2011/12/27

そして海に落ちた  家族のこと

23日に書いたように(なぜか1行しかアップできず、
もっと文書いたんだけど、掲載されませんでした??)
クリスマスを下田の家で過ごしました。

下田はレトロな古い町並みが残って萌え だが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

下田と言えば、ペリーが黒船に乗ってやってきた所!

クリックすると元のサイズで表示します

ペリーさんのおかげで
私の伊豆半島旅行があるとも言えますね!

と言うのも、
この旅行、近所のインターナショナル・ファミリー3組+αです。
黒船が開国をせまらなければ、国際結婚もなかったでしょう。


して、「+α」は、イタリアン・シェフのIさんと、
日本に旅行中のキウイ・カップルと、
ご近所に別荘を持つもうひとつのインターナショナル・ファミリー。
旅先なのに、このにぎやかさ・・・

そうです、最盛期には、2歳児が3人も集まって、
あ〜、久々に、いつも誰かが泣き叫んでいる環境に・・・

だが、昨今の2歳児、iPadを操る!!

クリックすると元のサイズで表示します

タッチ・パネルは2歳児の知能を持つというチンパンジーにも操作可能かも。
そしたら、猿と会話できるんですね?!

そして、西洋のクリスマスは家庭行事で、
男子が肉料理をする日でもある!

クリックすると元のサイズで表示します

肉のみならず、伊勢エビも!生きてるのを買ってきて

クリックすると元のサイズで表示します

Iさんにかかればこのとおり、

クリックすると元のサイズで表示します

御愁傷様です。

シェフのお料理ももちろんおいしかったけど、
最高!だったのが、このパネトーネ。

クリックすると元のサイズで表示します

「ブルガリ」ブランドに恥じない美味さ!!
もともとパネトーネが大好きなんですが、これは、
ドイツのクリスマス・ケーキ「シュトーレン」にも似た濃厚な味で、
せっかく野菜/果物中心にしていた最近の食生活が一気に崩れました!
でも、
いい!おいしければ!

暖炉に火が入ると、イタリアのJの両親の家を思い出します。
木が燃える匂いが、クリスマスだな〜〜と思い出させてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最終日、
荷造りも終わって最後に海に繰り出したパパと子供達。
パパのうちふたりは、泳ぎました!北半球のクリスマスに!

クリックすると元のサイズで表示します

晴れてはいたけど、泳ぐにはちょっと・・・・
な日に、
Mは、海の岩に幅30cmの板を渡した橋から、海中へ転落したのです!
ああ、それだけは経験したくない、
冬の海に・・・・
足がつかない深さの海に落ちるなんて・・・

おかげで「ヴュー踊り子号」に乗る直前に
下田駅近辺でMの靴を買うという任務と
ジャケット、ブーツを含む濡れた服を東京に持ち帰るはめに。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ