2020/6/21

ドクター・ドリトル  その他の映画・ドラマ・舞台

アイアンマンとスパイダーマンがドリトル先生と犬になる?!

ってことで、中の人ロバート・ダウニー・JRとトム・ホランドくんを楽しみに見てきました。

原作の児童書は、幼稚園の頃に買ってもらったのになぜだか物語に入っていけなくて完読できなかったことを覚えています(涙)。

でも映画の予告で知ったのですが、ヴィクトリア時代のイギリスのお話だったんですね。予告に出てきた女王様って今のクイーン・エリザベスではなくヴィクトリア女王の方!

クリックすると元のサイズで表示します

↑犬のトムホくんは、それほどトムホっぽくなくて落ち着いてました

↓このリスが、小動物のくせにピーター・ラビットも負けるほどのヤクザぶり

クリックすると元のサイズで表示します

↓怖がりのゴリラは、ラミ・マレックだったの、全然気づきませんでした!

クリックすると元のサイズで表示します

↓もっと残念だったのは、トラがレイフ・ファインズだったのも気づかなかった!

このトラ、怖そうで意外なキャラだったのに〜

クリックすると元のサイズで表示します

ナレーション&オウムのエマ・トンプソンはすぐわかったのに、まだまだ修行が足りませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

↑楽しいキャストは動物だけでなく、人間役のマイケル・シーンとジム・ブロードベントがとても良かったです。児童書の女王様の家来というか王宮の偉い人たちなんですけど、いやもう、二人とも絵本から抜け出たみたいです。

ドリトル先生のところにいる動物たち、怖がりのゴリラとか、寒がりのホッキョクグマとか、思慮深く誠実なオウムとか、ステレオタイプになりきれない、人間嫌いのドリトル先生と同類で、でもみんなで協力してうまくやってるのが「オリジナルでいいんだよ」ってエンディング曲でも歌詞にありましたが現代的なテーマでした。

それと、ダウニーさんのアクセントが、あれ?ドリトル先生ってスコットランド人だっけ?みたいに聞こえたんですけど、正解はウェルシュでした。かわいそうに、Wales Onlineというウェールズサイトで地元民による判定が下されてました。「思ったほど悪くない」
それに「スコティッシュのような、アイリッシュのような抑揚」とも。よかった私の耳も遠からずで。


1



2020/6/24  10:31

投稿者:しましま

hedgehogさん

はっ!新作映画の再会に浮かれて、昨今の子供映画の字幕上映はどんどん肩身がせまいことになってたことを忘れてました。

>>後半、お留守番を言いつかってしまったのには、犬より私のほうがよっぽど「ちっっっっ」

この映画のプロモ画像でダウニー&トムホががっつりツーショットでデカデカと出ていたので犬は動物の中でも最重要キャラだと誤解してしまってました。でもやっぱりゴリラやダチョウではないですしねー

>>ヴィクトリア女王役のジェシー・ベックリー

見た覚えがないと思ってたらエンデバーでは見てました。側近が「若すぎて国が不安定になる」という理由でクーデター起こそうとするには大人すぎるんじゃないかと思いましたが、病み顔のせいで老けちゃったんですかね。。。

2020/6/23  21:46

投稿者:hedgehog

しましまさん

字幕版の上映が終わったらシャレにならん、と思って急いで観てきました。

>犬のトムホくんは、それほどトムホっぽくなくて落ち着いてました

もっとはあはあ言いながらドリトル先生の周りをうろうろするのかと思ってましたが、そうでもなかったですね。後半、お留守番を言いつかってしまったのには、犬より私のほうがよっぽど「ちっっっっ」と思いました。

>トラがレイフ・ファインズだったのも気づかなかった!

私もです〜〜〜。ああ、修行が足らなさすぎ。

>人間役のマイケル・シーンとジム・ブロードベントがとても良かったです。

ほどよい加減の芝居っ気で、とてもよかったですね。ベテランの余裕、というか。私はヴィクトリア女王役のジェシー・ベックリーもすごく楽しみにしてたのですが、こちらは寝たきりすぎて……「君もいよいよハリウッドでちょっとした役に出て小銭もうけする術を身につけたか?」と心の中でつっこみながら見てました。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ