2013/4/28

パレーズ・エンド テレビ放送  パレーズ・エンド

クリックすると元のサイズで表示します

この日のためにWOWOW入会して見ましたよ!
ベネディクト・カンバーバッチ主演「パレーズ・エンド」←これ全部がタイトル!

クリックすると元のサイズで表示しますHBO北米版ポスター

今でこそ日本の雑誌がCumberbatchedなんて海外でも話題になっておりますが、
去年の8月下旬にイギリス放送された時、その直前の週にはクリストファーの顔が雑誌の表紙という表紙に並んだ写真を見たのを覚えております!!想像してください、あなたがキヨスクをふと見ると、各雑誌にクリストファーの顔がズラリと!イギリスのファン・ガールズはそんないい想いもしてたんだわ!

それから8か月、ついに日本のお茶の間に(WOWOWに加入していれば)。
しかもGW初日、土曜の午後に一挙放送です。これはいったい優遇されているのかいないのか。
今月見逃した方、来月再放送がありますので、今から加入しても遅くはありません。
再放送は、5/22(水)~24(金)16:00~ 全3話です。

さて今回、リアタイ鑑賞の皆さんのつぶやきでクリストファーへの愛の他に多かったのが@役者の声を聞いて意味もわかりたいから(吹替えじゃなく)ぜひ字幕放送をAノーカット版お願いします、の2点でした。

@はただそのとおりなのですが、Aはいったいどこでカットされたのでしょうね。日本放送されたのは、一挙放送とは言え、一応全体が3話に分割されたもので、北米版をもとにしています。しかし北米で放送されたものもカットシーン
があったかどうかは私もわかりません。

上のポスターや写真に書いてあるHBOとは、このドラマをBBCと共同制作した北米の会社です。パレーズ・エンドのHPもあり、とてもきれいなのでぜひ一見を!

クリックすると元のサイズで表示します会議室机にあわない!

しかし、BBC版の1時間×5話に慣れていると、なぜHBOは変な所で切って繋いで3話にしたの?!という思いを抱いたのは私だけじゃないと思います。理由はわからないけど、それでも、このHBOがなければこの高品質のテレビドラマは現実化しなかったと、脚本のトム・ストッパードも何かで(ううう、思い出せないけど)言ってました。製作を進めるにあたり、まだ無名だったベネディクトをアメリカの業界人は「ベネディクトって誰?」と言ったとは有名な話。そして日本版もHBO経由で作られたということは、文句は言えないのです。

クリックすると元のサイズで表示します

あと吹替えで見て思ったのは、カットは残念だけど、うまくわかりやすく作ったのね、ということ。ホントは100年前の英語ってこんな言い回ししたの?って台詞も、すんなり話がわかるように平坦になってた。これはもう、文化やレトリックの違いというハードルがすでにある世界を見ている人が楽しめるよう理解しやすくなってる。それ以上の脚本のニュアンスを知りたい人はもう英語をちまちま解明するしかないのですね。その作業を去年の秋頃やってブログ書いてましたので、ご興味のある方は、カテゴリーParade's Endからどうぞご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示しますクリストファーが笑顔だとほっとするね byばあや


4/29追記
hedgehogさんにご指摘いただきハッと思い出しました。
北米版は、英国版の1&2、3&4をくっつけて、1回目と2回目は2時間ずつ
そして最後は1時間、という全3回の放送だったんでした。
日本も全3話と知った時に北米版をそのままやると思い込んでしまって。
ですので変な切り方したのは日本版です。なんてこった・・・
3



2013/5/13  22:18

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

白猫さん

ありがとうございます!!
私の利用してる図書館にはそのかわいらしい名前の妖精文庫がないので、
今予約中のに入ってなかったら、区外の図書館から
取り寄せてもらおうかと考えております。
ほかの作家さんも童話なら読めそうです。

2013/5/13  18:43

投稿者:白猫

私が読んだのは図書館で借りた妖精文庫2
「黄金の川の王様」です。(凄い名前の文庫だ!)
ディケンズ、ラスキン、リア、マドックス・フォード
の4人の童話が読めます。
ワイルドやトルストイの童話・民話が大好きなので
どれも、面白かったです。

2013/5/13  0:28

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

白猫さん

お姫さまの話、お読みになったのですね!
文庫になってる版ですか?!(お値段は文庫レベルじゃないですね)
私も買おうか検討中です〜
図書館を調べたら、その文庫はなくて創元社の少年少女文学全集が
文庫本のタイトルがキーワードとなって出て来たので、
一応予約しました。空飛ぶお姫さまが収録されているかは
わかりませんので、そこに入ってなかったら文庫を買おうかしら・・・
かっこよくなかったと知ってからも、なぜか気になるフォード・マドックスです・・・


2013/5/12  19:58

投稿者:白猫

いまさらですが、「そらとぶお姫様」よみました。
面白かったですよ。
ディケンズの作品もほのぼのとして良かったです。
マドックス・フォードの作品だから不幸な終わり方?
なんて危惧したけど、ちゃんとめでたしめでたしで終わりました。
童話がお好きならお勧めします。

2013/5/4  11:22

投稿者:しましま(=sofiaandfreya)

紅薔薇さん

頑固者ストッパードの一目惚れ!
ああ、まさしく、そうですね!
「戦火の馬」では、ずいぶん顔もシャープで
まったくクリストファーとは似ても似つかぬとは思うのですが
惚れるのには理屈は要らないのですもの!

2013/5/4  11:15

投稿者:しましま(=sofiaandfreya)

hedgehogさん

The Good SoldierのDVDはジェレミー・ブレッドのファンの方に
教えてもらいました。
未開封DVDやツン読は、決してさぼっているわけでも何でもないのに
特にHedgehogさんの消化量はそれどころか特待生レベルなのに!
それでもそれなりにたまるのですね〜(苦笑)

<<原作者に激似の役者
これは、スタッフが探さないでくれて世界的にありがたかったです・・・・
い、いや、そもそも原作を書いて下さらなかったら
ドラマも生まれてないわけで、感謝しておりますとも!!!
原作者、脚本家、俳優、とそれぞれがそれぞれの才能を
使ってくださったおかげで、私達がこんなうわさ話を・・
あ、いえ、考察もできるのですね!

2013/5/3  17:05

投稿者:hedgehog

しましまさん

「The Good Soldier」のDVD、発売されてるんですね。うう、私もにわかに気になってきました(原作小説を昨年夏に「Parade's End」の予習として読んで、結構ハマっちゃったんです)。でも、買ったものの未開封のままになってるDVDが他にも結構あるからなあ……。

>いくら原作のクリストファーが2枚目ではないと言っても
あんな美女ふたりが大好きになるんだから、
それなりじゃないと〜〜  ^^;

紅薔薇さんもおっしゃっている通り、私も「それなりに」は大切かと! フォード・マドックス・フォードには悪いけど、あの内容で、原作者に激似の役者を計5時間も見続けるのは正直キツいものが…… ^^;

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2013/5/3  13:55

投稿者:紅薔薇

しましまさん

こだわりのある方がひとめ惚れ(は変かな)したなんて
嬉しいというか、「おお!」という感じです。

それと、いくら男は心で勝負とはいえ、仰るように「それなりに」は必要ですね(^^)

2013/5/3  9:08

投稿者:しましま(=sofiaandfreya)

紅薔薇さん

紅薔薇さんの、
「ストッパードさんがベネディクトに見たものは精神的なもの」
で合っていると思います。
キャスティングについて監督と「見た目よりも精神性を重視した」と
話したそうですからネ。
でもストッパードさんって大道具にもこだわりあって、壁の色、窓の位置、
カンピオン将軍のルックスなど監督がいいと思っても
自分の構想と違うとなかなかウンとは言わない人だってのに、
主役のルックスは原作と違っててもすんなり納得するって
恐るべし、ベネディクトさんの説得力・・・!!

いくら原作のクリストファーが2枚目ではないと言っても
あんな美女ふたりが大好きになるんだから、
それなりじゃないと〜〜  ^^;

2013/5/2  20:28

投稿者:紅薔薇

しましまさん、こんばんは。

今ちょっと空き時間にお邪魔して、人様へのレスに反応してしまい、思わずコメントさせていただいてます。
それは、しましまさんの『(略)だから原作小説ではクリストファーはハンサムではないのです。
でも脚本のトム・ストッパードは戦火の馬撮影中のベネディクトを見て、
クリストファーがそこにいる!と思ったということですから
ベネディクトがハンサムに見えるファンとしては複雑です!』のトコロ。
そうか、そういう事でもあるわけなのよね。私ったら、原作そのままのクリストファーが
今ここにいるではないか!とストッパードさんが思ったのは、性格的なことだけと思ってて。
というより、容貌に関しては頭に入れてなかった(入れたけどdelete←笑したのかも)です。
だから、「でしょう?ベネさんて、凄いのよぉ」などと思ってひたすら喜んでました(汗)
今、しましまさんのコメントを読んで、そういえばそうなるわよね、と気づき、
今更ながら複雑な気分(鈍いんです、私)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ