2021/7/14


昨夜、寝る前に嬉しいニュースが発表されてました。
コリン・モーガンが新ドラマシリーズに出演と^^

タイトルは「Mammals」、主演はジェイムズ・コーデンとサリー・ホーキンス。

テーマは「結婚の試み」ですので、コリンの役も婚活に励む人とか、すでに結婚していて変なことになってる人?・・・というのはコメディだからです。

まだ詳細は極秘のようですが、

Radiotimesにはライターのジェズ・バターワースの仄めかし発言が掲載されています。

そこに「コリンとまた仕事ができてすごく嬉しい」とあるので、どれだ?と思ったら、舞台作品のMOJOでした。
クリックすると元のサイズで表示します

映画ですと私の見たことあるものでは「クルエラ」脚本コンサルタント、「スペクター」「ブラック・スキャンダル」にライターとして参加している方でした!すごいビッグバジェットが並びますね。

ドラマはアマゾンが発注していて6エピ、サクサクと撮影が進行する安心感に満たされるクレジットです。
1



2021/9/1  10:01

投稿者:しましま

えむさん

>>対接客員というよりも、その場にはいない「見えない他のカスタマー」との闘い

ナールーホードー!その発想はなかったです!

>>百貨店外商部

私もデパート内の売り場で働いた時に、生まれて初めてその存在を知りました。でも中に入ったこともないのに、お金持ちのダサいおばちゃんが
買い物しに来るところ、と勝手に思ってました。新卒の若い子だった時は
まだ「最先端の服をかっこ良く着こなせること」の方が「お金持ってること」
よりも価値が高いと思っていたのです。田舎者ですので、お金持ってて
最先端の服を買えてかっこ良く着こなしている人を知らなかったです。

2021/9/1  9:49

投稿者:しましま

colin's granmaさん

>>自己主張が強いとか仕切りたがるとか米ドラマにはよく出てくるキャラですね。

そういう能力が特にアメリカでは高く評価されながらも
やはり女性だと打たれる、そこを切り抜けていく、ところに
アメリカ女性の共感を得るのかなあと思います。

>>あと、プライベートなことを見ず知らずの人に話しちゃったり、とかも。

昔、NYで信号待ちをしてた時に「そのブーツいいね」と男性に声をかけられ
びっくりしました。ロンドンやニュージーランドでも道で女性に「すみません、そのコート/靴はどこで買ったんですか?」と聞かれたことはあるけど、まだ本当に実用的な質問なのでびっくりはしなかったんです。
他人との距離がアメリカの方が近いですね。

で、「アウトランダー」は主役の女性が1940年代のイギリス人なんですね、
彼女が18世紀のスコットランドにタイムスリップしてしまい、そこで
でしゃばりをするので「おいおい!」と思ってしまったのです〜
でも後にアメリカに渡るのでそこにはぴったりのキャラなのです。


2021/9/1  8:47

投稿者:えむ

しましまさん

しましまさんは接客のプロでしたね。
私も接客歴は10年以上あるので横柄なカスタマーに遭遇したりクレーム対応に追われり、、、

敷居の高そうなコーナーだと入るのも気後れしそうになりますから、人によりますが負けないように戦闘モードになるようです。動物が毛を逆立てて大きく見せるみたいな笑 
対接客員というよりも、その場にはいない「見えない他のカスタマー」との闘いですかね。

新卒の頃ボスの代行で百貨店外商部に行くと場違いで落ち着きませんでしたが、キッチンもトイレもお風呂もない一間生まれの自分にとってはどこだって大抵ピカピカですから気後れしてるとキリがないので普通にしてました。


話題の横道から更に脇道、失礼しました…


2021/8/31  22:23

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>でしゃばりと感じたのも私が日本人だからかなあ

米ドラマを観ていると私も時々それ感じます。
国を問わず現実の世界にもいるにはいますけどね〜
ドラマだから誇張しているのもありますが
自己主張が強いとか仕切りたがるとか米ドラマにはよく出てくるキャラですね。

あと、プライベートなことを見ず知らずの人に話しちゃったり、とかも。
何かあって落ち込んでいたり、逆にものすごくハッピーだったりして
人の目について「どうしたの?」なんて聞かれたら、待ってましたとばかりに
ペラペラと自分のことをしゃべったり。
あ〜現実の日本人ならほぼあり得ないシーンだなとつい引いちゃいます。

「Mammals」の記事なのにすっかり横道に逸れてしまいましたね。
すみません。

2021/8/31  20:02

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>最後の最後に普通字であったので付け足しみたいに感じて

確かに出演の発表も他のキャストより遅かったですし。
でもその割には主要キャスト以外はコリンともうひとりの名前しか
出てないですから。

>>男性かと思われる人は IMDb → Leonard Buckley ... Mickey Clanton
お父さん?兄弟?息子?はたまた従兄弟?と。
Billy Clanton Jr. がいますから息子は1人はいるようですね。

Clanton一族とは総出演?!
いったい何者でしょう?!

>>でしゃばりなところはない役柄だったので好感度は高かった

そう、でしゃばりと感じたのも私が日本人だからかなあと思ってます。
アメリカの作家の原作でアメリカの会社が作ってるドラマなので
現代のアメリカ女性の感覚なんだと思います。

2021/8/30  14:48

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>IMDbではかなり上の方に名前が

そうなんですよね!長いこと名前が載らなかった割には上にありますよね。
なにせデイム・ジュディ・デンチの次ですから。
それで期待はしていたのですが、ブログに名前が出ていなくてすねていたら
最後の最後に普通字であったので付け足しみたいに感じてしまいました〜

>同じ苗字の役の女性も

女性は見つけませんでした。
男性かと思われる人は IMDb → Leonard Buckley ... Mickey Clanton
お父さん?兄弟?息子?はたまた従兄弟?と。
Billy Clanton Jr. がいますから息子は1人はいるようですね。

>ドラマ「アウトランダー」

これ観てないんですよね〜

>彼女がテレビで着用していたワンピースを偶然私も持っている

なんと!素敵です〜
私はアウトレットで買ったメンズシャツ(自分用です)を
お笑い芸人さんが着ているのをTVで見たことはありましたが(笑)。

>有能でタフで

あ〜〜〜その片鱗見えます『フォードvs〜』でも。
ただ、でしゃばりなところはない役柄だったので好感度は高かったです。

2021/8/30  14:04

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>コリンの名前が太字になっていない

あ・・・^^;
でもIMDbではかなり上の方に名前が出てます・・・^^
役の苗字と同じ苗字の役の女性もいるので既婚者ということだけは
検討をつけましたが、深く考えないようにしています。
びっくりしたいタイプです。

ママ役のカトリーナさんはドラマ「アウトランダー」の主役で
見た私はよく知った気になっています。
彼女がテレビで着用していたワンピースを偶然私も持っているということがあったので、勝手な親近感も持っています。
俳優さんとしては好きなんですが、アウトランダーの役柄が
有能でタフで私には「なんでそれをこの時に言う?!」でしゃばりなところもあって微妙です〜

2021/8/30  13:53

投稿者:しましま

えむさん

>>上級国民妻になった今、逆に丸く控えめな人

それなら、若気の至りだったのですね^^;
立場が上の人としての振舞い方にも教養が必要だし
いつまでたっても偉そうにしてるいつまでも自身のない人もいますね。
駐在員には駐在手当がふんだんにつき引越費用も会社持ち、
家の大きさも日本の比じゃないので勘違いしてしまうのでしょう。

語学は・・・スポーツのようなもので慣れた方の癖がつくというのか。

2021/8/30  12:41

投稿者:colin's grandma

しましまさん えむさん

長文お読みになったのですね〜!
私この頃脳が英文を拒否しがちです…
「VERNON〜」の翻訳本で楽したツケかしら(汗)。

私はキャストでCaitríona Balfeさんを知らなかったので調べてみました。
『フォードvsフェラーリ』に出ていて子役好きの私はクリスチャン・ベイルの息子役
ノア・ジュープくん目当てで観てました〜
彼女はベイルの奥さんをカッコよく演じてました!
あと『SUPER 8/スーパーエイト』(2011)はエル・ファニング目当てで観てますが
残念ながら遠い昔のことで全く記憶にございません。

Van Morrisonはなぜか馴染みのある名前で、曲をいろいろ聴いてみましたがわからず
ウィキでロックバンド「ゼム」を結成した人だったことを知り納得。
昔好きだった日本のバンドが「クリーム」や「ゼム」をよく聴いたと言っていて
私は「クリーム」→クラプトンへと傾倒しましたがゼムは聴いてなかったかも。
ベルファスト出身だったのですね〜!

Turlough Convery ドラマ「サンディトン」を観てました。
原作(未完のものです)がジェイン・オースティンだったので観たんですね。
実業家( クリス・マーシャル)の病弱なことを強調する弟役でした。

こうやって調べているうちに親近感がわいてきてますます楽しみになりました。

コリンの名前が太字になっていないことで
出演シーンの長さ(短さ)を想像した私が間違っていることを願って…

2021/8/30  8:48

投稿者:えむ

しましまさん

> 駐在員妻
あ〜〜ちょうどその時期にロンドンに住んでた友達が聞いたらさぞや耳の痛いことでしょう。ブイブイしてそうです。

春頃一緒にお茶した時に私が英語より米語の方が聴き取り易いなと言ったら
「はぁ?何言ってるの、えむちゃん。クイーンズイングリッシュくらい整然として聴き取り易い英語はないわよ。ジョンソンさんとバイデンさんじゃ全然聴き取り易さが違うし、どーたらこーたら…」
と怒られました。。。イギリス愛なお強し笑

夫さんがとっても出世されて上級国民妻になった今、逆に丸く控えめな人なってます。
尊大さは自信のなさの現れか?若気の至りですね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ