2021/4/5

Slaineコミック版 感想  コリン・モーガン

コミック版「SLAIN/THE HORNED GOD」(COLLECTOR'S EDITION)をやっと読み終わりました。

先に聞いたオーディブル版はまさしくこのコミック本が脚本となっていました。オーディブルとは「聞く本」ですが、コミックという絵が伝達手段の半分を占める媒体からのオーディオ化というのは、文章が同じでも絵が見えずセリフが読まれるだけではなく効果音はある、という不思議なアダプションです。

他のスレインコミックがどんな形式かはわかりませんが、本作はウッコの年代記という形をとっているのでセリフ以外の解説が多くオーディブルに適したコミックです。

とは言え、オーディブルでの1番好きだったシーン、クライマックスのメイブVSスレインのDANU女神への祈り対決は、私が想像していたイメージと全然違ってちっともドラマチックじゃありませんでした。(下の写真)

特にメイブ、ミロのヴィーナスのように体をくねらせこの体勢で全身全霊の祈りができるとは思えず客体化され、読者への女体サービスなのか作画のサイモンの無意識の願望に思えます。方やスレインは首を垂れて内なる神に語りかける体勢に読者は自分を重ねやすいでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ上の見開き2ページは左右にメイブとスレインを対称に並べて対決が視覚化されてますが、その後に続く(実際はこの間にあと2ページある)シーンは、決戦の勝敗を分けたスレインの呪文だというのに、まるで4コマ漫画のようにあっさりと描かれ、モンスター化の不気味シーンだけ大きいコマです。

クリックすると元のサイズで表示します

これはオーディブルでのコリン・モーガンとメイブ役の女優さんの演技が素晴らしかったせいもあります。日本のマンガよりもイギリスのコミックは全体に抑えた表現が多く、また同じ人物が別人に見えるコマもあり、その分声の俳優たちの技量でキャラクターがはっきりと与えられ各キャラが活躍しています。

ウッコの語り=ストーリー解説は、会話文でないので私は聞いてもなかなかスッと理解できなかったのでコミックで文字と絵でやっとストーリー展開がわかりました。

しかし巨大ウジ虫怪獣とか、the Warp Spasm化したスレインは気持ち悪いドクドクモンスターなので、視覚に訴えてくるコミックははっきり言ってコリン出演ドラマの原作でないならお金を出して買うものではないです。完全にお布施とはこのことです。


さて、本でストーリーラインに沿ったスレインの言動を理解しての感想を少し。

作品中でもネストが「スレインの複雑なキャラ」と言ってるとおり、振れ幅が大きい・・・のはthe Warp Spasmの変身のせいですよね。ウッコによれば戦いが大好きだそうですけど、ちゃんとヒーローらしく「民の今の幸せ」を追求するけれど、私情に流されるバーバリアンらしさがある。逆に理論的思考のなさそうな僧のカスバッドの方が首尾一貫したビジネスマンのような現代的セオリーを代表しています。

見かけによらずフラフラするスレインですが、DANUへの献身と信頼だけは揺るがなかったのが唯一の強みのはずです。だけど上の写真のシーンでは「女性の抗えない呪文」を発するあたり、女性への偏見がないけど自分の雄の武器はナチュラルに行使するファム・ファタールの男版、オム・ファタールなところがある天然王であります。


コミックを読まないまでも、オーディブルを聞くにあたりキャラクターは把握しておくのがスレイン理解のポイントと思ったので、つぎの機会にキャラ紹介を考えています。(ということでまだ終わらないSLAINE)
0



2021/4/18  8:46

投稿者:えむ

しましまさん colon’s grandma さん

昨日届きました!
時々びっくりするほどイケメンになるスレインはネストともいい仲ですか、そうですか笑

最後のスローフェグとの闘いで、以前兵士に教えたお手本通りにニーヴの改良型ガエボルガを使って倒す!こういうのは絵がないと分からないのでコミック買って良かったです。

コミックにない部分が台詞に加えてあったり言葉が変えられてたりはあるものの、ほぼそのままでしたね。二箇所かな、ここはウッコーがなんか言わないと絵なしだと分かりようがないというのもありますが。

読んでなお分からないところは多分もう分からないということにします!コリングリッシュマラソンの次のお題「火星人」がきましたので^ ^

2021/4/12  9:39

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>まだまだ読んでいない本や聴いていないAudibleが

私の火星人襲来DVDも今頃日本上陸していそうです。
でもこの原作、小説版はまだですが、実はコミック版があって
ズルしてそれは読みました。

>>こんなに理解に時間のかかる

最近、語学の習得のためには精読が効果があるという本の解説を
読みました。ですので時間が今はかかっても語学力がついたら
後々早く読めるようになるのではないでしょうか^^
私も昔脚本を和訳した時、完全に理解できないと訳せないので
すごく細かいとこまで調べた時に、やった甲斐はあったと思ったのですが
最近のコリンの仕事ぶりにもうそこまでする気が起きなくなりました。

>>またまた済みません。「紙書籍版」の誤りです。

大丈夫です!8割理解で読んだところちゃんと意味が通じていました!


2021/4/12  0:17

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>すごいファンとしては窮地に!

私の場合まだまだ読んでいない本や聴いていないAudibleがあるので
こんなに理解に時間のかかるものを読んでいると他が気になって焦るんですよね。
評判が良くて次も…というのは喜ばしいことですがこちらは青息吐息状態に…

>書籍版

またまた済みません。「紙書籍版」の誤りです。

電子版は表紙がすでに「1」(ページ外は表記なし)
本編が始まるページは「9」(ページ外にPage-8)からなので

>7ページ目の右上にウッコがすでに〜Ever living onesと

このシーンはすでに「16」(Page-15)なんですよ。
ずいぶん差がありますが
ウッコが第1章で発作を起こしたシーンでは差が縮まっていますね。

ちなみに本編最終ページは「196」(Page-195)です。
内容は同じだと思いますが不思議ですね。

2021/4/11  23:14

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>ちゃんと「おやすみ、ドゥワーフ」と言う

いいシーンですよね!

>>これ次々コリン起用でAudibleになったら?????

今回スレイン以外にも何作が出ましたけど、全体の売り上げ次第でしょうか?!
キャスティングがすぐに変わるとは思えないので
すごいファンとしては窮地に!

>>ふってあるページが書籍版と違うようですが電子版では51ページ右下です。
(電子版も本には51とあり、ページ外にPage-50とあるのでややこしいですが)

紙の本では48ページに出てます。なんのページ差でしょうか???

2021/4/11  20:55

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>火あぶりにされて民に分けられた

あ、そうですね!火葬だと残るのは…だけですものね。

>あの世でもお笑いコンビを

そうそう。この物語のこういうとこは好きです。
手荒いお仕置きはするけど
スレインはきっとウッコが気に入ってるんだなと感じられるからです。
寝る時も「じゃあな」とか「寝るぞ」ではなく
ちゃんと「おやすみ、ドゥワーフ」と言うし。

>次作に期待を持たせるような

それですよ、私がいま一番心配しているのは。
だって「スレイン」とタイトルのついているコミックたくさんあるじゃないですか。
これ次々コリン起用でAudibleになったら?????
今のところ、私はもう「スレイン」には手を出さない!と思っているのですが
実際コリンが今回のように映像で(あの、ポヨ〜ンとした笑顔で)
「楽しんで」なんて言ったら拒絶できるかしらと…

>すごい存在に見えません

なんか頭のてっぺんにはちょろっとだけ髪があり
耳の上にクリクリクリッと巻き毛が角のように出て(立って?)いて笑えますよね。
でも飾りのついたローブを着ているところなぞ、身分高さをあらわしているのかなと。

ウッコが第1章で発作を起こした時(「Mead…Mead」…)「どうした?」と
部屋に入ってきた少し後が彼がちゃんと見えるおそらく唯一のコマでしょうか。
ふってあるページが書籍版と違うようですが電子版では51ページ右下です。
(電子版も本には51とあり、ページ外にPage-50とあるのでややこしいですが)

2021/4/11  18:59

投稿者:しましま

colin's grandmaさん

>>でも、ガーン王の死に様はむごくないですか?

これまでの戦闘の激しさにマヒしたのかスルーしてしまいました。
ケルトの肉体感覚ってやっぱり私たち農耕民族上がりには生生しいような。
ガーン王は火葬とはまたちょっと違って火あぶりにされて民に分けられたので
まだ燻製のように固体状態だったようですね。

>>スレインはウッコも一緒にと思っているようですが

これは完全に聞き間違えていてどこにそんなこと書いてあったのか
探してしまいました!
ありがとうございます!!
ホントだ、あの世でもお笑いコンビを組みたかったんですねスレイン((笑)

>>普通の人生のスパンを1として、ウッコは12スパンも生きているのに

>>っていうか、スレインの死というメイヴの予言が現実となって、と言っているので任期を全うしないうちに死ぬの?!

このへんはこのthe Horned Godだけではわからない部分かなと思いました。
本作の最初のあたりは「これまでのお話」になっているから
最後のあたりは次作に期待を持たせるような予告的なセリフが
入っているのかな〜と。
今でもまだシリーズは未完とのことなので、どうなってるんでしょう。

ところで、ネストがウッコの影で話している男がever living oneですが
ぜんぜん先日の解説のようなすごい存在に見えませんよね。。。

2021/4/10  22:27

投稿者:colin's grandma

しましまさん

訂正です。

埋葬を考えいる----→葬儀を考えている

失礼しました!

でも、ガーン王も最後は焼かれてますよね。結局火葬ですよね。
スレインの希望とどう違うのかしら…

殴られたり、打たれたり、切られたり、刺されたりはなしでお願いしたい…

考えなくてもいいことなんだけど!

2021/4/10  22:11

投稿者:colin's grandma

しましまさん

長くなりそうだったので分けました。

>神話なので何が起きても不思議じゃないし

そうですね、それはそう理解しました。

統治が7年に限られていて任期があけると死ななければならない…
ここまでは妥協の納得…
でも、ガーン王の死に様はむごくないですか?
いくら蜂蜜酒で苦痛は感じないといっても、何もそこまで…
これは忍耐の納得でした…

すべては後に残った民が何かしらの形で王の魂を受け取るための儀式でしょうから。
スレインはまた違った形の埋葬を考えいるようなので
本人の希望でそれぞれ違うのでしょうかね。

スレインはウッコも一緒にと思っているようですが
ウッコ異議申し立てしたいみたいでしたね。
普通の人生のスパンを1として、ウッコは12スパンも生きているのに
スレインと一緒に逝くのは嫌みたい(笑)。

っていうか、スレインの死というメイヴの予言が現実となって、と言っているので
任期を全うしないうちに死ぬの?!

2021/4/10  21:41

投稿者:colin's grandma

しましまさん

>7ページ目の右上にウッコが

見つけました。ネストの言葉ですね。
最初の方はすっかり記憶の外に…
メモには「The Ever Living onesから与えられた」とあり
下線まで引いてありました。ははっ!

>英語的に理解できていない

物語的に何か疑問が出てきて読み返したい時に要点だけのメモでは
その場所が探せないと感じたので全台詞、ウッコの全記述を日本語にしたのです。
(訳したとは決して言えません。)
書く作業では理解できていないところはごまかしが利きません。
文章になりませんから…そういうのがかなりたくさん。
おかしな日本語の羅列に(笑)。

>物語として理解できていない

例えば、この問いに対しこれで答え?
これで会話が成立しているの?と不可解なところがあり
私が意味を取り違えて理解しているのかがわからなかったり…

まぁね、細かいことにこだわっていると進まないので
結局はスルーと相成るわけですが…

2021/4/10  18:34

投稿者:しましま

colin's grandmaさん えむさん

>>貼っていただいたとこ、昨日私も見ました。

検索で1ページ目に出ますもんね。ヒット多いブログなんですね。

でも今朝新しい記事を書くのにまたコミックをザザッと
めくっていたら、7ページ目の右上にウッコがすでに
Ever living onesと言ってました!
いきなり出てきたわけじゃなかったのが今頃わかりました^^;

>>英語的に理解できていないところと物語として理解できていないところ

物語は基本的に神話なので何が起きても不思議じゃないし
英語の人達には文化的に知ってる感覚などが出てくるんだろうなあと
邪推しています。
英語は・・・ドラマや映画を英語字幕で見ていたら
なんとなく単語のかたまりで大体理解すればヨシ!
という自分に甘い人間になってしまっていました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ