2013/2/26

0405 Xinzhou 2  Cabin Pressure

では、後半です!!
クリックすると元のサイズで表示しますいまココ

DOUGLAS: All right, here's a game. わかった、じゃゲームだね。

MARTIN: No, no seriously, Douglas - I will not let us fly if we don't get some sleep. いや、だめだよ、ほんとに、ダグラスー 飛ばせられない、睡眠とらないと。

DOUGLAS: This will help us sleep, take our mind [sic] off the discomfort, and the hunger, and the delicious aroma of mysterious bacon. 眠くなるからやるんだ、意識をそらすんだよ、不安、餓え、そしてあのミステリアスなベーコンの極上の芳香から。

MARTIN: All right, all right! All right. What game?  わかった、わかった、わかったよ。で何やる?

DOUGLAS: Question and answer, film double bills. 問題と答え、二本立て。

MARTIN: What'd'you mean? 何それ?

DOUGLAS: Who Framed Roger Rabbit? Gandhi. ロジャー・ラビットに濡れ衣きせたのは誰?ガンジー。(Who Framed Roger Rabbitは「ロジャー・ラビット」の原題)

MARTIN: OK. Uhh...uhh...hang on, hang on... オーケー。う・・う・・待って、待ってよ・・

DOUGLAS: Whatever Happened to Baby Jane? Fight Club. 何がジェーンに起こったか?ファイト・クラブ。

MARTIN: Oh, you always - you always - you always do this; you always - you always save up loads before you announce what the game is. えー、いつも、君いつもこうだ。いつも、いっつも自分でネタ貯めといてからゲームを説明するんじゃないか。

DOUGLAS: I do no such thing. 僕はそんなことしないよ。

CAROLYN: O Brother, Where Art Thou? Notting Hill.  オー、ブラザー、なんじは何処? ノッティング・ヒル。(O Brother, Where Art Thouはオー・ブラザーの原題でart thouは古英語=are youの意、Notting Hillはノッティングヒルの恋人の原題)

DOUGLAS: Oh, hello; I thought you were asleep. おう、これは。眠ってると思った。

CAROLYN: I am asleep. 眠ってるわよ。

MARTIN: OK, OK, OK. How Green Was My Valley? オーケー、オケオケ、わが谷はいかに緑なりき?

DOUGLAS: Yes? はい?

MARTIN: Seven. セブン。

DOUGLAS: Seven? Your valley was 'seven' green? セブン? 君が谷はセブン緑?

MARTIN: Yes. Out of ten. I think the scale is implicit... そう。10中7。基準は暗黙の了解だと思う・・・

DOUGLAS: Fair enough, OK. Who Shot Liber- まあいいだろう。次。リバティー

MARTIN: I don't think this is the sort of game that makes you sleepy. ね、こんなゲームじゃ眠くならないんじゃないかな。

DOUGLAS: All right; you suggest one, then. わかった。じゃあ、何かいいのある?

MARTIN: All right. How about Fizz Buzz? いいよ。フィズバズはどう?

ARTHUR: Brilliant! ブリリアント!

MARTIN: Oh, do you know Fizz Buzz? お、フィズバズ知ってる?

ARTHUR: No, but I love the name. ううん、でも大好き。

MARTIN: Well, well. You count 'round the circle, but for any number that's a multiple of three, you say 'fizz', and any number that's a multiple of five, you say 'buzz'. え、あー。順番に数えるんだけどね、3の倍数のとき「フィズ」って言って、5の倍数のときは「バズ」って言うの。


ARTHUR: It's more mathsy than the name makes it sound. 名前の感じよりも数学的だな。

MARTIN: So, i-it's quite, sort of, hypnotic. Let's just try one. だから、けっこう、きっと、眠りを誘うよ。やってみようよ。

DOUGLAS: All right. One. 行くよ。1。

MARTIN: Two. 2。

ARTHUR: Three. 3。


DOUGLAS: Well, that was unexpected. ふむ、これは想定外。

MARTIN: No, Arthur, umm, any multiple of three you say 'Fizz'. 違うんだ、アーサー、うーん、3の倍数で「フィズ」って言って。

ARTHUR: I know, but...three isn't a multiple of three. It's just three. わかってるけど、3は3の倍数じゃない。ただの3だもの。

MARTIN: It's one, three. One time...look, just trust me, OK? 3の1倍だよ。1かける・・・まあ、信じてよ、いい?

ARTHUR: OK. オーケー。

DOUGLAS: One. 1。

MARTIN: Two. 2。

ARTHUR: Fizz. フィズ。

CAROLYN: Four. 4。

MARTIN: Buzz. バズ。

DOUGLAS: Fizz.

ARTHUR: Five. No... 5。違った・・・

MARTIN: Listen... 聞いて・・

CAROLYN: Martin, speaking as the woman who spent what felt like most of the 1980s trying to teach Arthur fractions, I suggest you give in gracefully. マーティン、1980年代のほとんどをアーサーに分数を教えようとして過ごした気がする女性として言うわ、優雅に負けを認めなさい。

MARTIN: Fine. そうか。

ARTHUR: No, no, Skip, it's a good game...it's just a bit...overcomplicated. I know, how about, it's - instead of odd numbers, you say 'fizz', and instead of even numbers, you say 'buzz'. いや、違うよ、スキップ、これいいゲームだけど、ただ、ちょっと・・・複雑すぎるだけ。わかった、じゃこうしよ、奇数の代りに「フィズ」、偶数の代りに「バズ」って言うの。

MARTIN: Arthur, that - that would just be... アーサー、そしたら、それ・・・

DOUGLAS: That does sound quite soporific, though. Fizz. それはかなり催眠効果がありそうだぞ。フィズ。

MARTIN: Buzz. バズ。

ARTHUR: One, two. Fizz. 1、2。フィズ。

CAROLYN: Buzz.バズ。

MARTIN: Fizz. フィズ。

DOUGLAS, : Buzz. バズ。

ARTHUR: One, two, three, four, five, six. Fizz. 1、2、3、4、5、6。フィズ。

CAROLYN, quietly: Buzz. バズ。

DOUGLAS, very quietly: Fizz. フィズ。

GERTI: ビーーー、ビーーーーーっ。

ARTHUR: Wow! うぉう!

GERTI: ビーーーーっ。

ARTHUR: GERTI's playing! ガーティーも参加してる!

MARTIN: What - what's happening? どうしたんだろう?

DOUGLAS: Is that the APU warning? APUの警報かな?

MARTIN: Uh, uh, uh, uh, I'll go and see. あ、あ、あ〜、僕見て来る。

ARTHUR: OW! あう!

MARTIN: Sorry, Arthur! ごめん、アーサー!

DOUGLAS: I'll come too. 僕も行くよ。

ARTHUR: Ahh! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am - あー!僕ここ踏まないで!僕ここ踏まないで!僕ここ踏まないで!僕ー


MARTIN: Yes, it's the APU! やっぱりAPUだった!

DOUGLAS: Oh, what's up with it now? Isn't it enough we're babysitting the damn' thing? ああ、今度はどうしたって?あれの子守りは充分してるじゃないか?

MARTIN: Well, it says - uh - it's overheating. それが、加熱オーバーだって。

DOUGLAS: Of course it is. Dear old GERTI, cover her in snow and she gets a hot flush. そりゃそうだ。かわいいガーティーもお年、雪化粧してあげて、更年期熱感です。

MARTIN: Ohhh - cover her in snow. If the snow is blowing horizontally, uh - which it is - it might be blocking up the inlet. ううう ー ガーティーに積雪。もし雪が水平に吹いて来ると、ああ、エンジン空気口を塞ぐかもしれない。



MARTIN:Ah. OK, ready. あー、準備オーケー。

ARTHUR: Good luck, Skip! 頑張ってね、スキップ!

MARTIN: Thanks. ありがと。

ARTHUR: What's he gonna do? どうするのかな?

DOUGLAS: The captain is a man of immense mechanical aptitude, and it is accordingly his plan to fine-tune the running of the AP unit by finding a hole at the back of the plane, and waggling a stick in it. 機長は素晴らしい機械的適性の持ち主で、それ故、彼のAPユニットを最効率作動させるプランとは、機体後部に風穴を発見し、棒をその中で振り回すというものである。

ARTHUR: Will that work? うまくいくかな?

DOUGLAS: Oh, yes. きっとね。


***


MARTIN: Done it! やったよ!

ARTHUR: Well done, Skip! おつかれ、スキップ!

MARTIN: Ooh! Give me a hand with my coat, Arthur. But it - it's gathering up in there pretty fast. I - I tried rigging up a sort of cover for it, but there's nothing to fix it to so it just keeps blowing off. ふほ!コート持ってくれる、アーサー。だけど、すごい勢いで溜まってるよ。カバーか何か出来ないかとやってみたんだけど、飛ばされないように固定できるものなくて。

CAROLYN: Ooh. It's that bacon smell again. It must be you, Martin. It was fine until you took your coat off. おお。またあのベーコンの臭いだわ。あなたよ、マーティン。何でもなかったのよ、あなたがコート脱ぐまでは。

MARTIN: I do not smell of bacon. 僕はベーコン臭くない。

ARTHUR: Ooh, you do a bit, Skip. あああ、ちょっと臭いよ、スキップ。

DOUGLAS: I still can't smell anything. Perhaps it's one of those shared delusions. 僕にはやっぱり何にも臭わないけど。錯覚の共有の一種じゃなかろうか。

MARTIN: Hang on, hang on, hang on - it is me! It's my shirt! My shirt smells of fried bacon! 待って、待て、待て ー 僕だよ!僕のシャツ!僕のシャツがベーコン焼いた臭いなんだ!

ARTHUR: Oh, yeah! Wow, that's brilliant! You could market those! やったね!わぉ、ブリリアントだね!売れるんじゃない!

CAROLYN: Yes, I - I really don't think he could. ええ、い、いえそれは無理かもしれないけど。

ARTHUR: I'd buy one. 僕なら買うよ。

MARTIN: How can my shirt smell of bacon? どうして僕のシャツがベーコンの臭いするんだ?

CAROLYN: Have you changed your detergent recently? 最近洗剤変えた?

MARTIN: Not to bacon! ベーコンにはしてないよ!

ARTHUR: Have you rubbed any bacon on your shirt? ベーコンをゴシゴシとシャツにつけてない?

MARTIN: No! I haven't been near any bacon! してない!僕はベーコンに近づいてもいない!

CAROLYN: Douglas, you're very quiet. ダグラス、あなたいやに静かね。

DOUGLAS: Yes, well, I have nothing to say. It's baffling, I'm baffled. ええ、その、言うこともなくてね。不可解だよね。当惑してるんだ。

MARTIN: It's you, isn't it?! You made my shirt all - bacony. 君だな、だろ!?僕のシャツをベーコンっぽくしたの。

DOUGLAS: I assure you, I haven't touched your shirt. Scout's honour. 保証してもいい、僕は君のシャツに触ってない。誓って言う。

CAROLYN: All right! Enough of this; it's one o'clock; you've got six hours left to get five hours' sleep, so get cracking. さあて、この話はこれくらいにして。1時だわ。5時間睡眠にあと6時間の猶予よ。寝ましょ。

DOUGLAS: Have you ever thought of recording a relaxation tape? かつてリラックス用テープを録音しようと考えたことなんてある?


ARTHUR: Ooh! Can we play more Fizz Buzz? おお!またフィズバズやらない?

CAROLYN: No, we cannot! Ready - lights out! だめ、できません!いい、消灯です!

ARTHUR: Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am - 僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ー

MARTIN: I have to say, Carolyn, it - it - it did seem to work, last time. 聞いてよ、キャロリン、あ、あ、あれ、効いたよね、さっきは。

CAROLYN: It's moronic. It's just 'fizz' and 'buzz'. Arthur! You're safe! あんな低能ゲーム。ただフィズとバズだけ。アーサー!誰も踏まないわよ!

ARTHUR: OK. But we can make it more complicated. Like, I know! Instead of the, um, numbers thing, it's, um, if someone says 'fizz', you have to say 'buzz.' オーケー。でも、もっと複雑にもできるよ。例えば、そうだ!数字の代りに、えっと、うん、もし誰かが「フィズ」って言ったら次の人は「バズ」って言わなきゃいけない。

DOUGLAS: That's you, making it more complicated. さすが君だ。さらに複雑だね。

ARTHUR: Let's just try it! じゃやってみようよ!

DOUGLAS: All right, fizz! いいよ、フィズ!

ARTHUR: Buzz! バズ!

DOUGLAS: It's quite a short game, isn't it? 随分と、短いゲームだよね?

ARTHUR: Yeah, OK, might need another rule. Um, how about if - if someone says 'buzz', you have to say something? うん、オーケー、別のルールもいるかも。んん、じゃあ、誰か「バズ」って言ったら、次の人は何か言わなくちゃいけないの?


MARTIN: Like what? どんなものを?

ARTHUR: Uhh - 'Have a banana!' あああ、「バナナ持って!」

CAROLYN: No, something sensible. やだわ、もっと何か気がきいたものにして。

DOUGLAS: Yes! Heaven forfend the game should be contaminated by silliness... そう!願わくば、ゲームが愚かさにより汚染されませんことを・・・・

ARTHUR: Uhh - I can't think of anything else. あー、もう他に考えられないなあ。

CAROLYN: Well, I'm not saying 'Have a banana.' とにかく、私は「バナナ持って」は言わないわよ。

ARTHUR: It's not 'Have a banana,' it's 'Have a banana!', like the song. 「バナナ持って」じゃないんだよ、「バナナ持って!」って歌みたいに。

CAROLYN: What song? 何の歌?

ARTHUR: The 'Have a banana!' song. I don't really know it, except for one bit. 「バナナ持って!」の歌。よく知らないんだけどさ、そこのちょっとしか。

DOUGLAS: 'Let's all, go down the Strand -' 「諸君、ストランドに繰り出そう」

ARTHUR: Y' all right, Douglas? 大丈夫、ダグラス?

DOUGLAS: That's the song! That's where you say, 'Have a banana!' その歌だよ!その歌に「バナナ持って!」が出て来るんだ。

ARTHUR: Well, you didn't say 'buzz'. ねえ、「バズ」って言ってないよ。

DOUGLAS: You just - you just made that up! それ、たった今勝手に作ったろ!

ARTHUR: Well, I mean, the whole thing's made up, Douglas; it's not like it's the law. えと、つまり、ぜーんぶ作ってあるんだから、ダグラス、法律ってわけじゃないから。

DOUGLAS: Fine. 'Let's all, go down the Strand -' Buzz. いいだろう。「諸君、ストランドに繰り出そう」ーバズ。

ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」


MARTIN: Can I - can I just clarify the rules? ねえ、ルール確認していい?

DOUGLAS: Oh, goody. いいとも。

MARTIN: If someone says 'fizz' - 誰かが「フィズ」って言ったら、

ARTHUR: Buzz. バズ。

MARTIN: - you have to say 'buzz' - バズって言うんだ。

ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

MARTIN: - and if anyone says 'buzz' - そして「バズ」って言ったら、

ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

MARTIN: - you say 'Have a banana!' 「バナナ持って!」って言うんだ。

ARTHUR: Right! Yeah! So I'll start - fizz! そう!イエイ!じゃ僕からだよ、フィズ!

MARTIN: Buzz! バズ!

DOUGLAS: Carolyn, care to do the honours? キャロリン、義務を果たしたくない?

CAROLYN: No; I'm not saying it. いいえ、それは言わないわよ。

ARTHUR: Go on, Mum, try it; it's really fun to say! 言ってよ、ママ、やればおもしろいよ!

CAROLYN: No! いやです!

DOUGLAS: Fine. 'Have a banana!' では、「バナナ持って!」


DOUGLAS: Still not a long one... まだ長さが足りないな・・・・




MARTIN: Well, what about if there was some sort of external cue - like, um...well, someone says your name? You have to say 'fizz'. ね、じゃさ、もし外部指示みたいなものもあったらどう?ーうーん、誰かに名前を言われたら、とか? フィズって言わなきゃならないんだよ。

ARTHUR: Oh, that's brilliant, Skip! おぉ、それブリリアントだね、スキップ!

MARTIN: Fizz! フィズ!

DOUGLAS: Buzz! バズ!

ARTHUR: 'Have a banana!' It worked! Skip, you're a genius! 「バナナ持って!」うまい!スキップ、天才だね!

MARTIN: Fizz! フィズ!

DOUGLAS: Buzz! バズ!

ARTHUR: 'Have a banana!' Now, how did you think of it, Skip?! 「バナナ持って!」ねえ、どうこれ、スキップ?

CAROLYN: Arthur, will you stop saying Skip?! アーサー、スキップ言うのやめてくれない?

MARTIN: Fizz! フィズ!

DOUGLAS: Buzz! バズ!

MARTIN, DOUGLAS, and ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

CAROLYN: Stop it! Stop, stop, stop, all of you! やめて!やめ、やめ、やめ、全員!

ARTHUR: Sorry, Mum. ごめん、ママ。

CAROLYN: Ah - ah - ah. あー、あ、あ。

ARTHUR: Sorry! 

CAROLYN: All right, enough! Two of us have to sleep, and all of us need to, so - no more games, no more chat. We're just going to lie here, quietly, until we drift off gently to sleep. わかった、もうたくさん! ふたりは寝なくちゃいけない、そしてみんなもそうよー もうゲームはなし、おしゃべりもなし。ここにただ横になるの、静かに、穏やかに眠りにつくまで。



GERTI: ビーーーっ!

MARTIN, DOUGLAS, and ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

CAROLYN: Oh! ちょっと!



GERTI: ビーーーーーっ!



MARTIN : It's your turn, Douglas. 君の番、ダグラス。

DOUGLAS: It can't be my turn again. また僕の番のわけない。



ARTHUR: I haven't had a turn. Can I go? 僕の番まだだよ。行ってもいい?

DOUGLAS: I don't see why not. Follow our footprints in the snow, and it's the hole below the tail about the size of a jam jar. Clear the snow out and come back. いけない理由もないね。僕達がつけた雪の足跡をたどって行けば、尾翼の下にジャムの瓶くらいの穴がある。そこの雪を出して来てくれたらいい。

ARTHUR: Right-o. Brilliant. Here I am, don't tread on me. Here I am, don't tread on me.... わかった。ブリリアント。僕ここ、踏まないで。僕ここ、踏まないで・・・

CAROLYN: It's you moving! 歩いてるのは自分でしょ!

ARTHUR: Oh, yeah. OK, back soon!  あ〜そうだ。じゃ行って来る!

CAROLYN: Turn the light back off after you! 電気消して行ってね!

ARTHUR: OK! オーケー!



CAROLYN: So is it just going to keep doing this every twenty minutes? それじゃこれをずっと20分おきにやるの?

MARTIN: Or as long it keeps snowing, yes. 雪が降ってる間はね、そう。

CAROLYN: Well, can't you do something, Douglas? でも、他に方法はないの、ダグラス?

DOUGLAS: Such as what? どんな?

CAROLYN: I don't know; one of those...things you do. Can't you make some sort of...cover for it? わからないけど、いつも・・・あなたがやってることよ。やってるじゃない・・・?コッソリとうまく。

DOUGLAS: Well, we can't block it while it's in use. That's the whole point, and it's just a hole five foot, up in the side of the plane; there's nothing to hang a cover on. ただ、あれは使ってるときは塞いじゃいけない。それだけのことなんだけど、1.5mの空洞で、機体の側部まで空いてる、覆っておけるものがないんだ。


CAROLYN: Who Is Afraid of Virginia Woolf? Spiderman. バージニアウルフなんか恐くない人いる?スパイダーマン。

DOUGLAS: Uh! おお!

MARTIN: I - am - so - HUNGRY! 腹 ー ペコ ー だ!

DOUGLAS: There's still my jar of baby food, if you want it. 僕のベビーフードまだあるけど、よかったら。

MARTIN: You're sure you're not hungry? 君ホントに腹減ってないの?

DOUGLAS: No, I had something at the hotel. んん、ホテルで食べたから。

MARTIN: Did you? Well, no one else did. We were all complaining there was no food. 食べた? 誰も食べてないんだぞ。僕達みんな食べるものがないって文句言ってたんだぞ。

DOUGLAS: Yes, well, I rustled something up. うん、まあ、僕はなんとかなったんだ。

MARTIN: Did you really? And could that possibly have anything with why my shirt smells of bacon? そうかい? それって、もしかして、僕のシャツがベーコンの臭いすることと関係あるのかな?

DOUGLAS: How could it possibly have anything to do with that. どうしたらそんなことが起こりえるんだい?

MARTIN: I don't know. But somehow... 知らないけど、でも、どうにかして・・・・

DOUGLAS: What's Eating Gilbert Grape? Twelve Monkeys. ギルバート・グレイプを食べたのは? 12マンキーズ。

MARTIN: Uh... Would you really let Herc go to Zurich, Carolyn? んー・・・ハークを本当にチューリヒに行かせちゃうの、キャロリン?

CAROLYN: It's not a question of letting him; he's a grown man. させるかどうかという問題ではないの。彼は大人ですから。

MARTIN: Well, but would he stay if you asked him to? だけどさ、彼は残るかな、もし頼んだら?

CAROLYN: So I have been led to believe. そう信じるよう仕向けられていたの。

MARTIN: So it is a question of letting him. それじゃ、彼をさせるかどうかの問題だよ。

CAROLYN: Go to sleep. 寝なさい。


DOUGLAS: What about you, Martin? If Swiss Airways took you, you'd have to live in Zurich, too. そうれはそうと君の方は? もしスイス航空に採用されたら、君もチューリヒに住むんだよ。

MARTIN: Oh, I thought I wasn't going to apply, I thought they were too good for me. おー、僕は応募するつもりなかったよ ー 僕には良すぎる会社だと思って。

DOUGLAS: Oh, I - I didn't say that. おお、そんなこと言ってないよ。

MARTIN: No, you just thought it really loudly. うん、ただ君、大声でそう思ってたじゃないか。

DOUGLAS: But would you? Move to Switzerland? でもいいのかい?スイスに行っても?

MARTIN: If someone would let me fly airliners, I'd live anywhere they wanted me to. I -  How far is Zurich from Vaduz? もし定期旅客機に乗れるなら、どこでも言われた所に住むよ。僕ー チューリヒってファドゥーツからどれくらい?

CAROLYN: Oh, about fifty miles or so, I think. Why? ああ、だいたい50マイルくらいじゃない。どうしたの?

DOUGLAS: Oh, I see. Duxford went well, did it? ふふん、そういうこと。ダクスフォードがうまく行ったんだ?

CAROLYN: What's Duxford? ダクスフォードがどうかしたの?

DOUGLAS: Duxford Air Museum is where Martin recently escorted a charming young woman from Liechtenstein. And when I say 'from', I mean 'the princess of.' ダクスフォード航空博物館とは、マーティンがこの前リヒテンシュタインからの魅力的な若い女性をエスコートした場所です。そして私の言う「からの」とは「プリンセスの」を意味しています。

CAROLYN: That - snotty woman we flew? あの ー この前乗せた傲慢な女?

MARTIN: Um, she's - nicer when you get to know her. んん、彼女は、よく知るとそうでもないよ。

DOUGLAS: So? How did it go? それで?首尾よく?

MARTIN: How did what go? 何の首尾さ?

DOUGLAS: Duxford! How was it? ダクスフォード! どうだった?

MARTIN: It was excellent, as always. とても良かったよ、いつも通り。

DOUGLAS: Learn anything new? 何か新しいことは?

MARTIN: Well, no, it's really aimed at the layperson rather than the professional pilot - うーん、別に、あそこはもともと一般の人用で、プロのパイロットにはー

DOUGLAS: I didn't mean about aviation! 航空学のことじゃない!

MARTIN: Douglas! ダグラス!

DOUGLAS: Well, keep your hair on, I'm not asking for the gory details. But did you get on? まあ、落ち着くんだ、何もおぞましい詳細を聞こうとはしてないんだから。だけど、うまく行った?

MARTIN: Yes, we did. She was nice. It was a nice day. It was - nice to be with her, she was - very nice. うん、行ったよ。彼女はいい人だった。いい日だったし。一緒にいるのは良かった、彼女はすごく、いい人なんだ。

DOUGLAS: Ah, love. It brings out the poet in us all. あああ、愛。それは誰をも詩人にする。

MARTIN: I'm not in love. 恋愛じゃないよ。

CAROLYN: So - are you seeing her again? それでー また会うの?

MARTIN: Might be, next week? たぶん、来週かな?

DOUGLAS: Ooh, the difficult second date! おおう、難題の2度目のデート!

MARTIN: Yes, well, third, actually. うん、いや、3度目なんだ、実は。

DOUGLAS: Oh, really? When was the second? そうですか? で2度目はいつだったの? 

MARTIN: Well, you know when we had that day off in Delhi? She happened to be in Agra. えっと、ほらデリーで休みがとれた時、彼女がたまたまアーグラにいたんだ。

DOUGLAS: Really? What for? 本当に?何でまた?

MARTIN: The - um - King of Sweden's birthday in the grounds of the Taj Mahal, so we - went to that.
ん、コホ、スウェーデン国王の誕生会がタージ・マハル敷地内であって、それでー行った。

DOUGLAS: I see. You took her to Duxford Air Museum, she took you to a private party at the Taj Mahal. Where were you going next week? そうか。君は彼女をダクスフォード航空博物館へ、彼女は君をタージ・マハルのプライベート・パーティーへ。それで来週はどこへ?

MARTIN: Croydon Airport Visitors' Centre. クロイドン航空ビジター・センター

DOUGLAS: You spoil that girl. 君はあの子をを失うぞ。

MARTIN: It was her idea! でも彼女から言いだしたんだよ!

DOUGLAS: Well, you must certainly apply to S.A., then. それなら、間違いない、スイス航空を受けるべきじゃないか。

MARTIN: Really? 本当に?

DOUGLAS: Absolutely! Major airline recruiting just down the road from your girlfriend... 絶対だ!メジャー航空会社が募集しているのは彼女の家のすぐそばという・・・

MARTIN: She's not my girlfriend. 彼女じゃないよ。

DOUGLAS: Too good a chance to miss. Even if you don't get in, the interview will be good practice, and if you do, you might even get to fly with someone who... doesn't pinch your travel iron out of your flight bag to fry himself a bacon butty. 見逃すには惜しすぎるチャンスじゃないか。たとえ受からなくたって、面接はいい練習になるし、もしも受かれば、君の隣に座るのは誰か・・・君の旅行アイロンを君のカバンからつまみ出してベーコン・サンドを作らない人かも知れないぞ。

MARTIN: I knew it was you! やっぱり君だったんだな!

DOUGLAS: Sorry. I didn't know you were going to use it. すまん。まさかあれを君が使うとは。

CAROLYN: You know - Arthur's been gone a very long time. ねえー アーサーがしばらく帰って来ないんだけど。

DOUGLAS: Yes, he has, rather. うん、随分かかるな。

MARTIN: Lord, he's probably still searching for the inlet. I'll go and get him. まったく、きっとまだ空気孔を探してるんだ。行って見つけてくる。



MARTIN: Guys? There's - there's someone outside by the tail. ね、みんな?誰か尾翼のところにいるよ。

DOUGLAS: Well, that'll be Arthur. きっとそれがアーサーだ。

MARTIN: No, no, no - much taller. I think he's - I think he's inspecting the plane! いや、違う、違う、もっと背が高い。あれは、誰か機体を調べてるんじゃないか!

CAROLYN: Really? ほんとう?


MARTIN: See? ほらね?

CAROLYN: Oh, good Lord. Um - Hello? Hello? まあ、いやだわ。ん、コホン、すみません?ハロー?

ARTHUR: Hello! ハロー!

CAROLYN: Arthur? Is that you? アーサー?あなたなの?

ARTHUR: Ah - that isn't, but this is! Hello! あ〜、あれは違うよ、でもこっちはそう!ハロー!

CAROLYN: Well, what is that? じゃあ、あれはいったい?

ARTHUR: Before I tell you, I promise you I'll knock him down again before we leave. 話す前に、約束しておくよ。僕、ちゃんとつぶすからね、離陸前に。

CAROLYN: Another snowman. Oh, good Lord, it's a compulsion. また雪だるま。まったく、もう、強迫欲求じゃないの。

ARTHUR: No, it - it's only to keep me busy, because I thought I'd stay out here and keep the intake clear while you guys get some sleep. 違うよ何かやっていたかっただけだよ、だって、僕、ずっとここで空気孔番してようかと思ってたんだ、そしたら君達眠れるから。

CAROLYN: Well, it was a very sweet thought, dear, but you can't possibly stay out here in the cold all night. Now, come on in! まあ、それは本当にありがたい考えだけど、こんな寒い所に一晩中なんて無理よ。さあ、お入り!

DOUGLAS: Oh! Of course! おお!もちろん!

MARTIN: What? 何が?

DOUGLAS: Arthur can't, but I know who can. Arthur! Put your back against this with me. Now, one, two, three - shove. アーサーには無理でも、誰にできるかわかったぞ。アーサー!背中をここにつけて僕といっしょに。いいか、1、2、3− 押して。

ARTHUR: I don't think it moves, Douglas - ooh, it does, though. 動かないと思うよ、ダグラスー うう、あ動いてるけど。

CAROLYN: What on Earth are you doing? いったい全体何の騒ぎ?

DOUGLAS: Getting us some sleep. You see, what Arthur has very cleverly accidentally done - - is build us - a six foot snow pedestal!
これで眠れるぞ。ほら、アーサーが何とも賢く偶然にしてもやってくれたものー 作ってくれたのは ー 6フィートの雪の台座である。

ARTHUR: No, it's a snowman! ううん、雪だるまだよ!

DOUGLAS: It's both! どちらでもある!

CAROLYN: A pedestal? For what? 台座?何を置くの?

DOUGLAS: For the MJN Patent APU Intake Snow Guard! Martin - give me your hat! MJN専売特許のAPU吸入口雪ガードを!マーティンー 帽子を貸して!

MARTIN: What? No! 何?いやだよ!

DOUGLAS: Oh, go on - Swiss Airways'll give you a much nicer one. いいじゃないかースイス航空がもっといいのをくれるぞ。

MARTIN: I thought you said that was too intimidating a ring to throw my hat into. 君は、帽子を投げ込む(=挑戦するの意)には恐すぎるリングだと言ったじゃないか。

DOUGLAS: Did I? Well, I was forgetting, of course, just how intimidating your hat is. 言った?いや、忘れてたんだ、もちろん。君の帽子がいかに恐ろしいかって。

MARTIN: あああ・・・

DOUGLAS: There. Covers the hole perfectly. I knew it must be good for something. よし、これで穴を完全にカバーできる。あれは何かに役立つと思ってた。

ARTHUR: Oh, wow! So hang on, my - my first snowman saved but then ruined the day, but my second snowman, and Martin's hat, and Douglas' idea, and Mum's, uh - おお、わお!それじゃ、ちょっと待って、最初の雪だるまは、昨日を救って、そしてダメにした、でも今度の雪だるまと、あとマーティンの帽子は、あとダグラスのアイディアは、あとママのー う ー

CAROLYN: Aeroplane? 飛行機?

ARTHUR: - aeroplane, saved the night! 飛行機は、今夜を救った!

DOUGLAS: Exactly, Arthur! その通りだ、アーサー!

ARTHUR: Fizz! フィズ!

MARTIN: Buzz! バズ!

CAROLYN: Oh, what the hell. 'Have a banana!' ああ、とんでもない。「バナナ持って!」


1



2013/3/4  15:39

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

@hedgehogさん、
他のエピソードは10回でNew Castleが2回・・・
笑いましたが、実は私も似たようなもんです!
というのも、ハークが登場した時のエピソード、ほとんど記憶にない!と思ったらあの回だったのですよね〜〜(汗)
それでなくても、シリーズ3までは、細切れに聞いたり、まとめて聞いたりして、
エピソードごとの記憶が曖昧な部分多数です。

ところで、どうして代役になったんでしょうね?
シリーズ3はシャーロック後だから、なんとか受賞式とかでアメリカに行ったとか・・・???
しかもエピソード1話分のみ。シリーズ4は2話まとめての収録だったけど、
3までは1話ずつ収録していたのでしょうか・・・

2013/3/2  23:59

投稿者:hedgehog

しましまさん

>で、カンバーバッチさんも、あのマーティンの哀愁がいかにうまいかが、
シリーズ3の代役の俳優さんの演技を聞くとハッとするんです。

大きな声では言えませんが(?)、彼が出ていないNew Castleだけは2回しか聴いていないんです。マーティンの声、という気がしなくて、聴いていてすごく分かりづらいからなんですが、声だけの問題じゃなく、やっぱり演技の差と、それから台詞の解釈の差もあるんでしょうね。だって、ベネディクトが演じていると、ほんのちょっとした台詞もちゃんと「マーティン」なんですもん。何を言っているのかきちんと英語のディクテーションができなくても、何を感じているのか、何を伝えたいかは(ある程度)ちゃんと分かるんですもん!

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2013/2/28  23:39

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

@hedgehogさん 
そうなの!そう!
いったん重みに気づいてからシリーズ1、2を聞くと違いますよね〜

面白いのは、ジョンや役者さん達も、初期には影の部分(?)まで
演じてはいないだろうに、そういうふうに聞こえるんじゃないかという点です。

ジョンも書いているうちにキャラクター達が降りて来たのかなあ。
それも彼の中にある部分なんでしょうけども。
あのアーサーを演じているときの、10歳の子供のような話し方も
彼の一部であり、そしてそれを俯瞰する彼の知性。
滲み出てしまった彼の人間に対する感傷的な観察、
ぜ〜〜んぶ含めてジョンの大ファンになってしまいました。

で、カンバーバッチさんも、あのマーティンの哀愁がいかにうまいかが、
シリーズ3の代役の俳優さんの演技を聞くとハッとするんです。

2013/2/28  15:01

投稿者:hedgehog

しましまさん

>「屋根裏のゴースト機長」と「ジャケット・ポテト」

本当にそう! 言われてみればこの辺りから、それぞれの登場人物が、いわゆる「シチュエーション・コメディのキャラクター」ではなく、実際に生活しているリアルな人間としての重みを持ち始めた気がします。そして、ひとたびそれに気付いてしまえば、振り返って第1や第2を聴いた時も、以前のように単なる「シチュエーション・コメディ」として軽く笑えなくなるのかも……それでも、勿論、笑っちゃうことは笑っちゃうんですけどね。何せ、キャストがみんな巧いんですもん!

>まあ、もうあきるまで聞くしかないですよね〜^^;;

私の場合、結局、「ほぼ丸暗記するまで」聴いちゃうかも〜〜^^;; 

http://ameblo.jp/hedgehog42/

2013/2/28  9:46

投稿者:sofiaandfreya(しましま)

禁断のシリーズ4なのでしょうか?!
今思うと、1〜2で無邪気に笑えたの懐かしい。。。。
シリーズ3で笑いは絶好調になったのとともに、
「屋根裏のゴースト機長」と「ジャケット・ポテト」では
その寒さと笑いが表裏一体となって、シリーズ4を予測させたのかも。

・・・私、1〜3は4回くらい聞きましたが、こんな自分って何?と
(いいかげん本読め自分!たまってるだろ自分!)と思ってたのですが、
hedgehogさんの「10回」を聞いて、「あ〜よかった普通のことだったんだわ」と安心しました。。。。
まあ、もうあきるまで聞くしかないですよね〜^^;;

2013/2/27  22:01

投稿者:hedgehog

しましまさん

後半部分の和訳、ありがとうございました!

マーティンには幸せになってほしいと思っているはずの私ですが、スイス航空の話になると心穏やかではいられません(涙)。現時点で、第1〜第3シリーズはもう10回以上聴いていますが(何しろ通勤時間が長いもので)、最近では、聴けば聴くほど「おかしい」より先に「切ない」が来るようになってしまいました。もうどうしましょう。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ