2020/7/31

クイーン+アダム・ランバート・ストーリー〜ショウ・マスト・ゴー・オン  その他の映画・ドラマ・舞台

クイーンの数あるドキュメンタリーの中でも2019年版で映画ボヘミアン・ラプソディーのヒット後ですので最新版が今Netflixで配信中です。

クリックすると元のサイズで表示します

「+アダム・ランバート」ですので、クイーンが80年代の絶頂からフレディの死を迎え、

クリックすると元のサイズで表示します

ロジャーの発起で名だたるミュージシャン大集合でフレディ・マーキュリー追悼コンサートで、ジョン・ディーコンが引退、ブライアンろロジャーもクイーンとしてやりきったと思ったこと、

その後、フレディのクイーンとは別路線のポール・ロジャースとのコラボでツアーを経て、アダムとの出会い、

クリックすると元のサイズで表示します

アダムと組んでキエフでライブをしてケミストリーを確信、

クリックすると元のサイズで表示します

その後ワールドツアーで大成功を経てクイーンとしての第2フェイズで3人ともミュージシャンとして輝いているという内容です。

これを見て私が強く思ったのは、不思議なことに、フレディもアダムも、ソロ活動ではまあまあの成功を収めても、このクイーンとしてのプロジェクトほどのメガ級の輝きではない、ということ。

ブライアンもロジャーもソロではやっぱりイマイチ音楽的成功はそれほどでもない(ごめんね〜)のだけど、フレディやアダムとのライブだと、本当に自分を最大限に活かせて幸せそう。

やっぱりバンド単位のケミストリーも存在するんだな〜とシミジミ。。。
1



2020/8/2  18:04

投稿者:しましま

枝龍さん

そうですね、さすが「クイーン+アダム・ランバート」ストーリー。
アダムとのコラボも10年くらいたってきたら歴史の一部としてちゃんと
記録しておかなくては、って誰かが考えたんでしょうね、えらい!

アダムがいるからクイーンという名前でブライアンとロジャーも現役で入られて、クイーン伝説が当事者に語られるという世にも不思議な構図です。

>>グループで際立つ存在だからといって、ソロでも成功するとは限らない

成功する人もいるんでしょうけど、クリーンのサウンドは重厚さが売りというのもあって特にソロだと物足りないんですよねー
特にメロディ部門はボーカルとギターが両方泣きが入るというか、歌がない部分はギターでグイグイきます。

>>全く意見が合わないって…(笑)
似たもの同士ではなく全く異なる個性が集まって

そうそう、意見が違っても尊敬できるって関係がいいんだな〜と思いました!

ジョン・ディーコンが大人しいことでさえ他の3人がやけに別々の自己主張を持ってるので逆に目立つという面白み!(笑)

>>クイーンは4人全員がしっかり認知されている

おかげで曲を聴くとに誰の音をも聴き漏らしたくないので耳が忙しい(汗)。


2020/8/2  10:02

投稿者:枝龍

しましまさん

情報ありがとうございます!
私もさっそく観ました〜〜〜

>>バンド単位のケミストリーも存在する

これは確実にありますね!
バンドに限らずアイドルグループなんかもそうですよね。
グループで際立つ存在だからといって、ソロでも成功するとは限らないという…。

バンドって、一番目立つフロントのボーカルばかり取り上げられて、楽器のメンバーは影が薄い感じになりがちなのに、クイーンは4人全員がしっかり認知されているところも他とは違いますよね。

このドキュメンタリーは、アダムにもかなり比重を置いて作られていましたね。
アダムは、フレディ亡き後のクイーンのボーカルという、とても名誉ある立場についても天狗にならずに常にクイーンへ尊敬の念を持って、全力でパフォーマンスしているところが素敵だなと思います。

ブライアンが「ロジャーとは全く意見が合わないけど、尊敬している」と語っていたのが面白かったです。
全く意見が合わないって…(笑)
似たもの同士ではなく全く異なる個性が集まって奏でることで、すごいケミストリーが生まれるということですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ