2011/4/29

ノーブレス・オブリージュ  イギリス

         クリックすると元のサイズで表示します

英国のロイヤル・ウエディング生中継を見ていて、
出て来た言葉、

「ノーブレス・オブリージュ」

「財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うこと」という意味です。

日本のテレビ解説者によると、

王子の母、故ダイアナ妃が、
自ら地雷地域に足を踏み入れたり
エイズ患者と握手をしてエイズへの偏見をなくそうとした
勇気ある行動は、
この言葉を体現していた。

そして王子はそれを受け継いでいると
英国民は期待している・・・とのことです。

日本の権力者の皆さん、この言葉ご存知ですか

上のイラストは、
王室グッズの通販サイトで見つけたものです

こんなのも
クリックすると元のサイズで表示します
このカードはこちらから

もうひとつ、
この結婚式で印象に残ったのは、
ウエディング・ドレスが
去年亡くなったイギリスのデザイナー、
「アレクサンダー・マックイーン」の後継者
「サラ・バートン」によるものだったことです。

噂では伝統的なデザイナーの名前が上がっていましたから、
期待を裏切って、やるなあ!キャサリン
0



2011/5/2  21:47

投稿者:sofiaandfreya

ダイアナの時に比べて質素とは言ってましたが、それでもまだまだ華やかで素敵でしたね〜。私は教会の人(大司教?)の語る、結婚の誓いの言葉を真剣に聞いてしまっていました。決まり文句ですけど、「死がふたりを分つまで・・・」と言うところで、そうか、どちらかが亡くなれば再婚してもいいのね、とチャールズ皇太子の立場を考えてしまいました。
私もマックイーンで感動しました〜!イギリス人の彼への愛は、なんか外国人には想像しにくい気がします。ドレスはほっそりとしてて、すっきり見えるけど、きっと素材が贅沢なんだろうなあ、って触ってみたくなりました!

2011/5/2  13:57

投稿者:YK

ドレス、すてきでしたね。スッキリとしたデザインでなんか現代のプリンセスってカンジでした。マックィーンと聞いてちょっとジーンとしてしまいました。
ロイヤルウェディングではずみを付けて英国も景気が良くなるといいのですが・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ