2021/4/8

THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜8  その他の映画・ドラマ・舞台

第27回SAG(全米映画俳優組合Screen Actors Guild)賞のアンサンブル賞(コメディ部門)に「THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜」が、そして男優賞(コメディ部門)にニコラス・ホルトがそれぞれノミネートされてました。受賞は逃しましたが、私のお気に入りからは「ザ・クラウン」と「クイーンズ・ギャンビット」のアニャ・テイラー=ジョイが受賞しています♪


今週のエカチェリーナは・・・なんとフレディ・フォックスがスウェーデン王として出てくるのですよ〜♪♪♪♪♪♪♪

膠着する戦争の和平調停に元首同士が小島で密会、とはなんとも貴族的な・・・そしてルックスは両王ともイケメンなのに、会話の内容のどうしようもなさが、現代の首脳会談もこんななのかも・・・と思わせるコメディながらもピリッとスパイスの効いたドラマなのです。

スパイスとしては、頑張って政治の勉強をしても容姿ばかりに着目されるエカチェリーナの不愉快さを、逆に男性であるオルロの目や手を本人の目の前で褒め称えオルロが気持ちが悪い思いをすることで、ドラマのキャラにも視聴者にもわかるよう表現していました。

エカチェリーナが勉強して皇帝の信頼を得つつもクーデターを進め、いよいよ女帝への道に向かっていくエピでしたが、なんといってもフレディ・フォックスくんをスウェーデン国王にしたキャスティングにブラボーです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スウェーデン王妃はピョートルが気に入ったようで。

まあ完全に大真面目におバカなピョートルに比べて、戯けて見せる国王の方はただの御坊ちゃまなだけ正常のようです。

クリックすると元のサイズで表示します


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ