2011/4/29

クイーン&MUSIC LIFE展  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはフレディ・マーキュリーの衣装のレプリカです。
ヘルメスの翼がついたこのスーツを
フレディはジップを胸の下まで開けて着ていました。haha...

池袋東武デパートでGW中
『クイーン&ミュージックライフ展 〜クイーンが愛した日本〜』
というイベントが開催されています。

内容は
ヘルメスのほかに、
赤緑白のダイヤ柄のレオタードや、
ザンドラ・ローズのプリーツ・ケープなどの衣装、
70年代来日時の写真パネル展示、

ボヘミアン・ラプソディの3Dビデオ上映、

Tシャツ、ポスター、ポストカード、クリアファイル、
そしてなぜかアンダーウエアなどのグッズと
ミュージックライフを出していた
「シンコーミュージック」のクイーン本と
リマスターCDの販売、
などで構成されています。

本がアマゾンと違ってサンプルをこの目で見れるのは
嬉しかったのですが

・・・・・

主催者さん側か、百貨店の社員さんか、
その仕切りに不満が多く残ったイベントでした。

まずロケーションが、
紳士服売り場の通路という狭さです。

グッズ、本、CDなどを購入したい人
つまりは百貨店に売り上げをもたらす人は、
館と館のつなぎ目に作られた臨時レジ2台に
並ばされるのです!

その列は、「記念写真撮影所」と書かれた
実物大バンドメンバー特大ポスターの
すぐヨコに押し込まれるのです。
これでは撮影はかなりムリがあります。

バンドメンバーの1、5m向かいには
ジュースの自動販売機、その向こうは
百貨店のストック場へ通じる通路でダンボール箱が。
つまり裏手じゃないですか。

こんな場所、
パンク時代にも豪華路線を貫いた
クイーンが見たら、許せないと思うんです

そしてレジは2台しかありませんから
列はなかなか進まないし、
仕切りの人が何度もやってきて
「2列でお願いします」とかうるさい
誰もパニクってないし、辛抱強く並んでいるのに、
あわてているのはスタッフばかり。

買いたいグッズをレジまで運ぶ透明ビニール袋を
配るスタッフだってヒマそうに通路に仁王立ち。
しかもお客さんを裏手に押し込んでおきながら、
自分たちは通路の真ん中ですよ

私はCDを買うために不愉快な思いをさせられるのは
イヤだったので、
他にレジがないか2回もスタッフにたずねたのに
答えはNO。

でも結局、第2会場と彼らがPOPで案内していた
別フロアのCD売り場にパネルを見に行ったら、
私の買ったCDはそこでも買えて、
誰も並んでないんです!!

ダメ押しは、
「東武東上線と山手線乗り換え側の東武百貨店地下入り口にも
黒の衣装と写真が展示してありましたが…
分かりずらいので、見落としません様に。」
とオープンして3時間もたってから
ツイートされていたこと
黒い衣装!見たかった

楽しみに早く行った人、
お金を払って売り上げに貢献した人に対して、
あまりにも失礼じゃないのでしょうか






1
タグ: クイーン



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ