2013/2/28

0403 Vaduz  Cabin Pressure

クリックすると元のサイズで表示します

急展開に息をのむVaduz、ドラマでは英語発音で統一されていますけれど、
カナでは「ファドゥーツ」と表記するようなので、通例に従います。

スクリプトはAriane DeVereさんのブログから。Many thanks.

クリックすると元のサイズで表示します

This week, Vaduz!

HERC: Carolyn, ten minutes. キャロリン、10分だよ。

CAROLYN: Yes, all right, Herc. So, last recap: if the phone rings, answer it and take a message. If an email comes in, reply to it. If ... ええ、わかってるわ、ハーク。じゃあ、最終確認よ:電話が鳴ったら、出て伝言を聞いておいて。メールが来たら、返事して。もし・・・

DOUGLAS: Hang on. I’m taking notes. 待ってよ。メモするから。

ARTHUR: But, er, don’t worry about faxes, guys, because Mum’s put me in charge of the faxes. でも、んんー、ファックスは心配ないよ、ママが僕をファックス担当にしたから。

MARTIN: Are you sure, Carolyn? Because some people do still have fax machines. ホント、キャロリン?まだファックス持ってる人はいるんだよ。

CAROLYN : Yes. Yes, some people do. We don’t, though. And, most importantly, I will have my phone on at all times. Call me at once if anything happens at all. ええ、ええ、いるけど、うちにはないから。そして、最重要事項は、私の携帯は常に電源を入れておきます。ただちに電話してね、何かあったら。

HERC: Er, i-if I could just clarify that a little. Do not call her, no matter what happens. えー、ち、ちょっと明確にしていいかな、かけなくていいよ。何があっても。

CAROLYN: Don’t listen to him. Call me if anything goes wrong, or if we get any bookings. 聞かなくていいのよ彼の言うことは。電話して、何かあったり、予約が入ったりしたら。 

HERC: Those are just two of the circumstances under which you should not call. Other such circumstances include the following: any circumstances. それは電話すべきでない情況のうちのたった二つにすぎない。ちなみに他の情況とはつまり、どんな情況だろうともだ。

CAROLYN: Ignore him. 無視していいわ。

HERC: Ignore her. 無視しろ。

DOUGLAS: What a peaceful holiday you two are going to have. 何とも平和な休暇になりそうだね。

CAROLYN: It is not a holiday; it is a ... trip. 休暇じゃないのよ;ただの、旅行です。

HERC: It’s a holiday – the first holiday I’ve had for years. 休暇だね ー僕にとっては実に数年ぶりの。

DOUGLAS: I suppose normally you’d just wait for the next honeymoon to roll round. 普通に考えたら君達は次のハネムーンが巡り来るのを待つのかと。

ARTHUR: What? 何それ?

HERC: Douglas is wittily referring to my four marriages, Arthur, as opposed to his mere three. ダグラスはシャレて僕の4回の結婚に言及したんだよ、アーサー、彼の3回に対してね。

ARTHUR: Wow! Is that true? You two have got seven ex-wives? うあお!本当なの?君たち2人で元妻が7人?

HERC: Between us, yes ... I think. There isn’t any overlap, is there, Douglas? 合わせれば、イエス・・・のはずだ。重複がなければねえ、ダグラス?

DOUGLAS: I’d have to check my paperwork. 書類を検証しないと。

ARTHUR: Seven! That’s enough for a netball team! 7人かあ!ネットボールのチームができるよ!

HERC: What a chilling thought. 何とも恐ろしい発想だね。

DOUGLAS: Of course, if Carolyn contributes her two husbands as well, we’re well on our way to a football team. まったくだ、もしキャロリンも2人の夫達を貢献してくれたら、サッカーチームだってすぐできる。

CAROLYN: Thank you, Douglas. That will do. ありがとう、ダグラス。いい考えね。

HERC: I-I think I’d put my second wife in goal. 僕の2番目はキーパーをやらせるよ。

CAROLYN: Hercules Shipwright, did you just do a ‘My ex-wife’s so fat’ joke? ハーキュリーズ・シップライト、それは、「僕の元妻はおデブ」という冗談だったのかしら?

HERC: Certainly not! She happens to be a professional goalkeeper. とんでもない!彼女はプロのキーパーにもなるかもしれない。

CAROLYN: Really? 本当?

HERC: No. She’s huge. いや、巨体なんだ。



DOUGLAS: Your turn, I think. 君の番じゃなかったかな?

MARTIN : Hello? MJN Air. Captain Martin Crieff speaking. はい、MJN航空、マーティン・クリフです。

THERESA: Hello. I would like a quote for a booking this Friday. もしもし。今週金曜日の予約をしたいのですけど。

MARTIN: Certainly. May I take your name? かしこまりました。お名前をいただけますか?

THERESA: Yes. I am Princess Theresa of Liechtenstein. はい。リヒテンシュタイン皇女テレーザです。

MARTIN: Are you? あなたが?

THERESA: I am, yes. わたくしです、はい。

MARTIN: What a coincidence. 偶然ですね。

THERESA: In what way? 何の偶然です?

MARTIN: Oh, it’s just that I’m the Lord High Arch-duke Martin of Crieffstonia. おお、私はクリフストニア大公マーティン卿でございますから。

THERESA: Ahh! あ〜ら!

MARTIN: Now what can I do for you? ご用件は何ですかな?

THERESA: Well ... えっと・・・

MARTIN: Is it a dragon? ドラゴンですか?

THERESA: What? な〜に?

MARTIN: D’you need rescuing from a dragon? Only I know what you princesses are like. ドラゴンから助けてくれと?お姫様とはそういうもんでしょ。

DOUGLAS: Er, Martin. あ〜、マーティン?

MARTIN: Mmm?  んん?

DOUGLAS: This is nothing to do with me. この件に僕はからんでないよ。

MARTIN: No, of course not! そーだよね!

DOUGLAS: No! Really! 本当だよ!

MARTIN: E-e-e-e-excuse me; can you wait a minute? すすすすすすみません; お待ちいただけますか?

THERESA: My pleasure. It will allow me to catch my breath from all the hilarity. 喜んで。その間に一息つけるわ、随分笑わせてもらったから。

MARTIN: Seriously, Douglas – this isn’t one of your mates? 真面で、ダグラス ー君の仕業じゃないの?

DOUGLAS: Who is it? 誰だったんだ?

MARTIN: The Princess of Liechtenstein! リヒテンシュタイン公国皇女!

DOUGLAS: No. The Princess of Liechtenstein is not one of my mates. うん。リヒテンシュタイン公国皇女に知り合いはいない。

MARTIN: Right! Fine! Then you talk to her! よし!わかった!じゃ君が話してよ!

DOUGLAS: With pleasure. Hello. This is First Officer Douglas Richardson. I do apologise. We’ve been getting some hoax calls this week. Now, how can we help you? 光栄だ。もしもし。副操縦士のダグラス・リチャードソンです。お詫び申し上げます。弊社には複数のいたずら電話が今週はございまして。では、承りましょう?

THERESA: Well, I am Princess Theresa of Liechtenstein and I was hoping to charter you to fly the king and I from Vaduz to Fitton. では、私はリヒテンシュタイン皇女テレーザですが、チャーターをお願いしたかったんです。王と私をファドゥーツからフィットンまで。

DOUGLAS: But of course! To fly The King And I? Well, this is The Sound of Music to our ears! Why, not since we flew Madam Butterfly to the South Pacific have we had ...  承知しました! 王様と私、をですか? はて、サウンド・オブ・ミュージックと聞こえましたが? かしこまりました、マダム・バタフライも南太平洋にお連れしておりますので・・・

MARTIN: Douglas! It’s nothing to do with me either! ダグラス! 僕も何にも仕組んでないんだけど!

DOUGLAS: Yes it is; but I must say, answering it yourself first was a very artistic touch. ああそうかい。でもね、君が最初出たことからして極めて人為的だったぞ。

MARTIN: Look at me. It’s not me! 僕がウソ言ってるように見える?

DOUGLAS: Well, it’s not me! でも、僕でもないぞ!

THERESA: Okay! So this has been a lot of fun, but ha-have we perhaps reached the point where one of you might consider googling the words ‘Theresa’ and ‘Liechtenstein’? はーい、はい!たいへん愉快ではあるけど、きっと私達の話は的をえるわよね?あなた方どちらかが「テレーザ」と「リヒテンシュタイン」ってググってみようと考えたら。

MARTIN: Douglas, look. I’ve just ... ダグラス、ね。僕・・・

DOUGLAS: Your Royal Highness. How may we be of service? 殿下。いかがいたしましょうか?

**


CAROLYN: Yeah, of course I am, Martin. Tell Arthur to meet me at the airport. ええ、もちろんよ、マーティン。じゃあアーサーに空港でと伝えてちょうだい。

HERC: Ah, Carolyn, there you are. Now, you know you were saying what fun wind surfing looked? ああ、キャロリン、ここだったんだね。ところで、前に言ってたね、ウィンド・サーフィンは楽しそうだって。

CAROLYN: I don’t recall saying anything of the kind. そんなこと言った覚えはないわ。

HERC: Well, you were very drunk at the time. ああ、あの時はかなり酔ってたからな。

CAROLYN: I was not! そんなはずありません!

HERC: Nonetheless, you did say it, and accordingly I have booked us lessons this afternoon. そんなはずなくても、言ってたよ、だから、レッスンを午後に予約しておいたからね。

CAROLYN: Oh, that’s nice(!) Anyway, I am going to Liechtenstein. まあ、嬉しい(!)とにかく、私はリヒテンシュタインへ行くわ。

HERC: I think you might be over-reacting a little. リアクションが大げさのような気がするけど。

CAROLYN: Martin just called. He’s just had a booking from the King of Liechtenstein. 今マーティンから電話が来たの。リヒテンシュタイン王から予約が入ったのよ。

HERC: Well that’s obviously Douglas doing a funny voice. そりゃ、間違いなくダグラスの企みだろう。

CAROLYN: You would think so, yes, but apparently not. そう思えるでしょうけど、それが、違うようなの。

HERC: Well, the boys can cope. まあ、任せておけるよ。

CAROLYN: What, with a king? Of course they can’t! 王なのよ?あの子達には無理!

HERC: I didn’t realise you were in such thrall to royalty. 君が王族の奴隷とは知らなかったな。

CAROLYN: I don’t give two hoots for royalty! 王族なんて何とも思ってないわよ!

HERC: I think you give four or five hoots. 叫ぶほどのファンかと思った。

CAROLYN: I do not. 違います。

HERC: And not just any old hoots: low and reverent hoots, like an owl at a Jubilee. しかもただの叫びじゃない、牛のような恭しい叫びだよ、即位祝祭のフクロウのような。

CAROLYN: No! I’m sorry, Herc. I really have to go. やめて!申し訳ないけどハーク。やっぱり行かないと。

HERC: No! You don’t. Not on the second day of our first and only holiday in sixteen months together. だめだ!まだ2日目だよ。16か月目にして初めての休日の。

CAROLYN: Look, I told you when I agreed to come, I’d have to leave if work came up. いい、来るって賛成した時に言ったでしょ、仕事に何かあったら抜けなきゃいけないって。

HERC: And I told you I didn’t agree and wasn’t listening. そして僕はそれには賛成しかねるし聞かなかったとも言ったよ。

CAROLYN: Oh, honestly, Herc. It’s not a big deal. もう、真面目な話、ハーク、そんな大げさな。

HERC: Well, in fact, it is a bit, because it’s important to me that we spend time together ... でも、本当言うと、大げさでもない、だって大切なことは僕達が一緒に過ごすことなんだから・・・

CAROLYN: Oh, don’t. もうやめて。

HERC: ... because I love you. ・・・だって愛してるんだよ。

CAROLYN : Yes. So you keep saying. ええ。それは聞いてるわ。

HERC: I do, don’t I? 言ってるよね?

CAROLYN: Yes. Yes, and I wish you wouldn’t. It makes you sound like a Disney toy. ええ。ええ、でも言わないでもらいたいわ。ディズニーのおもちゃみたいに聞こえるもの。

HERC: Actually, Disney didn’t come up with the concept of expressing love. Other people have found it important as well. 実際には、ディズニーは愛の表現をコンセプトにはしてなかったんだよ。他の人達がそれも重要だと見いだしたんだ。

CAROLYN: Well, who? いったい誰が?

HERC: Most of humanity. 人類のほとんどが。

CAROLYN: Well, there you are, then. You know what chumps they are. あら、ほらごらんなさい。低能ばっかりだってわかるわねえ。

HERC: Who, humanity? 誰が?人類が?

CAROLYN: Yes, by and large. ええ、全般的にみた場合。

HERC: ... Well, granted. But still. ・・・まあ、認める。でもね。




ARTHUR: Okay, chaps. I’ve been, er, practising bows. Do you think, er, this one ... ... or this one? よ〜し、みんな、おじぎの練習してるんだ。あのさ、・・・・これって・・・どう?それとも・・・こうかな?

ARTHUR: That’s a slightly fancier one. 今のは、やや装飾的なやつなんだ。

DOUGLAS: Isn’t it just? What happens if you don’t catch your hat? そうだったかい? じゃあ、もし帽子をとらなかったらどうなるんだい?

ARTHUR: Yeah, I thought of that. Er, I can extend the bit at the end to include picking it up. うーん、それも考えてみた。ん〜、帽子を取った方が最後をちょっと長くできるんだよねえ。

MARTIN: Just a simple inclination of the head from the neck, Arthur – that’s enough. シンプルな首から頭への傾斜だよ、アーサー、それで充分だ。

ARTHUR: Are you sure? Doesn’t sound very king-y. それでいいの? あんまり王様っぽくないな。

MARTIN: Quite sure. I’ve been brushing up on protocol. かなりいいの。僕は礼儀には磨きをかけて来たんだ。

DOUGLAS: Of course you have. それはそうだろうね。

MARTIN: Also, never look at the king directly. さらに、王を直接見ては絶対にいけない。

DOUGLAS: Are you sure you’re not confusing him with the sun? 王と太陽を混同してないのは確かかい?

MARTIN: And don’t hold eye contact. Just-just glance up and look away. そしてアイコンタクトは続けてはいけない。一瞬見て、そして目をそらすんだ。

DOUGLAS: Even if we’re looking at him through smoked glass? 曇りグラス越しに見たとしても?

ARTHUR: Okay, I’m gonna go and practise. よし、ちょっと行って練習してくる。

DOUGLAS: So ... Martin. What sort of team would your exes make? それで・・・マーティン。君の元◯◯では何のチームを作るんだい?

MARTIN: What? No team. You know I’ve never been married. え何?チームなんかない。僕が結婚したことないのは知ってるだろ。

DOUGLAS: Mmm, but what about ex-girlfriends? ふむ、では、元彼女達では?

MARTIN: I’m not telling you that. そんなこと話さない。

DOUGLAS: Okay. オーケー。

MARTIN: That’s private. 私的事項だ。

DOUGLAS: Absolutely. Forget I asked. その通りだ。質問は忘れてくれ。

MARTIN: How-how-how-how many people in a bobsled? な、な、なななな何人だっけ、ボブスレーって?

DOUGLAS: Four. 4人。

MARTIN: Oh. あ。

DOUGLAS: There’s five in a basketball team, if that helps. バスケットは5人だよ、参考になればだが。

MARTIN: It doesn’t. いやいいんだ。

DOUGLAS: Ah. I don’t think there’s anything with three. ああ。3人ってのはないと思うなあ。

MARTIN: No ... ... there wouldn’t be. そうか・・・・ないだろな・・・・

DOUGLAS: Hang on; I’ll look it up. 待てよ、調べてみる。

MARTIN: There’s really no need. そんなこともういいよ。

DOUGLAS: Pétanque! ペタンク!

MARTIN: What? なに?

DOUGLAS: There’s three players in a pétanque team! You know, boules – like old Frenchmen play. ペタンクのチームは3人だ!ブールだよ ー フランスの老人がやるやつ。

MARTIN : Go on, then. どうぞ、じゃ。

DOUGLAS: What? 何を?

MARTIN: Well, I know you only asked me so I would ask you. What sort of a team would your ex-girlfriends be? 君が僕に聞いてきただけなんだから、今度は僕が聞いてる。君の元彼女チームは何になるの?

DOUGLAS: Hmmm. Well, you know the start of the London Marathon ...? ふーむ。えっと、あのさ、ロンドン・マラソンのスタートってわかる・・・?

MARTIN: Yes, all right! もういいよ!



DOUGLAS: Shut-down checks complete; and fuel remaining is ... one thousand six hundred litres. シャットダウン確認完了、燃料残量は・・・・1600ℓ。

MARTIN: One thousand six hundred. Got it. Right. Let’s go – quick, quick, quick. 1600。了解。では行こう ー 早く、早く、早く。

DOUGLAS: We’re still early. まだ早いよ。

MARTIN: Yes, but we could be earlier. うん。でも早くてもいいじゃないか。

OTTO : Er, hello? えー、ハロー?

OTTO: Hi. I am Otto. ハイ。わたしはオットーです。

MARTIN: Hello. ハロー。

OTTO: I am your ground handling agent today. Er, we hope ... わたくしは、あなたの本日の地上業務代理人です。えー、・・・・

MARTIN : Yes, good-good-good. We’d like to take off at five. はい、いいですね。5時に離陸したいんですが。

OTTO: Ja, sure, sure. In the meantime, d’you want cleaning services? ハイわかりました。それまで、清掃サービスほしいですか?

MARTIN: Er, no thank you. We take care of that ourselves. いえ、結構です。自分達でやりますから。

OTTO: Okay, yeah, sure. So, catering services? オーケー、ハイわかりました。ケータリング・サービスは?

MARTIN: No, we do that too. Okay, thanks ... いえ、それも大丈夫です。オーケー、どうも・・・

OTTO: Check-in desks? チェックイン・カウンターは?

MARTIN: No, again, we ... それもいいんです、うちは・・・

OTTO: ... you do it yourselves, sure, yeah. How about ...? ・・・じぶんでやりますか、わかりました、ハイ。では・・・・?

MARTIN: No, I’m sorry. We really have to go. We are actually, as it happens, collecting the King of Liechtenstein, so anything else, just-just assume we do it ourselves. いえ、すみません。もう行かなきゃならないんで。実に、これからリヒテンシュタイン王を迎えに行くことになってるんで、他の何もかも、こちらでやるのをご承知ください。

OTTO: Fuel. 燃料。

MARTIN: Oh. ああ。

OTTO: You have a little portable refinery up there in the tail, maybe? 小型ポータブル製油所を尾翼に備えていらっしゃる、とか?

OTTO: Or will His Majesty be bringing a couple of barrels of his own brew? それか、国王陛下は自家醸造酒も樽で積み込まれるとか?

MARTIN: Okay, sorry, yes, we want refuelling. We’ll need three thousand litres. オーケー、すまない、はい、燃料補給はたのみます。3000ℓ必要になる。

OTTO: Okey-dokey. オッキドッキ。



ARTHUR: Shall I offer to take his crown, or will he want to keep it on for the flight? 僕、王冠預かってあげた方がいいかな、それとも王様はフライト中も冠っていたいのかな?

DOUGLAS: Just a minute, Arthur. Martin ... ちょっと待って、アーサー。マーティン・・・

MARTIN: Hmm? んーー?

DOUGLAS: What are you doing? 何してるんだ?

MARTIN: I know you’re going to laugh. 君が笑うのはわかってるんだ。

DOUGLAS: Are you putting on ...? それ、付けてるのは・・・?

MARTIN: It is correct protocol to wear one’s decorations when greeting a foreign head of state. 胸に勲章を付けるのが正式な礼儀なんだ、外国の君主に挨拶をする時には。

DOUGLAS: Medals?! When did you get medals?! メダル?いつメダルなんてもらったんだい? 

MARTIN: During the ten years I was a ... member of the Air Cadets. 10年間僕は・・・空軍訓練学校のメンバーだった。

DOUGLAS: I see. What’s this one? なるほど。それでこれは?

MARTIN: That’s my Cadet Forces Medal. 僕の空軍幼年部隊メダル。

DOUGLAS: For ...? なんでもらったの・・・?

MARTIN: Being in the Air Cadets. 空軍幼年隊に在籍したから。

DOUGLAS: Impressive stuff! And the other one? それは印象的な!でそっちのは?

MARTIN : Doesn’t matter. なんでもない。

DOUGLAS: It does matter. そんなことない。

MARTIN: You’ll only make fun of it. 笑いものにするだけだろ。

DOUGLAS: Martin, let us be perfectly clear: the good ship Douglas Making Fun of Martin’s Medals set sail the moment you took the decision to put on some medals. The voyage is now well underway, and I can only suggest you relax and enjoy it. What’s the other one? マーティン、はっきりしておこう;良き船は、ダグラスがマーティンのメダルを笑ううちに出航した。君がメダルを着用しようと決意したその瞬間に。現在航海は順調に進行中、提言しえるのはただ、緊張を解き享受せよということのみ。そっちのは何だい?

MARTIN: ... It’s ... my Millennium Star. ・・・これは・・・僕のミレニアム・スターだよ。

DOUGLAS: Is it?! And that’s awarded for ...? そうか?!それは何の賞を・・・・?

MARTIN: I think you know what it’s for. わかってるだろ。

DOUGLAS: I have a wild hope, certainly, but surely it’s too good to be true. すごい期待で確かにドキドキしてる、でもそれじゃあ上等すぎて本当のわけがないと思うんだ。

MARTIN: It was awarded – by the Queen – to all serving members of the Armed Forces and Cadet Corps ... to commemorate the new millennium. これは、授与されたんだ ー 女王様から ー 軍隊と訓練団員全員に・・・新ミレニアム記念に。

DOUGLAS : It is! You’re going to meet the King of Liechtenstein wearing a medal you got for being alive in the year two thousand! そうか! 君はリヒテンシュタイン王に会いに行く。西暦2000年に生存したがため獲得したメダルをつけて!

ARTHUR: I wish I’d known. I could have got that one. 僕も知ってたらなあ。僕ももらえたのにな。





*2 に続きます







1



2013/3/4  15:59

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

@うららさん

このエピソードは、やはり「お姫様登場」で特別な思い入れがあるので、
始めたらのめり込んでやってしまいました!

シリーズ4ではこのエピソード3でマーティンに春の兆しが見えてワクワク、
でも期待して聞いたエピソード4は、ママの入院で、肩すかし。
マーティンの家族のことがわかってそれはそれですごく好きだったけど
「お姫様はどうなったの?」という思いが残り、
エピソード5の最後にまた、マーティンとお姫様のその後がチョッピリあって
・・・・となかなかジェットコースターなみにスリリングな展開ですよね〜

このエピ好きな気持ちが、和訳だけではまだ言い足りなくて、
また訳とは別に何か書こうと思ってます。
うららさんの感想もぜひ聞かせてくださいね!

2013/3/4  15:49

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

@hedgehogさん

は〜い!!胸キュンです!!!
しかもラストの1分での急展開ったら!!!
キャロリンとハークはホリディで真剣な話してるし、
いつからMJNはハーレクイン・ロマンスに?!?!

ええ・・・ロンドンマラソンどころか、つい最近ニュースで見た
香港マラソンでさえもダグラスを思い出してしまって困りました。
しかも走者が、ダグラスめがけて争う女性達、というダグラスの妄想が
すっかり私の脳内で映像化されちゃってますよ・・・(あまり嬉しくない)

2013/3/3  20:58

投稿者:うらら

しましまさん、こんにちは!
わぁ、もうファドゥーツに取り掛かってらっしゃる。
ありがとうございます!!

マーティンの恋のお相手が王女様だなんて、本当に夢のあるお話ですよね。
もうこのシリーズは聴けば聴くほど味があってたまりませんわ。

もしかしてMJNの皆は実在するじゃないのか?なんてバカなことを考えるほどですよ(笑)

2013/3/3  0:07

投稿者:hedgehog

しましまさん

ファドゥーツ、来た〜〜〜! これはほんとに胸キュンなエピソードですよね。特にラストのお姫様とマーティンの会話、楽しみにしています♡

しかし、このエピのせいで今後はロンドン・マラソンのスタートを雑念なしに観ることができなくなってしまったではないか……ったく、ダグラスってば余計なことをw

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ