを詰めて上空で開けたらどうかと思った・・・


CAROLYN: … you could strafe your daughter’s birthday party. ・・・自分の娘の誕生会を猛爆撃しかねないわ。


DOUGLAS: No, not ‘strafe’! We weren’t going anything like fast enough! We did check! 爆撃なんて!速度は充分落としてた!確認もした!


MARTIN: I did the calculations. 僕が計算したんだけどね。


DOUGLAS: And we were quite sure the sweets would flutter gently down to the excited children beneath. And so they would have done, if it hadn’t been rather a hot day and the sweets in the metal compartment hadn’t melted a little and then, up in the cold air, solidified again into a … a … それにキャンディーは下で待ち構えてる子供達の所にパラパラと舞い降りるはずだった。だからうまく行くはずだった。もしも暑い日でなくて金属の箱に入れたキャンディーが溶けかけて、上空の冷たい空気でまた凝固して・・・


CAROLYN: … a sugar brick. ・・・砂糖のレンガにならなかったら。


DOUGLAS: Yes. うん。


CAROLYN: … which you dropped on your ex-wife’s house. ・・・でそれは元妻の家に落とした。


DOUGLAS: Yes … but we were very lucky really. We could have hit her conservatory or her BMW. うん・・・でも実際すごくラッキーだったよ。サンルームかBMWに当たってたかもしれないし。


CAROLYN: Or a child! または子供にね!


DOUGLAS: Now, don’t exaggerate! All the children had run for safety long before it landed. もう、話を大きくしないで欲しいな!子供達はみんなあれが落ちる前にとっくに逃げてたんだから。


CAROLYN: That is not as reassuring a sentence as you seem to think. それでもあなたが考えてるように判決が軽くはなりません。


DOUGLAS: I’m just saying we couldn’t have hit a child; but I admit we could have hit a car. 僕が言ってるのは、子供に当たるようなことはなかったけど、車に当たったかも、というのは認めるということだよ。


CAROLYN: But you didn’t hit a car, did you? You hit a carp. でも車(カー)には当たらなかったでしょ?鯉(カープ)に当たったけど。


DOUGLAS: … Yes. ・・・うん。


CAROLYN: Do you have any idea how much a koi carp costs? 錦鯉がいったいいくらするか知ってる?


DOUGLAS: I do now, yes. But don’t worry – I don’t expect you to pay for it. 今はわかったよ。でもご心配なく ー君に払わせようとは思っていない。


CAROLYN: You d…?! Of course you don’t expect me to pay for it! Why in heaven would I pay for it? 私に・・・?!当たり前です、私が払うなんて微塵も思わないで!何だってそんなことがあり得るわけ?


DOUGLAS: Well, as you pointed out, it is your plane. まあ、君のご指摘どおり、君の飛行機だから。


CAROLYN: Yes! And I paid you to use it to fly a franking machine to Paris, not to fly a multi-coloured confectionary brick to Cumbria and drop it on a fish. ええ!私はそれを郵便料金別納証印刷機をパリに運ぶためにあなたに賃金出したのであって、マルチカラーのお菓子レンガをカンブリアに運んで魚に当てるためにじゃありません。


MARTIN: Well, to be fair, we did go to Paris afterwards. あ、一応言っとくけど、その後パリには行ったよ。


CAROLYN: Martin. Really, shut absolutely up. マーティン。本当に、貝のように黙ってて。


MARTIN : Right! はーい!


CAROLYN: Look, both of you. I’m being serious – with my serious face. You cannot keep doing things like this. I will spell it out in words of one syllable. If – you – waste – my – money – we – will – go – bust. You – will – have – no – job. よく聞いて、二人とも。私は真剣よ ーこの真剣な顔を見て。こんなことはもうたくさん。誰にでもわかる短い言葉で言うわよ。もしー私ーのーお金ーをー無駄ーにーしたーら、破ー産ーです。でー失ー業ーです。


DOUGLAS: … ‘Cash’, not ‘mon-ey’. ・・・「金」、「お+金」じゃなくて。


CAROLYN: Please! Will you take this seriously? We can’t go on like this! Look at the trip budget you’ve submitted for Johannesburg next week: fourteen thousand pounds! Are we flying there on the backs of unicorns? もう!真剣に聞いてくれる?このままじゃだめなのよ!来週決まってるヨハネスブルグまでの予算は、14、000ポンドよ!ユニコーンの背中にでも乗って飛べとでも言うの?


MARTIN: It’s pared to the bone, I promise you! I can’t compromise safety for economy. それじゃ骨の随まで削られてる、言っておくけど!安全は予算で妥協できない。


CAROLYN: That’s rich, coming from the Bomber of Barrow.  余裕ね、バロー爆撃機(1941年ドイツ軍によるカンブリア攻撃)の発言かしら。


DOUGLAS: I’m sorry, Carolyn. It’s just that the captain and myself are deeply unmaterialistic. Our souls are rather beautiful that way, actually. ごめんよ、キャロリン。キャプテンも僕も深く非唯物主義なだけなんだ。僕達の魂はその点では極めて清らかなんだよ、実は。


CAROLYN: Is that so? All right, then, First Officer Gandhi: I’ll tell you what I’ll do. On a one-trip trial basis, if you can magically shave, say, two thousand pounds off that pared-to-the-bone budget, you can split it between you – which should just about pay for the carp – but if it comes in so much as a penny over twelve thousand pounds, you pay me a grand each. Deal? そうですか?それなら結構よ、ガンジー副操縦士:では私の方策を言います。次のフライトで試験的に、もしもあなたが魔法のように、そうね、2,000ポンドをさらにその骨の髄まで削減予算から安くあげられたなら、それをあなた達で分けていいわよ ーと言っても鯉の弁償代になるんだけどー でももし2000ポンドを1ペニーでもオーバーしたら、私に1000ポンドずつ払うこと。どう?


DOUGLAS: Absolutely. Deal. 大いに結構。話は決まった。


MARTIN: No, wait! Douglas! The budget really is pretty tight. How on earth are we going … だめだ、待て!ダグラス!元の予算からしてかなりきついんだ。どうやったってそんなこと・・・


DOUGLAS: Oh, Martin. Trust me! Deal. おお、マーティン。信じてくれ!決まりだ。

***


ARTHUR: Chaps, my galley’s been burgled. They’ve taken the trolley, er, the duty free, the microwave, even the hot water boiler. みんな、僕のキッチンに泥棒が入った。ワゴンも、免税のも、電子レンジも、湯沸かし器も盗られた。


DOUGLAS: Sorry, Arthur, that was me. The lighter we keep the plane, the less fuel we need, so I’ve off-loaded all unnecessary dead weight. Speaking of which, how much do you weigh? 悪いね、アーサー、僕がやった。機体を軽くすれば燃料は少なくてすむから、重くて不必要なものを降ろした。そう言えば、君、体重はどれくらい?


ARTHUR: But how am I supposed to heat up the catering? でもどうやってケイタリングを温めればいいの?


DOUGLAS: Oh, I’ve cancelled the catering. ああ、ケイタリングはキャンセルした。


MARTIN: You cancelled our food for a twelve hour flight?! キャンセルって12時間フライトの間の食事を?!


DOUGLAS: Needless expense. Don’t worry – I rustled us up a little something myself. 一切の無駄は禁物。心配しなくていいー 僕がちょっとひと働きしたから。


ARTHUR: Oh, Douglas, you should have asked me. ねえ、ダグラス、僕に頼んでくれたらよかったのに。


DOUGLAS: Should I, though, Arthur, really? The inventor of fizzy yoghurt? そうかい、アーサー、本当に?発泡ヨーグルトの発明者に?


ARTHUR: To be fair, I didn’t invent that so much as discover the process that makes it. 正確に言わないとフェアじゃないよ、あれは僕が発明したと言うより自分でそうなる過程を発見したんだよ。


DOUGLAS: Yes. Yoghurt plus time. Here, take these. うん。ヨーグルトと時間がね。はい、これ持ってって。
(タッパーをアーサーに渡す音)


ARTHUR: Right-o. Er, how do I prepare them? わかった。えっと、これどうしたらいいの?


DOUGLAS: Take lids off boxes; empty onto plates; give to pilots. And – and I can’t stress this strongly enough – do nothing else to it whatsoever. 蓋をとって、皿にあけ、パイロットに出す。そして、そして言っておくけど ーいっさい余計なことはしないように。


MARTIN: Is that really gonna save us much money, Douglas? これで本当に経費節約できるの?ダグラス。


DOUGLAS: Every little helps. Why, what have you come up with? 小さな積み重ねだよ。なんで?何を思いついた?


MARTIN: Well, er, had a good think last night, and I think so long as we get the long runway at Jo’burg, we may be able to land without using the wheel brakes. あのさ、夕べいい考えがうかんだんだ。ヨハネスバーグの滑走路は長い、なら、車輪ブレーキを使わないで着陸できるかも知れない。


DOUGLAS: I see. And that’ll save us what? ふうん。で、それが何の節約に?


MARTIN: Well, it’ll prolong the life of the brakes. それは、車輪の寿命を伸ばせる。


DOUGLAS: To the tune of …? でいくらの節約に・・・?


MARTIN: … Obviously not in a … calculable way. ・・・もちろん、数字には・・表れないけど。


DOUGLAS: Terrific(!) Well done. 素晴らしい(!)優秀だ。


MARTIN: Well, all right. What else have you come up with? じゃ、わかった。君は他に何を考えた?


DOUGLAS: Turn off air conditioning; only take half the liquid oxygen; keep air recirculation fans on; and only use one engine to taxi – and I’m just getting warmed up. エアコンを切る;液体酸素は半分だけ;換気扇はつけたまま;滑走にはエンジンを1基のみ使用 ー僕も今ちょうど暖まってきた。


ARTHUR: So, if doing those things saves money, why don’t we do it all the time? じゃ、こういうことで節約できるなら、なんでいつもやらないの?


DOUGLAS: Well, the most tiresome of pettifoggers might question whether it constituted absolute best practice. あ〜、最もヒマな悪徳弁護士達がそれが絶対的に最良の遂行なのか質問してくるかも知れないから。


MARTIN: You mean it’s horrendously illegal. じゃあそれってとんでもない違法ってことか。


DOUGLAS: ‘Horrendously’ is a strong word. 「とんでもない」はきつい言葉だ。


MARTIN: I notice you’re not quibbling ‘illegal’. 「違法」については何も言わないんだね。


DOUGLAS: Not dangerously illegal. It’s not like I’m suggesting we only fly on one engine – although … 危険を伴う違法じゃないから。何もエンジン1基で飛ぼうなんて言ってるわけじゃない ーいや待て・・・


MARTIN: No! だめだ!

***


MARTIN: This … is excellent, Douglas! Did you really cook it yourself? これ・・・絶品、ダグラス!ホントに君が料理したの?


DOUGLAS: I did indeed. まさしく僕が。


MARTIN: Mmm! It’s lovely! う〜ん!うまい!


DOUGLAS: I’m very good at cooking. 僕は料理が得意なんだ。


MARTIN: Is there anything you’re not very good at? 君に不得意なものってあるの?


(沈黙)


MARTIN: Douglas? ダグラス?


DOUGLAS: I’m thinking. There are things I haven’t tried yet. I suppose it’s possible I’m not very good at some of those – theoretically. 考え中。やったことのないことはある。そのどれかは不得意な可能性はあると思う ー理論上。


MARTIN: Well, this is great. Unusual flavour – what is it? あ〜、大満足。珍しい味だけど ー何なのこれ?


DOUGLAS: Carp. 鯉。


MARTIN: … But … not … ・・・え・・・でも・・・


DOUGLAS: When I pay a thousand pounds for a fish, I don’t just throw it in the bin. Now then, when we get to Jo’burg, obviously we can save a lot on hotels. 魚1尾に1000ポンド出す時、それをゴミ箱にポイとはしないね。さあ、それじゃ、ヨハネスブルグに着いたら、もちろんホテル代で随分節約できるぞ。


MARTIN: How? どうやって?


DOUGLAS: By not staying in one. 泊まらないことで。


MARTIN: So where will we sleep? じゃあどこで寝るの?


DOUGLAS: Well, I’m a happily married man, so I shall sleep in the plane; but you, m’lad, have four hours in hand to get yourself invited to the Johannesburgian bedroom of your choice. そりゃ、僕は幸せな既婚者だからね、飛行機で寝るよ;でも君は、ねえ、4時間の間ヨハネスブルグッ子のベッドルームに引く手数多だもんなあ。


(はっはっは〜!の後、深刻そうに)
MARTIN: Yes, I’ll sleep in the plane too. うん、僕も飛行機で寝る。


DOUGLAS: That uniform’s wasted on you, it really is. ダテに制服着てるんじゃないだろ、まったく。

(ピン、ピン、ピーン)

DOUGLAS: Ah! Fancy that. あ!嬉しいな。


MARTIN: What? 何?


DOUGLAS: Little flashing warning light, Captain. Anti-icing, the starboard wing, declaring itself Rabbit of Negative Euphoria. かわいく瞬く警告ライトだよ、機長、防氷装置、主翼が自身を否定的幸福の兎だと表明してる。


MARTIN: What?! なに?


DOUGLAS: Not A Happy Bunny. ウサちゃんはご機嫌ななめだ。


MARTIN : Right, okay, okay, okay! Isolate the anti-icing valves port and starboard. Prepare for landing and … よし、わかった、わかった!防氷バルブと右舷をを分離しよう。着陸準備をして・・・


DOUGLAS: Whoa, whoa, whoa, whoa! We don’t need to divert. We can do without anti-icing. まあ、まあ、まあ!進路変更は必要ない。防氷なしでいけるよ。


MARTIN: No we can’t! いけないよ!


DOUGLAS: Martin, we’re currently flying over southern Spain. We’re about to fly the length of continental Africa. May I suggest that ice may not be our most formidable foe? マーティン、今我々は南スペイン上空を飛んでいる。これからアフリカ大陸を縦断だ。氷は目下最も恐れるべき障害ではないかもしれないと提案してもいいだろうか?


MARTIN: You know perfectly well the hotter it is, the quicker ice will form if we fly through clouds. 君も完全によく知っているように、暑ければ暑いほど、雲を抜けて飛ぶと氷結するのは早いんだ。


DOUGLAS: But I have a strategic master stroke to counter that: let’s not fly through any clouds. だが僕にはそれに対抗する戦略的手腕がある:雲の中は飛ばないようにしよう。


MARTIN: But there are clouds, look. でも雲はある、見ろ。


DOUGLAS: What, those little fluffies?! We could just weave in and out of those! And we only have to keep the starboard wing out of them, anyway. It’ll be fun! 何だ、あんなフワフワの切れ端?!ただかわして飛ぶだけの話だ!主翼をあそこに突っ込まなければいいんだ、とにかく。楽しいぞ!


MARTIN: No, Douglas, we’re landing and getting it fixed. いや、ダグラス、着陸して修理してもらう。


DOUGLAS: You know what? I was wrong about the warning light. It’s not on. I made a mistake. あ、そうだ?!警告ライトのことは間違いだった。ついてないよ。僕のミスだ。


MARTIN: I can see it! 見えてる!


DOUGLAS: No, Martin. That’s an optical illusion caused by the fierce glare of the sun – the hot, Mediterranean ice-melting sun which will beat down on us as we pay landing fees and engineer’s fees, and hope they’ll fix us in time to get to Jo’burg tonight. In Spain. Lovely people, magnificent culture – not famed for their snap-to-it efficiency. いや、マーティン。あれは猛烈な光線太陽による幻覚だった ー灼熱の地中海の、氷をも解かす太陽は僕達を打ちのめし、着陸料、技術者料を払わせる。今夜中にヨハネスブルグに到着できる時間に修理してくれるのか。スペインだ。人のいい連中、壮麗な文化ー 性急な効率性では有名ではない。


MARTIN: Look, I know, but I-I’m sorry, I have to. それは、わかるよ、でも悪いけど、それしかない。


(ダグラスのがっかりしたため息)


MARTIN: Madrid, Golf Tango India. We have a system malfunction; require radar vectors to nearest suitable airfield. マドリッド、ゴルフ、タンゴ、インディア。システム機能不全です;レーダー軌道を最短距離の当該する空港へ願います。

***

MARTIN: And post-landing checks complete. 着陸後チェック完了。



CAROLYN: Gentlemen. I can’t help but notice we’ve landed three hours after take-off, which means either you have discovered a hitherto-unsuspected warp drive button, or this isn’t Johannesburg. 紳士諸君。離陸後3時間で着陸したと気づかないわけにはいきません。つまりあなた達のどっちかがこれまで思いもよらなかったワープ操行ボタンを発見したか、またはここがヨハネスブルグじゃないってことよね。


MARTIN: Carolyn, I’m sorry. You can rant and rave all you like, but we had to divert. The anti-icing system was … キャロリン、ごめんよ。怒鳴り立てられても仕方ない、でも迂回しなくちゃならなかった。防氷装置が・・・


CAROLYN : Yes, fine, whatever you think. ええ、いいの、どう考えようが。


MARTIN: Really? ホント?


CAROLYN: Yes, of course! I’m sure you had your reasons. ええ、そうよ!諸処事情があったのでしょうとも。


MARTIN: Well, yes, but don’t you want to hear them and then disagree with them? I thought you’d be more furious. あの、うん、でもそれを聞きたくないの?それでそれに反対しないの?もっと執念深く怒られるかと思ってたよ。


CAROLYN: Yes, it’s curious, isn’t it?! Curious I’m not furious! It turns out I mind losing money a lot less just so long as Douglas is losing it too. ええ、興味深いでしょ?!興味深いの。執念深いのではなく!結局は損失もそれほど腹が立たないのよ、ダグラスも損失を被る限りは。


MARTIN: And me! 僕もだよ!


CAROLYN: Yes, but for some reason you losing money doesn’t make me happy the way Douglas losing money does. ええ。でもどういうわけか、あなたの損失はダグラスの損失のようには嬉しくないのよ。


MARTIN: Oh, well … thank you, I suppose. ああ、そう・・・ありがとう、ってことかな。


CAROLYN: You’re very welcome! どういたしまして!


DOUGLAS: Well, sorry to disappoint you, Carolyn, but I have no intention of losing any money. The landing fees should be pretty light in a tiny airfield like this, and it doesn’t shut ’til five. Plenty of time for them to fix GERTI. その、失望させて悪いけど、キャロリン、びた一文も損失を被るつもりはないよ。こんな小さい空港なら着陸料も微々たるものだろうし、5時まで閉まらない。ガーティーの修理に時間は充分ある。



ARTHUR: Chaps, have we landed? ねえ、着陸したの?


DOUGLAS: Yes, Arthur. Well spotted. うん、アーサー。よくわかったね。


ARTHUR: Well, er, since you’ve taken away my water boiler, can I order some hot water here? じゃさ、湯沸かし器は君がとっちゃったから、お湯を注文してもいい?


MARTIN: Yes, of course. うん、そりゃそうだね。


DOUGLAS: No-no-no. だめだめ。


MARTIN: Oh, come on. I’m not flying the length of Africa without coffee. We need hot water. なんだよ。僕はコーヒーなしでアフリカ縦断しないからね。お湯は要るよ。


DOUGLAS: Certainly, but we don’t need to pay thirty Euros for it. There’s an old flying school trick I know. 確かに、しかしそれに30ユーロ払うことはない。昔、飛行訓練校でやってた術がある。


MARTIN: Of course there is(!) ああそうだ(!)


DOUGLAS: Arthur, get a wine bottle, fill it with water and, using the asbestos gloves, place it very carefully on the lip of one of the engine exhausts. Hey presto, boiling water. アーサー、ワインボトル持って来て、それに水を入れて、耐熱手袋をして、それを気をつけてエンジン排気管の縁に置くんだ。おーや不思議、お湯が沸く。


CAROLYN: Good heavens. Douglas has discovered his inner Womble. あら、なんと。ダグラスは心の奥にワンブルを発見したわ。

クリックすると元のサイズで表示します
Womble(環境にやさしい英国のTVキャラ)


ARTHUR: But … doesn’t the air come out of the back of those engines pretty fast? でも・・・エンジンの後ってすごい勢いで空気出て来ないの?


DOUGLAS: Arthur, the engines aren’t on. Clues to this include the aircraft being on the ground and eerily quiet. But they’ll still be hot from the flight. アーサー、エンジンはついてないんだよ。飛行機は地上で静止してびビクともしてないこと気づいてるかな。だけどエンジンはまだ熱い。


ARTHUR: Ah, right! Yes! Because I was thinking, otherwise I might have had a bit of a job … ああ、そうか!うん!僕考えちゃったよ、そうでなくちゃ、けっこう大変な仕事になってたよね・・・


DOUGLAS: … balancing a wine bottle in a fourteen hundred mile an hour jet blast. Yes, I imagine you would. ・・・ワインボトルを時速1400マイルの爆風の中でバランスをとるというね。うん、それは大変だろうね。

SEÑOR QUINTANILLA : I am sorry. We have no engineer at this airfield. すみませーん。この空港にはエンジニアはいません。


DOUGLAS: Right. So what do you do when you need an engineer? そう。じゃあエンジニアが必要な時はどうするんです?


SEÑOR QUINTANILLA: We call Diego out from the big airport at Albacete. 大きい空港アルバセッテからディエゴを呼びます。


DOUGLAS: Well, can you do that now, please? では、それをしてもらえるかね?


SEÑOR QUINTANILLA: I can … できます・・・


DOUGLAS: Then do. では頼むよ。


SEÑOR QUINTANILLA: … but he won’t come. ・・・でも彼は来ません。


CAROLYN: Do you know, I think what I like about this conversation most, Douglas, is that you’re the one having to have it. ご存知?この会話で1番好きなのはね、ダグラス、あなたがしなくちゃならない人だという点だと思うの。


DOUGLAS: Why won’t he come? なぜ来ないんです?


SEÑOR QUINTANILLA: He cannot. His car is broke down. 彼はできません。彼の車はこわれています。


DOUGLAS: The engineer’s car has broken down? そのエンジニアの車が壊れている?


SEÑOR QUINTANILLA: Yes. イエース。


CAROLYN: That’s not a terribly good sign, is it? それはとびきり良い兆候ではないわね?


DOUGLAS: Well, can we go and get him? では、こちらから迎えに行けないのです?


SEÑOR QUINTANILLA: I suppose, but how? You have no car. 私は考えてみます。でもどうやって?あなたは車がないです。


CAROLYN: Ah. He’s got you there. あら。するどいわね。


DOUGLAS: Can we hire a car? レンタカーはありますか?


SEÑOR QUINTANILLA: Not here. Maybe from the airport at Albacete. ここではないです。アルバセッテの空港からはたぶん。


DOUGLAS: The place we want the car to get to. そこは我々が車で行きたい所だ。


SEÑOR QUINTANILLA: It’s the nearest place. そこが一番近い所です。


DOUGLAS: Er, well, can we borrow a car?  ええと、では、車を借りられます?


SEÑOR QUINTANILLA: Whose car? 誰の車?


DOUGLAS: Well, I don’t know! Your car! それは知らんよ!君のだ!


SEÑOR QUINTANILLA: No. だめ。


DOUGLAS: Why not? なぜ?


SEÑOR QUINTANILLA: It’s a nice car – a BMW. それはいい車です ーBMWです。


CAROLYN: Well, Douglas here has an excellent safety record with BMWs. Only last week, he didn’t drop a brick on one. ええとですね、ダグラスはBMWには素晴らしい安全歴があるんですよ。先週までは、レンガを落としたりしてないですから。


DOUGLAS: Carolyn, you’re really not helping. キャロリン、それじゃ何の助けにもなってない。


CAROLYN: I know! I’m not trying to. It’s fun this, isn’t it – chipping in from the sidelines? I can see why you’re so fond of it. そうよ!しようと思ってないもの。楽しいじゃない ー 横から人の話に口をはさむのは?あなたが楽しむわけがよくわかったわ。


DOUGLAS: Señor Quintanilla. セニョール・キンタニーラ。


SEÑOR QUINTANILLA: Si. スィ。


DOUGLAS: Surely there is a vehicle somewhere on this airfield we can pay you a hundred Euros to let us drive to Albacete and back? きっとこの空港のどこかには君に100ユーロ払ってアルバセッテまで僕達が往復できる車があるよね?


SEÑOR QUINTANILLA: Er, maybe there is something. あ〜、たぶん何かはあります。

***


ARTHUR : ♪ Three men went to mow, went to mow a meadow! Three men, two men, one man and his dog … ♪ 3人で草刈りに、草刈りに牧場へ!3人、ふたり、ひとりと犬・・・♪

(沈黙)

ARTHUR: That’s where you say, “Woof woof,” Skip. ここ君が言うところだよ「わふ、わふ」って。


MARTIN: No it isn’t. いや違う。


ARTHUR: I think it is. Because it’s just after the word, “dog,” and dogs go … そうだと思うよ。だって「犬」のすぐ後だもん、それで犬は・・・


MARTIN: I mean I’m not saying, “Woof woof.” 僕は言わないからな「わふ、わふ」なんて。


ARTHUR: It would cheer you up. 楽しくなるよ。


MARTIN : We are driving across the Spanish plains in the heat of the day on a sixty mile round trip on unmade roads in a baggage truck. It’s gonna take more to cheer me up than saying, “Woof woof.” 僕達はスペインの広野を日中の熱気の中60マイルも舗装もされてない道を手荷物運搬車で走ってるんだ。そんなんで元気になんてなれない、「わふ、わふ」ごときで。

クリックすると元のサイズで表示します


ARTHUR: Well, if you’re sure. It always cheers me up. Can we have the air conditioning on, please? そう、そうかな。僕はいつも元気になるんだけどな。エアコンつけてもいい?


MARTIN : The ai… There is no air conditioning! Why would you have air conditioning on a vehicle with no doors? エア・・・エアコンなんてあるか!ドアもない車になぜエアコンをつけるんだよ!


ARTHUR: To keep it cool. 涼しくするように。


MARTIN: Arthur, I’m … I really am at the end of my tether here. Could you please just try your hardest not to say anything? アーサー、あのさ・・・僕もう限界まできてるんだ。頼むから全力で何も言わない努力をしてくれないか?


ARTHUR: … really stupid. ・・・バカなことをだよね。


MARTIN: No! Just anything. いや!一切のことをだ。


ARTHUR: Oh, right. Will do, Skip. Ooh, sorry. Sorry. Sorry. ああ、わかった。そうするよ、スキップ。あー、ごめん。ごめんよ。ごめんよ。


MARTIN: Stop it! やめろ!


ARTHUR: Sorry! Dah! ごめん!だああ!



MARTIN: Thank you. Now, let’s just try and get through this with the minimum of fuss… それでいい。さて、どうやったら1番簡単にこれを抜け出せるかやってみるか・・・(ああ!!)


(小鳥のさえずり♪)

MARTIN: Arthur, put your hand down. I know: low bridge. アーサー、手を降ろしなよ。これか:低い橋だ。

クリックすると元のサイズで表示します
イギリスでは標識のある橋さえこんなことに・・・

***

DOUGLAS : … and eighty is, er, ten thousand four hundred, plus one hundred … ・・・足す80は、えー、1,400、足す100は・・・・


CAROLYN: Hello, Douglas. Doing your sums? あーら、ダグラス。計算中ね?


DOUGLAS: Yes. … and twenty-four plus, er, minus … そう。・・・そして24足す、あっと、引く・・・


CAROLYN : Well, I won’t disturb you. Just wondered if you’d heard from Martin yet. ではお邪魔のようね。マーティンから何か連絡あったかと思っただけ。


DOUGLAS: No. He’s not answering his phone. Why isn’t he answering? There’s no point even doing this if he’s not gonna be back in time. いや。電話に出ない。なんで出ないんだ?今やってるこれもあいつが時間内に戻って来なければ意味ないのに。


CAROLYN: Oh, don’t you worry. I’m quite sure he’ll successfully drive his baggage truck to Albacete, find and pick up the engineer, bring him back in plenty of time to fix the plane by five. まあ、心配しないで。きっと彼は晴れて手荷物運搬車でアルバセッテへ行き、エンジニアを見つけ出して、5時までに飛行機を直せる余裕のある時間に連れて来るわよ。


DOUGLAS: Do you think so? そう思うの?


CAROLYN: Not even for a moment. There’s about six hundred ways that plan could go wrong, even if it wasn’t Martin doing it, and it is Martin doing it – with help, from Arthur. 1瞬でも思わないわ。失敗するには約600通りの方法はあるわね、たとえマーティンじゃなかったとしても、でも事にあたってるのはマーティン ーしかもアーサーが助けてる。


DOUGLAS: You’re enjoying this, aren’t you? 君はこれを楽しんでるよね?


CAROLYN: I honestly don’t know when I’ve enjoyed a trip more. I only wish I’d thought of this years ago. This way, if I lose, you lose – which takes the sting out of it enormously; and if I win, I win – and thus … I win. 私がいつ旅なんて楽しんだのか本当にわからないけど。でもこれを数年前に思いつけばよかったんだわ。このやり方だと、もし私が損すれば、あなたも損する ーそれが苦痛を和らげるのよ、甚だしく;そしてもし私が勝てば ーそしたらつまり・・・勝ちよね。


DOUGLAS : How nice for you. Oh, blast. いい案だねえ。ああ、忌々しい。


CAROLYN: What? 何?


DOUGLAS: The running total for this trip: twelve thousand and fourteen pounds. このフライトの現時点での合算は:12,014ポンド。


CAROLYN: Oh dear. あらまあ。


DOUGLAS: Of course, when you said, “under twelve thousand,” you didn’t mean literally to the penny – that would be ridiculous. You meant “to the nearest hundred or so.” もちろん、君が言った時「12,000ポンド以下」とは文字通りペニーまで計算に入れてないよね ーそれじゃバカバカしるぎる。10の位で四捨五入とかそういう意味だよね。


CAROLYN: Ahh. Your little face as you tried to look as if you remotely thought you might get away with that. A miss is as good as a mile, I’m afraid. あ〜ら。その顔、その問題から逃れるかも知れないとかすかに思ったと言いたげな顔よねえ。わずかなオーバーたりともオーバーには変わりがないのよ、残念ながら。


DOUGLAS: Right. そう。

***

ARTHUR: No, i-it’s not budging, Skip. だめだ、ビクともしないよ、スキップ。


ARTHUR: It’s, er, it’s really firmly wedged under. I think we must have hit the bridge quite hard. あ〜、すごいしっかり下に食い込んじゃってるよ。そうとう激しく橋に当たったのかもしれないんじゃない。


MARTIN: Yes. うん。


ARTHUR: So … what now, Skip? で・・・どうする?スキップ。


MARTIN: I don’t know! わかんないよ!


ARTHUR: Okay. そうか。

(パーー!)

ARTHUR: Er, Skip – chap behind us wants to come through. ねえ、スキップ ー後ろの車が通りたいって。


MARTIN: Yeah, I can see that! ああ、それはわかってる!


ARTHUR: Oh, o-okay. … It’s just, because you weren’t doing anything, I thought you hadn’t seen. … Umm, I still don’t really know what we’re waiting for. あ、そうか・・・あの・・・君何にもしないから、わかってないのかなって・・・うーん、実は僕まだわかんないんだけど、僕達何を待ってるの?


MARTIN: I’m waiting for … I’m waiting for Douglas to say something sarcastic and then sort it out. 僕は・・・僕が待ってるのは、ダグラスが何か皮肉を言いながらどうにかしてくれることをだよ。


ARTHUR: Oh, right. … Of course, Douglas isn’t here, Skip. ああ、そうか・・・でもやっぱり、ダグラスはここにいないよ、スキップ。


MARTIN: I know that! 知ってるよ!


ARTHUR: I mean, I can try and fill in, but I-I don’t know how good I’ll be. あのね、やってみてもいいよ、代わりに、どのくらい出来るかわかんないけどね。

(マーティンのため息)

ARTHUR : Er, I’m glad we’re stuck under this bridge. あー、嬉しいね、この橋の下から出られなくて。


MARTIN: Shush, please. Just … シーーーッ、たのむから・・・


ARTHUR : That’s a good thing … よかったのは・・・


MARTIN: Stop it! You’re not helping. If it comes to that, what are you waiting for? やめてくれ!何の助けにもなってない。そう言う君こそ、いったい何を待ってるんだ?


ARTHUR: You to tell me what to do, Skip. どうしたらいいか君に教えて欲しいんだよ、スキップ。


MARTIN: I don’t know! わからないんだよ!


(パッパー!!!スペイン語の文句の声

)
MARTIN: I mean … all I can think of is, um … i-i-is, I suppose we could – we could let the tyres down.  じゃなくて・・・できるとしたら、えと・・・た、たぶん、そうだな、た、タイヤをはずすことかな。


ARTHUR: Oh, right – and pretend we’ve got a puncture. あ、そうか ーそれでパンクしたフリする。


MARTIN: No – to lower our height a couple of inches. 違う ー車体を2インチ低くするんだよ。


ARTHUR : Yes, brilliant! Well-well, let’s do that! うん、ブリリアントだね!じゃさ、やろうよ!


MARTIN: Yes, but what have I got wrong? うん、でもどこが間違ってるかな?


ARTHUR: Oh, have you got something wrong? え、どこか間違ってるの?


MARTIN: I always get something wrong; and if Douglas were here, he’d point out what. 僕はいつも何か間違ってる;もしダグラスがいたら、それを指摘するんだけどな。


ARTHUR: Well, he’s not. So … shall we just try it and see? あー、いないけどね。じゃあ・・・やってみて様子みる?

***


DOUGLAS: Señor Quintanilla. セニョール・キンタニーラ。


SEÑOR QUINTANILLA: Hello, yes? Ah, it’s you again. ハロー、イエス?ああ、またあなたですか。


DOUGLAS: Yes.  はい。


CAROLYN: Hello, Señor. ハロー、セニョール。


SEÑOR QUINTANILLA: And your merry woman. それに陽気なお連れの女性も。


DOUGLAS: Isn’t she just? Er, now, er, Señor, I’ve just been looking through your airfield bill. 陽気でしょ? えー、実は、あの、セニョール、空港使用料請求書を見てたんですがね。


SEÑOR QUINTANILLA: Yes? イエス?


DOUGLAS: … and I was just wondering i-if there was any possibility at all of reducing it by, say, twenty Euros? ・・・もしや、こちらを値引きしていただける可能性はまったくないものかと、いえ、20ユーロばかり?


SEÑOR QUINTANILLA: Was something not good? Are you not happy? 正しくなかったですか?気に入らないことが?


DOUGLAS: Oh, no, no, everything was good. We’re very happy. いえ、いえ、何も悪くありません。満足しています。


CAROLYN: Me especially. 特に私はね。


DOUGLAS: Er, but I would appreciate it as a favour if you felt you could knock off a measly twenty Euros. え、ただ、もし20ユーロばかりを引いてくださるご厚意をお持ちでしたら有難いのです。


SEÑOR QUINTANILLA: This is not a market! I’m not used to haggle. This is a fair price, yes? You do not think I try to cheat you? ここはマーケットではありません!私は値切りに慣れてません。これは公正な金額ですね?私がごまかすと思いますか?


DOUGLAS: No, no! Absolutely not! W-well, look, how about this, then: is there anything we could do around the airfield while we’re waiting that would be worth twenty Euros to you? いいえ!とんでもない!そ、それでは、これではいかがです、何か空港回りに、20ユーロの価値がある、僕達が待っている間にできることはないでしょうか?


SEÑOR QUINTANILLA: I suppose … you could wash my car. そうですね・・・私の車を洗ってもいいです。


DOUGLAS: I’m not gonna wash your car! 君の車なんて洗うもんか!


SEÑOR QUINTANILLA: I don’t want you to wash my car – I’m trying to help you! 私はあなたに車を洗って欲しくはありません ー協力しています!


DOUGLAS : Of course, er, yes. I-I apologise. Which is your car? もちろんです、え、はい。すみません。車はどちらです?


SEÑOR QUINTANILLA: The BMW. あのBMW。


DOUGLAS: How could I forget?(!) 忘れようもない。


SEÑOR QUINTANILLA: Catch! とって!


CAROLYN: Douglas, are you going to wash his car? Are you really going to wash his car?! (She chuckles.) This day just gets better and better! ダグラス、あなた車洗うの?ホントにあなたが車を?クククっ、今日という日は刻一刻とよくなるわ。

***

MARTIN and ARTHUR (singing): ♪ … went to mow a meadow! Six men, five men, four men, three men, two men, one man and his dog … ♪  ・・・草刈りに牧場へ!6人、5人、4人、3人、ふたり、ひとりと犬・・・♪


ARTHUR: Ouah! Ouah! わあ!わあ!


MARTIN and ARTHUR (singing): ♪ … went to mow a meadow! ♪ ・・・草刈りに牧場へ!♪


MARTIN: “Ouah, ouah,” Arthur? 「わあ!わあ!」?アーサー?


ARTHUR: That’s what French dogs say, Skip. I thought I’d do one in French ’cause we’re abroad. フランスの犬はそう鳴くんだよ、スキップ。フランス語でやらなきゃって思ったんだ、海外だから。


MARTIN: But we’re in Spain. でもここはスペインだよ。


ARTHUR: I know, but I don’t know what Spanish dogs say. Do you? 知ってるよ、でもスペインの犬がなんて鳴くのか知らないからさ。知ってる?


MARTIN: No, no, I don’t know what … Spanish … dogs … say. いや、僕も知らない・・・スペインでは・・・犬が・・・なんて鳴くか。


ARTHUR: What’s the matter? どうかした?


MARTIN: Sorry – same thing again. I just automatically waited for Douglas to say something sarcastic.  ごめん ーまただ。僕また自動的にダグラスが何か皮肉を言うのを待ってた。


ARTHUR: Yes, he’d have had one in there, wouldn’t he? What d’you think it would have been? うん、あそこで何か言ってただろうね?何て言ってたと思う?


MARTIN: I don’t know. However, my young professor of canine linguistics, welcome to Albacete airport! さあね。でも、犬科言語学教授くんよ、アルバセッテ空港にようこそ!
(車止まる)

MARTIN: Twenty minutes ahead of schedule, even with stopping to pump the tyres back up. 20分予定より早い、タイヤに空気入れてた時間を入れても。


ARTHUR: Nice work, Skip! It was a brilliant plan! 上出来だね、スキップ!ブリリアントな計画だったなあ!


MARTIN: Oh! Did go rather well, didn’t it? Now, apparently, the engineer’s office is in the green hangar. That must be … that one there! Follow me. おう!なかなかうまく行ったね!さあ、どうやら、エンジニアのオフィスは緑の格納庫だ。それは・・・ああ、あれだ!こっちだ。


ARTHUR: Right. うん。



MARTIN: Gosh. Sunny, isn’t it? しまった、眩しい、よね?。



ARTHUR: Wow! Skip! Are those new? They’re brilliant! わあお!スキップ!それ新しいの?ブリリアントだよ!


MARTIN: Oh, d’you like them? Picked them up at the garage. They’re called aviator shades. あ、気に入った? ガレージにあったんだ。アビエイターサングラスと言うんだ。


ARTHUR: They’re amazing! You look like one of those guys in Top Gear!  かっこいいよ!まるでトップギアに出て来る人みたいだ!


MARTIN: God, do I? Which one? Not Clarkson? ええ、そうかい?どの人?クラークソンじゃない?


ARTHUR: No, Tom Cruise. ううん、トム・クルーズ。


MARTIN: Top Gun, Arthur. それはトップガン、アーサー。


ARTHUR: Oh, yeah! あ、そうそう!


MARTIN : Ah, I’ve always wanted a pair of these. ああ、ずっとこれ欲しかったんだよな。


ARTHUR: Well, why didn’t you get one? じゃ、なんで買わなかったの?


MARTIN: I suppose I thought Douglas would probably be a … well, pretty funny about them. たぶんダグラスがきっと何か・・・うーん、変なこと言うと思って。


ARTHUR: Oh yeah. Yes, he-he will be, won’t he? ああ、うん。そうだ、言うよね?


MARTIN: Yeah, I’ll take them off quickly before we get back. うん、急いではずすよ、戻る前に。


ARTHUR: Yeah. Probably best. You know, Douglas is great, obviously – I mean, he’s brilliant – but this is quite nice, isn’t it? Like a little holiday. うん。その方がいいかもね。ねえ、ダグラスはすごいよね、間違いなく ーつまり、彼はブリリアントだよ ーだけど、こういうのもなかなかいいよね?ちょっと旅行に来たみたいで。


MARTIN : Yes. Yes, it is. うん。そうだね。



ARTHUR: Right. Is this it? さあて。これだよね?


MARTIN: … Yes. ・・・うん。


ARTHUR: Oh. Er, Skip? It looks a bit … あ。えっと、スキップ?どうやら・・・


MARTIN: … closed. ・・・閉まってる。


ARTHUR: Yeah. うん。


MARTIN: Why would it be closed on a Tuesday? なんで火曜だってのに閉まってるんだろ?

ARTHUR: I-I don’t know. わかんないなあ。


MARTIN : Oh, well, that’s it, then. We’re done for! Should have known. The thing with the bridge was just to make it all the worse when inevitably … うう、もう、これまでだな。おしまいだ!気づくべきだったんだ。あの橋でのことが全てのことを必然的にうまく行かなく・・・


ARTHUR: Yes, but you can think of something, Skip! You were brilliant last time! うん、でもまた何か思いつくよ、スキップ!さっきはブリリアントだったじゃないか!


MARTIN: … Oh. Well … Now, we could, um, try and find the manager here and see if we can get the engineer’s home address, drive into town … Ah, but it’ll be too late. We have to get in the air before five and it’s … what, two fifteen now… Oh! ・・・そう。あー・・・じゃあ、そしたら、うーん、ここのマネージャー探してエンジニアの家の住所を聞いて、町まで行って・・・あ、それじゃ遅くなるな。5時前には飛んでないと・・・あ、なんだ、今2:15か・・・ああ!


ARTHUR: What? 何?


MARTIN: Two fifteen in Spain! Siesta! 2:15のスペイン!シエスタだ!


ARTHUR: What’s that? 何それ?


MARTIN: It’s when they stop work for a couple of hours after lunch to have a sleep. その時間はランチの後2時間仕事はしないで寝るんだ。


ARTHUR: Wow! Can we start doing that?! わお!僕達もそれ始められるかな?!


MARTIN: And since the airport’s so far from the town, I wouldn’t be surprised if they … Let’s just try. それに空港は町からかなり遠いから、もしかしてありえるな・・・とりあえずやってみよう。

(バンバンバン!)

MARTIN : Hello! Hello! El … engineero! Wake up, please! ハロー!ハロー!エンジニエ〜ロさ〜ん!起きて!お願いします!


ARTHUR: Skip! スキップ!


MARTIN: Please answer, por favor! It’s important! 返事してくださ〜い!ポルファボレ!大事なことなんです!
(バンバン!)
MARTIN: Très importante! Will pay extra – bonus lucre! Gracias! トレ、インポルタンテ!追加料金払いますから  ー特別手当金!グラシアス!



MARTIN: No, of course not. Well, that would just be too … いや、だめに決まってるな。そりゃ、そんなうまくは・・・


MAN’s VOICE : ¿Qui es? ¿Qué quieren? ケ?ケ キエレン?


MARTIN : Yes! イエス!


ARTHUR: That’s brilliant, Skip! ブリリアントだよ、スキップ!


MARTIN: Oh. D’you think so? Huh! あ。そう思う?フフン。

***

CAROLYN: Ah, there you are, Douglas. I couldn’t find you. あら、ここだったのね、ダグラス。随分探したわ。


DOUGLAS: But then you did. で今見つけた。


CAROLYN: But then I did. Why are you hiding behind the aircraft? ええ、やっと。なぜ飛行機の後に隠れているの?


DOUGLAS: I’m not hiding. 隠れてないよ。


CAROLYN: Not any more, certainly. And, my, what an excellent job you’re doing. You’re a demon with that chamois leather. 今はね、確かに。そして、あ〜ら、立派に働いてるじゃないの。悪霊みたいだわね、シャモア皮持ってると。


DOUGLAS: Have you come to help? 手伝いに来たの?


CAROLYN: Even better than that. I’ve come to watch. もっといいことしによ。観戦に来たの。


DOUGLAS: That’s not better. 別に良くない。


CAROLYN: Oh, I’m sorry. I meant better for me. It’s a lot better for me. あら、ごめんなさい。私にはいいけど。私にはとってもいいわよ。


DOUGLAS: You’ve … brought a deckchair? それ・・・デッキチェアを持って来た?


CAROLYN: I always keep one in the hold for just such an occasion. いつもこんな機会のために用意してるのよ。

(はあああ〜。。。)

CAROLYN: This is the life. これぞ人生だわ。

(バケツでシャモア皮を洗う音)


CAROLYN: You know, I think this would be my Luxury if I was on Desert Island Discs. ねえ、これが私の「贅沢品」になると思うのよ、もし私がデザート・アイランド・ディスク(BBCの最長寿ラジオ番組)に出たら。


DOUGLAS: A deckchair?  デッキチェアが?


CAROLYN: No – you washing a car. I think I could endure almost any hardship as long as I had the Bible and Shakespeare, Palgrave’s Golden Treasury, and the sight of First Officer Douglas Richardson grumpily soaping a wheel arch. いいえ ーあなたの洗車が。私たいていの辛い事には耐えられると思うのよ。聖書とシェイクスピア、ポールグレーブ叙情詩選、そして副操縦士ダグラス・リチャードソンの不機嫌なホイールアーチ磨きの光景があれば。


DOUGLAS: Two thousand pounds, Carolyn. Remember that. That’s what it’s going to cost you. 2,000ポンドだ、キャロリン。覚えているんだな。それが君の身にふりかかるものだ。


CAROLYN: Cheap at twice the price; and that’s only if Martin gets back in time – and, really, what are the chances of that? お安いものよ;それにそれはマーティンが時間内に戻って来ればね ーそして、実際、勝算はいかほど?

***

MARTIN and ARTHUR (singing): ♪ … Six men, five men, four men, three men, two men, one man and his dog … ♪  ・・・6人、5人、4人、3人、ふたり、ひとりと犬・・・♪


MARTIN: Diego? ディエゴ?


DIEGO: Wao! Wao! わお!わお!


MARTIN and ARTHUR: ♪ … went to mow a meadow! ♪  ・・・草刈りに牧場へ!♪


MARTIN: “Wao, wao”? When have you ever heard a dog say, “Wao, wao”? 「わお、わお」?いつ犬が「わお、わお」なんていうの聞いた?


DIEGO : Every time I have heard a dog, he have said to me, “Wao, wao.” 犬は鳴くたびに、僕に言います。「わお、わお」。


MARTIN: Then you, Señor, have been speaking to some very peculiar dogs. Arthur, where are we up to? それじゃ、セニョール、よっぽど特殊な犬を聞いてたんだなあ。アーサー、どこまで行った?


ARTHUR: Thirty-two! 32!


MARTIN: Very well: on my count, gentlemen. One, two, three! いいね。じゃ数えるよ、皆さん。1、2、3!


MARTIN and ARTHUR (singing): ♪ Thirty-two men went to mow, went to mow a meadow … ♪ 32人が草刈りに、牧場に草刈りに・・・♪

***

DOUGLAS: Twenty to five. That’s definitely it, then. 5時20分前。絶対その時だ。


CAROLYN: You’ve said that every five minutes since four o’clock. あなたそれ5分おきに言ってるじゃないの、4時から。


DOUGLAS: Yes! But there’s no way we can do it now, even if … そうだ!しかしそれ以外に方法はないんだ、たとえ・・・


MARTIN and ARTHUR: ♪ … three men, two men, one man and his … ♪  3人、ふたい、ひとりと・・・♪


DOUGLAS: Oh, look! おお、見よ!


MARTIN: Elephant! 像は!


DIEGO: Prah! Prah! ぷら!ぷら!


MARTIN and ARTHUR : ♪ … went to mow a meadow! ♪  ・・・牧場へ草刈りに!♪


MARTIN: “Prah, prah”? Diego, really? 「ぷら、ぷら」?ディエゴ、本当か?


DIEGO: Of course. もちろん。


DOUGLAS: Martin! Good lord! Maverick flies again. マーティン!なんと!マーヴェリック(トップガンの主人公)は再び飛ぶぞ。


MARTIN: Hello, Douglas. Can I suggest you save all the jokes about my shades for now and we’ll have them in a nice long stream once we get airborne. In the meantime, Carolyn, Douglas – this is Diego: a fine engineer, a useful light baritone and a man with an inexhaustible knowledge of how Spanish animals go. Diego, do your Spanish cockerel. やあ、ダグラス。言っといていいかな、僕のサングラスに関するジョークは今はやめてよ、空に戻ったら長旅の楽しみにするからね。ところで、キャロリン、ダグラス ーディエゴを紹介するよ:優秀なエンジニアで、役に立つ軽いバリトン、そしてスペインの動物にかけては無尽蔵の知識を持つ人だ。ディエゴ、スペインの若鶏やってよ。


DIEGO: Ki-kiri-ki! キッキルキー!


MARTIN: … Yep, that’s my favourite one. Now, then, Diego, here’s the wing. Get to work. Arthur, park the truck. ・・・うんっ、僕これ大好きなんだ。そ、それじゃ、ディエゴ、これがその翼。たのむよ。アーサー、トラック停めて来て。


ARTHUR: Er, where? え、どこに?


MARTIN: Er, well behind the plane, by that … wet car. You two, get on board and prepare to leave immediately! えっと、飛行機のちょうど後ろの、あのぬれた車の横。君達ふたりは、乗って、今すぐ出発の用意して!


DOUGLAS: But Martin, we’ve only got twenty minutes before they shut the Tower. He can’t possibly fix it … だがマーティン、もう20分しかないんだ、管制が閉まるまで。それまでに修理は・・・


MARTIN: Certainly he can. A man who can imitate a Spanish squirrel helping forty-eight men mow a meadow is capable of anything. Now, come on: we have to get a move on. できるよ。牧場へ草刈りに行く48人を助けるスペインのリスの真似ができる男に不可能はないよ。さあ、早く:こうしてる場合じゃないぞ。


DOUGLAS: In other words, you feel the need – the need for speed. すなわち、やろうぜ、勝負はこれからだ。(トップガンの名台詞)


MARTIN: Seriously, Douglas. Save them for later. 真面目にやってくれよ、ダグラス。台詞は後だ。

***

MARTIN: Done. はー、はー、できた。


DOUGLAS: You did the walk-round? 見回りした?


MARTIN: Yes! した!


DOUGLAS: In forty-five seconds? 45秒で?


MARTIN : More of a jog-around but I saw everything I needed to see. ジョギングよりハードだったけど、必要なものは全部見た。


DOUGLAS: But your walk-rounds take days! でも君の見回りはいつも数日かかってるのに!


MARTIN: Well, maybe I’ve gained a little faith in my instincts as a pilot. Now, how are we doing? じゃ、きっと僕のパイロットとしてのカンが少しは頼れるようになったのかも。さて、状況は?


DOUGLAS: Seven minutes to five. Cabin ready; pre-take-off checks done. How about the anti-icing? 5時7分前。客室完了;離陸前検査済み。防氷装置はどうなった?


MARTIN: Diego’s still looking at it. ディエゴがまだ見てる。


DOUGLAS: Well, then, why are we bothering? There’s no way … なんだ、じゃ、なんでわざわざ面倒かけるんだ?そんなこと・・・


(ノックノック)


MARTIN: A-ha! Come in! ああ!入って!



MARTIN: Diego. Anti-icing all fixed? ディエゴ。防氷は全部直った?


DIEGO: No. いえ。


DOUGLAS: Ah. ああー。


MARTIN: Then what were you doing up there? Go and fix it. じゃあ、あそこで何やってたんだい?直してくれよ。


DIEGO: Not fixed because not broken. 直ってないのは壊れてないから。


MARTIN: Not broken? 壊れてない?


DIEGO: No. He is very well. ない。万全です。


MARTIN: But it was. It was definitely broken. Look – the little orange warning light’s on. 壊れてたんだ。絶対に。ほら、ーあの小さいオレンジの警告ライトがついてる。


DIEGO: Oh. Let me see. … Yes. Little orange warning light – he is broken. ああ、どれどれ・・・はい。小さいオレンジの警告ライト ーが壊れてます。
(たたく音)

DIEGO: There! All better! さあ!直った!


MARTIN: … Right. Thank you, Diego. Now, quick – get off the plane! ・・・わかった。ありがとう、ディエゴ。じゃ、急いで ー飛行機から降りてくれ!

DOUGLAS: Right. So all of this was in aid of a dodgy warning light. そうか。じゃ全ては頼りない警告ライト1個のためだったと。


MARTIN: Yes, well, just one of those things. Could have happened to anyone. うん、でも、きっとよくある事なんだよ。誰にも起こりうるよ。


DOUGLAS: Could have done, but actually happened to … 起こりうる、しかし現実に起きた・・・


MARTIN : … to both of us. You didn’t give the light a thump any more than I did. Anyway, it’s a good thing! It means it’s fixed now! We can still get away in time; we can still get in under budget. ・・・僕達にね。君もあのライトをたたかなかったのは僕と同じだ。とにかく、よかったよ!直ったんだから!まだ時間内に発てる;まだ予算内だし。


DOUGLAS: But …? だけどね・・・?


MARTIN: Douglas, be quiet. ダグラス、静かに。

(インターコムに)

MARTIN : All ready in the back? 準備完了、後方?


CAROLYN: All ready. 準備完了。


MARTIN : Right. Air con? よし。エアコン?


DOUGLAS : Off. オフ。


MARTIN: Anti-collision light? 衝突防止灯?


DOUGLAS: On. オン。


MARTIN: Fuel pump switches? 燃料ポンプスイッチ?


DOUGLAS: On. オン。



MARTIN : Hello, ground. Are we cleared to start number one? ハロー、地上管制。スタート1番許可されてますか?


SEÑOR QUINTANILLA : Cleared to start number one. 1番のスタート許可。


MARTIN: Starting one. 1番スタートします。


DOUGLAS: So, do I take it you had some sort of mystical awakening on your road trip? じゃ、こういうこと?あの路上で、なにか神秘的な開眼が君の身に起こった?


MARTIN: No, nothing like that. I just had cause to remember that I am not, in fact, quite as incapable as it suits certain people to make out. いや、そんなんじゃないよ。ただ思い出しただけで、僕が、実は、それほど無能力でもないと、それでどうにか切り抜けられるもんだね。


DOUGLAS: Well, if it earns us a grand each, I’m all in favour of it. Engine stable. まあ、それで1000ポンドずつ手に入るならね、賛成だな。エンジン安定。


MARTIN: Thank you. Fuel flow. ありがとう。燃料流量。

(バーーーン!  パパパパパ・・・・)

DOUGLAS: Engine malfunction, number one. エンジン機能不全、1番。


MARTIN: Shutting down number one! 発動停止、1番。


SEÑOR QUINTANILLA : What have you done? What have you done?! 何をした?!何をした?!


MARTIN: W-we don’t know! What’s happened? What did you see? わかりません。何が起きましたか?何か見えました?


SEÑOR QUINTANILLA: You have fired a missile from your plane! ミサイルを発射した!飛行機から!


MARTIN: Is anyone hurt? 誰か怪我しましたか?


SEÑOR QUINTANILLA: My BMW! My BMW is hurt! You fire your missile straight into my car! 私のBMW!BMWが怪我です!ミサイルを私の車に打ちました!


DOUGLAS: … Martin. In the course of your jog-round, did you happen to instinctively notice whether Arthur had retrieved the bottle of water from the engine exhaust? ・・・マーティン。君のジョギング見回り中に、本能的に気がついた?アーサーがエンジン排出口から水のボトルを取り除いたかどうかに。


(マーティンの悔しい声、 プラスチックの壊れる音)


DOUGLAS: Oh Martin. You’ve broken your new shades. ああ、マーティン。新しいサングラスが壊れたよ。





*スクリプトはこちらからです。ありがとうございました。



スペインのドライブ中にアーサーとマーティン(+ディエゴ)が歌っていた「One Man Went to Mow」は数を覚えるための子供の歌ですが、芝刈りする時や、田舎道を走る時の定番の歌のようで、クリスティのポアロにも出て来ます♪またサッカーチーム「チェルシー」の応援歌でもあります。これもイギリス人なら誰でも知ってる歌なのでしょうね。







1



2013/9/25  20:17

投稿者:sofiaandfreya

紅薔薇さん

そうなんです、このエピソード、意外に難しい。
いつものことながら、わかったつもりでわかってませんでした。
ちっとも!!
番組名とかキャラとかはもう外国人ってところで無理ですから
当たり前のことなんですから、
せっせとわかるとこまでわかればいいですよね。
おかげで何の役にも立たない知識ばかり増えますけど、
人生が楽しめればありがたいことです!
では、CDをお楽しみくださ〜い!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ