2021/6/15

PASSENGER LIST 0207  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示しますGreenland

公式さんはまだエピ7をupしてないんですが、

ついに出ました。トーマスが突如?!

ちょっと時間も長めですよ。最後の5分とかじゃないんですよ。。。

PASSENGER LIST 2.7 TUNDRA


このリンク先、「あ、今のところもう1回」と戻りやすいです。

公式さんも頑張ってくださいね。きっと今頃スクリプト係がタイプしているのでしょう。公式リンク → こちら

追記:本日の夜にはちゃんと公式さんにもupされておりました!

6/16追記:ついにトーマスに会えたケイトリン、私たちも「やっと会えた!今までどこで何してたの〜?!」と詰め寄りたい心境ですね。しかしシリーズ1では秘密にしていたことを告白したトーマス、暴露したからもう虚勢をはるのもやめたのか、弱気な態度になっております。私としてはスパイの腕を発揮してカッコよく活躍するトーマスを期待していたのですが・・・まあしかし、フィアンセの命に関わるとはそりゃあ慎重にもなりましょう。とはいえケイトリンをリードするというより無計画のケイトリンを批判するだけだと、さすがにケイトリンじゃなくても「今更ここまで来てなんなの?!」と言いたくもなります。クリフハンガーで最終エピに突入でしょうか???
0



2021/6/23  7:31

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>でも私達はそういう終わり方もあり、と納得せざるを得ません

まだ「さまよえる魂」の方はシリーズ1回分の終わりとしては
「これ、続くのかな?」とも思える程度で続かなくてもありでした。
でも「HUMANS」の方は全てがやりかけで全く納得できませんでした(涙)!
それに比べたらPSSENGER LISTは
ちゃんと変なものを置いときながら終わりとして受け入れられました^^;


2021/6/22  11:20

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>あちら2作は絶対に続編が含まれていたと

はい、そうですね。
でも私達はそういう終わり方もあり、と納得せざるを得ませんでした。
手法としてもありなので、それはいいんです。

続きは新記事の方で。

2021/6/22  10:07

投稿者:しましま

みなさん

0208、新作ニュースをアップするのが遅くなったのでコメント難民にさせてしまいました、
申し訳ありません><;

そちらの方に移動しますね!

>>「Humans」や「TLATD」でコリン・ファンは慣れっこに(笑)。

あちら2作は絶対に続編が含まれていたと思います!しかしあえなく
シリーズが続かなかったのでドボン・・・でしたけど、
またこれは別のブラックユーモアだけど、もう時間が空きすぎて
最後に出てきた人シリーズ1で何を言ってたっけ・・・となりました。

2021/6/21  22:21

投稿者:colin's grandma

みなさん

あ、ありましたね、スクリプト。
これから読みます。

しかし…コリンの出番の少なさよ(嘆)。

2021/6/21  22:00

投稿者:colin's grandma

みなさん

>新作情報で舞い上がって

コリン周り忙しくなってきたようで嬉しいのですが
イギリスではワクチン接種が順調な一方で感染が拡大しているようで心配です。

「Belfast」出演はホントだったようですね。
エージェントさんのページに載ったくらいなので、信じていいみたいです。

>最後の最後にぎょっと

これは「Humans」や「TLATD」でコリン・ファンは慣れっこに(笑)。
なのでそれはそれでいいんです。
でも、でもですね。なんかすっきりしません。
スクリプトなしで1回聞いただけなので
理解できていないところもあるかもしれませんので
スクリプト出たらまた考えてみます。
ゴニョゴニョ聴き取れないところもありましたし(イアフォンが苦手なもので)。

えむさん

>無理やり終わるかも

これで本当に終わるのなら私の気持ちでは「えむさん大当たり」です。
無理矢理感半端ないです。

しましまさん

>ケイトリンとコナーが仲良かった双子なのに

私もこれはドラマとしてちゃんといれていただきたかったです。

2021/6/21  21:05

投稿者:えむ

みなさん

新作情報で舞い上がっていましたが、さて最終回なんとかまとめましたね。最後の最後にぎょっとしますが、、
めでたしめでたし♪

しましまさん
この重大なミスのためにコナーとトーマスを犯人に仕立てようとしたんですね。最後は2人の腕を活かして世間に事実を公表できましたが、デニソンと別行動だったことが結果的に良かったわけです。
トーマスごめんよ〜MI6と一緒になって疑ってました、、

colin’s grandma さん
何一つ推理が当たらず清々しいです笑

2021/6/20  19:30

投稿者:しましま

みなさん

おふたりとも、すばらしい推理能力です!
私はたまたま英国/アイルランドドラマにミステリーが多いので見てるだけで、推理とか考えるのはほぼできません。

colin's grandmaさん

>>トーマスはとても弱気になっているんじゃないか

今は飛行機事故は自分のせいだと思ってますもんね、イコール
コナーに何かあったとしたら自分のせい、そりゃあ凹みますよねー

>>トーマス元MI6のノウハウを最大限に発揮して大活躍!

ミッションインポッシブルばりにトーマスが空を飛ぶ姿が見たいです!


えむさん 

>>偶々それぞれの事情で狙われる人々が乗り合わせた

それ、あるあるですね!正解はひとつでなく複数の犯人による
誰も予定してなかった結果な気がします。


あと、このドラマ、ケイトリンとコナーが仲良かった双子なのに
コナーがスパイ活動始めたせいでケイトリンが置いてきぼりにされましたが、ふたりの溝はそれだけではストンと落ちないのでケイトリンが
まだ誰にも言ってない秘密があるような気がするのでそれもラストで
教えて欲しいんですが〜

2021/6/20  12:10

投稿者:colin's grandma

みなさん

えむさん

相変わらず読みが深いですね〜!
作家さんの要素をお持ちなんじゃないですか?

私は単純にトーマスはとても弱気になっているんじゃないかと思ってました。
それにMI6が直接爆破という手段をとったわけではなく
危険を感じて打った手が裏目に出て事故に至った…ぐらいに。
トーマス自身も彼らがそんなことをするなんて思いたくない、と言ってましたし。

>帰国を兼ねてコナーが

それ!すっかり忘れてました。
トーマスとの結婚の意思を伝えに両親に会いに、が(表向きの?)理由でしたね。
それで、そういう時って2人揃っていくのが普通じゃないの?と思ったのでした。

事故ったはずの旅客機の乗客が全員無事なのに発表できない理由…
それはもともと国が絡んでいるから?
あ〜モヤモヤする。

エピ8は拡大版なのか、それとも…

しましまさん

>主役をトーマスとコナーにしてくれるなら

私もそう願いたいです。
トーマス元MI6のノウハウを最大限に発揮して大活躍!の方向で。

2021/6/20  8:47

投稿者:えむ

しましまさん colin’s grandma さん

トーマスの話にどうも綻びが。テロリストがひとり搭乗してたとして国家機関が飛行機ごと爆破とは極端な仮説です。それに操作対象と深い仲になって情報を得ることもスパイなら許容範囲てか普通じゃないか?
彼は二重スパイ?

コナーは大規模なサイバー金融犯罪を阻止しましたがそれで恨みを買ったためエリジアンを通じたロシアの資金集めに利用される。エリジアンに潜入していたトーマスが気づいてやめさせたことでトーマスは裏切り者とされた。

調査の中で2人は702への計画を事前に知ったが、狙われてるトーマスでは動けないため帰国を兼ねてコナーが搭乗。同乗していたテロリストにハッキングされるが、コナーが内部から飛行機のシステムを再ハッキングすることで行き先をグリーンランドに変更。ところが行き先が違うことに気づいた犯人が着陸前に気づきハードランディングで機体損壊、だが全員無事。現在米軍の管理下で拘束されている。

トーマスはコナーが無事なら母親か妹に連絡するはずと信じて両者にコンタクトを取り続けた。コナーはトーマスの身を案じて連絡を彼ではなくケイトリンに入れた。

私も次で終われるように思えませんが偶々それぞれの事情で狙われる人々が乗り合わせた逢魔の飛行機だったとさ、で無理やり終わるかも笑

psychic witchが中陰にいるはずの霊が誰ひとり見えないと言っていたのリアルですね。

2021/6/19  23:40

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>爆発音は軍の仕業(隠蔽のため爆発を装った?)
>>もしくは乗客が避難後に爆発した。

私もその手に1票です!

>>そうそう!ついさっきキレてたのに楽しそうでした。

結構あの性格、私は嫌ですね。。。
珍しいなー反感をかわせる主人公^^;
同じく声の演技をしているディイズニーの「ラーヤ」でも
最初の頃ケイトリンが声を当てている気がしました。

>>ということはto be continued…

これ以上ケイトリンのイライラに付き合うのは無理なんで
主役をトーマスとコナーにしてくれるなら大歓迎です。
ふたりのロマンチックコメディでお願いします^^

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ