2021/11/26

コリンが今度はTerry Pratchett  コリン・モーガン

コリン・モーガンのオーディブル「This Thing of Darkness」も頭の中ほぼDarknessなまままったく聞き終わっていないのに、別のオーディオ・ブックの企画/進行中ニュースがリリースされたので、潜伏を破り息継ぎと称して引越しパッキングをサボっています。心は焦りに焦りまくってます。

TERRY PRATCHETTの「DISCWORLD」という全41作もある中で「RINCEWIND/WIZARDS」というシリーズをコリンが、他の作品もラインナップにありビル・ナイが担当する作品もあるということで、人気作家なのだと推測できるのですが

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・TERRY PRATCHETTになんとなく聞き覚えがあるなと思ったら、

ニャンと、「グッド・オーメンズ」をニール・ゲイマンと共著した人でした!!!

ドラマを視聴済みの人には「SFファンタジーにユーモアを取り入れた人」の意味を感覚で理解できるでしょう。まだご覧になってないなら、ぜひアマゾン・オリジナルのこのドラマをお勧めです。

ということで、同じ作家原作のドラマを一つ知ってるというだけで、垣根がグーーーンと低くなったように感じ余裕をかましているのは・・・それは「This Thing of Darkness」を聞いているとすぐに幽体離脱するかのようにアウェイしてしまう苦行を味わっているからです。

「グッド・オーメンズ」の作風だとすると、(ブラック)ユーモアのマトルーシュカ状態ワールドなんですが、コリンにとっては「BELFAST」のヴィランに次ぐまた新境地で楽しみです。

原作の日本語訳もあるようで、さて、どうしますか・・・
0



2021/11/28  20:11

投稿者:しましま

えむさん

>>テリー•プラチ? 〜〜〜 カタカナ未満の知らなさです。

はい、ですが知らないながらも何やら怪しげな響きとググってみると
怪しげなお顔写真がでてきました!

>>コリンに速攻で寝かしつけられててスヤスヤ

それは幸せワールドには違いがないです^^

>>9ヶ月も先だと現実ワールドだってどうなってることやら。。

そのころにコリン映画とドラマが公開となり
大忙しの悲鳴のファンたちを想像していましょう〜

そういえば、「追うもの追われるもの」はいつなんでしょうかね^^

2021/11/27  8:17

投稿者:えむ

しましまさん

テリー•プラチ?  えっと•••
ネイティブの皆さんにはお馴染みのようですが私はカタカナ未満の知らなさです。

>「This Thing of Darkness」
ペーパーバックの背表紙に結末が書いてあって(史実もそうなんですが)先に行くほど辛そうです、、、
と言いつつ聴くたびにコリンに速攻で寝かしつけられててスヤスヤしております。
コリンの声聴くと眠る癖がつきそう笑

そんな辛い冒険の次に魔法ワールドですね。
楽しみですが9ヶ月も先だと現実ワールドだってどうなってることやら。。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ