2013/1/27

ROSE BAKERYのスコーン  たべもの

最近クロテッド・クリームを買ったのでスコーンが食べたくなりました。でもなんとなくバレエの発表会が終わるまで、お菓子を作ったら最後モリモリ食べてしまうのが恐くて(でも買ったお菓子はモリモリ食べてたんですけど)自重しているうちにクリームの賞味期限はきて単にトーストにのせて食べてしまいました。

そして先ほど、パリへ行くという知人にお勧めカフェを考えてて、ふと浮かんだのがROSE BAKERY。知人はイギリス好きだから調度いいや!と本棚からレシピ本をゴソゴソ出したら・・・おお!スコーンのレシピが載っていたんだわ!作るならこれがいいですね。ということで、こちらのブログにおいで下さった皆さんにもレシピのお裾分け。よろしかったらお試しください

クリックすると元のサイズで表示します

プレーン・スコーン

12~15個できます

・薄力粉 500g +打ち粉用に少し
・(お好みで)麦芽または全流粉またはコーンミールひとつかみ
・ベイキング・パウダー 大さじで大山盛り2
・粉砂糖 大さじで普通に山盛り2
・塩 小さじ1
・無塩バター 110g 細かく刻んでおく +トレイ用に少し
・牛乳または豆乳 300ml
・卵1コ 解きほぐしておく

オーブンを200度に暖めて、トレイにバターを塗るかベーキング・シートを敷く。

ボウルに薄力粉をふるい入れ、麦芽、全流粉、コーンミールを使う場合はそれも加える。

ベーキング・パウダー、粉砂糖、塩を混ぜ入れ、バターを指で生パン粉くらいの状態になるまで揉み込む。

中央に凹みをつくり、牛乳を注ぎ、フォークで粉類になじませる。

最後に手で混ぜるが、混ぜ過ぎないようにするー全体が柔らかめの一塊になるよう軽くまとめる。

固すぎるようなら牛乳を少し足し、柔らかすぎるなら粉を少し足す。べたつき感はないよう注意。

作業台の表面に軽く粉をふって、生地をたたいたりめん棒で伸ばして3cmの厚さにする。

直径5cmの型で抜き、バターを塗ったトレイに互いにくっつかない程度に離して並べる。

卵を上に塗り、15~20分軽くキツネ色になるまで焼く。

スコーンはお互いにくっついて焼き上がるので、少し冷めてからそっとバラバラにする。

暖めてバターとジャムでいただく。

しましま独り言(ふむ。クロテッド・クリームじゃなくてバターなのはパリだからなの?デヴォン・クリームはどうした?!ま、日本にはないけど。)

*コチラが元のレシピです。

クリックすると元のサイズで表示します

アップしてから思い出しました。レシピ本の日本版が出ていることを。訳は公式と違っているでしょうね。この解釈でちゃんとスコーンは出来ましたので大丈夫かとは思います…(^_^;) 今回スコーンのページを無断で紹介してしまいましたが、購入されても損はない本ですよ!
2



2013/2/12  20:26

投稿者:sofiaandfreya=しましま

1/27に拍手コメントをくださった方♡
ありがたいお言葉をどうもありがとうございます〜!!なのに、今日のこの日まで放置していたなんて・・・申し訳なくてどうしてよいのかわかりません!!!ごめんなさい!!!毎日来てくださってるなんて、嬉しくて涙がでます。本当です。こんなシャーロックも私事もごちゃごちゃに書いてるブログなのに。。。
暖かいコメント読んで、すご〜く励みになりました。
なんか、最近ちょっと暗い文章も書いてしまいましたけど、また読んでくださった方が楽しめるものを書きたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

シャーロック3の撮影ももうすぐで楽しみですねえ!いっしょに応援しましょう!!!

2013/2/8  12:53

投稿者:sofiaandfreya

@ましゅまろさん クロテッドクリームは試されましたか〜???
うちの近所にはイオンないから羨ましいです。
イギリスのお菓子レシピは簡単なのが嬉しいやら食べて困るやら。。。
すっかりお菓子の勢いがついて困ってます。

2013/2/5  12:35

投稿者:ましゅまろ

リンクありがとうございます!クリームティーについては しましまさんが詳しく書いてらっしゃったのですね 知らずに随分遠回りしてました

>イオン優秀!(笑)
たかがクロテッドクリーム手に入れただけで大興奮して私の文章おかしくなってましたね(恥)しかし シャーロックのおかげでイギリスの食文化にまで思いが及ぶとは我ことながら驚いてます それが出来るのは情報を惜しげもなく発信し続けてくださる方々のおかげですね。
最近はコーヒーより紅茶を選ぶことが多くなって 影響されやすい人間だなあと独り苦笑いです…

2013/2/5  9:46

投稿者:sofiaandfreya

@ましゅまろさん こんにちは〜〜!!そうそう!あのシーンはおもしろかったですねえ!!イオン優秀!いいですよね、普通のお店で買えるのは。通販では送料もかかってしまいますし。。。
そう、もうご存知だと思いますけど、クリーム・ティーとは、クロテッドクリームつきのスコーンを一緒に食べるティーのメニューなのですよね〜
スコーンのレシピ喜んでいただけて、嬉しいです。
私はクロテッドクリームの賞味期限が切れてあわててパンにぬって食べてしまい
もったいなかったなあと思っています。またスコーンを作る時に入手しなくては。
ここにも書いてましたので一応リンクしておきます。
http://angel.ap.teacup.com/sofiaandfreya/490.html

2013/2/4  20:02

投稿者:ましゅまろ

シャーロックがヘンリーにデヴォンに帰ってクリームティーでも飲め 僕のおごりだ みたいなセリフに どんな飲み物なんだろう クロテッドクリームって何だ??わからないとなおさら興味津々 
でも田舎なのでネットで買うしかないのか〜と思っていたら何とイオンに中沢の国産クロテッドクリームあったんですよ(喜)

ここでスコーンのレシピまで紹介して下さっていてなんてタイムリーなんでしょう!近いうちに是非作りたいです 早速得意の手書き(笑)で書き写しました スプーン山盛りと大山盛りってどのくらいの違いなんだろう おおざっぱな私にぴったりのレシピみたいです


2013/2/1  16:10

投稿者:sofiaandfreya

@ykさん 卵ですか?!私はポーチド・エッグをおいしく作るコツが知りたいと思っていたところでした。そうですね、きっと翻訳でますよね!
実は、先日ラデュレのアフタヌーンてィーの後、仲通りのローズベイカリーにも行ってしまいました。コーヒーが、とおお〜っても美味しかったです。
エッグ・ベネディクトも美味しいですもんね。ぜひ卵料理の本も見たいですね。

2013/2/1  14:32

投稿者:yk

ローズさんの新刊が出てますね。
How to boil an EGG
今度は翻訳待とう・・・。

2013/1/29  20:11

投稿者:sofiaandfreya

ykさん、原書を勇み足で買ってしまうと和訳が出ても同じものを買う気になりにくいですよね〜〜。特に写真が多いとなんだかもったいなくて。文章だけの本ならもう1冊買ってもいいけれど。。。。
なんと!ロンドンでもバターでしたか!最近の風潮なのかな〜?M&Sのカフェでもバターだったり、あとチェーン店のCaffe Uno ってところも、ホイップ・クリームがスプレー缶みたいので出されてちょっと不服だったことはあるんですが、グルメ系のカフェでまで。。。デヴォンシャーは地元産業大丈夫なんでしょうかね?
私が買ったのは、たまたまco-opのカタログに載ってたタカナシのクロテッド・クリームでした。他のは買ったことがないので比較できないんです〜。
日本でクリーム・ティーが出来そうな所で、真っ先に思い出すローズベーカリーの本家がバターだとするといったいどこで食べられるのでしょうね?!

レシピ、喜んでいただけて良かったです。ではそのうち続編をやってみます。

2013/1/29  12:48

投稿者:yk

しましまさん!ローズベーカリー@ドーバーストリート(UK)でも、スコーンにはバターとジャムが添えられていましたよ!!私もなぜだろーって思ってました。イギリス人だけど、パリが本店だから???
そして、ローズベーカリーの本(原書)をジャケ買いしたため、本来の目的を果たせていませんでしたが、この翻訳をみてようやく作ってみる気になりました!!お菓子は計量が重要と思っていましたが、案外ばっくりしていますね?(だから作れそー!)是非、引き続き他のレシピもお願いしま〜す。
日本で買うクロテッドクリームはどこのメーカーがお勧めですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ