2020/6/19

エジソンズ・ゲーム  ベネディクト・カンバーバッチ

直流派エジソンの交流派ウェスティングへの異常にネガティブなこだわりに振り回される電流戦争のお話でした!

エジソンの性格の悪さは、ベネディクトさんの配役をもってしても、やっぱり嫌なヤツとして記憶に刻みつけられました。

何と言っても許せないのはライバルの劣性を主張するために動物実験を公開したことと、テスラを騙したことです!

主役のエジソンに対してはちっとも共感しなかったのですが、大きいスクリーンで見て正解なのは映像がとても迫力のある美しさだったこと。

「光」のシーンは希望につながると人間の思考回路はできてるのか、電球の実験シーンは科学なのに幻想的。万博が開かれたシカゴの町はミニチュアのおとぎの国のようにきれいだったし、雪も暗闇もアメリカは規模が違うなあ!って地理の知識からくる先入観かもしれないけれど、ナイアガラの滝は、やはり絶景でスタッフはインスタにあげたかな、と思わず想像してしまいました。

あと、エジソンって小学校を退学になったことで有名なのでコミュ障だったのかなと思っていたら、そういうわけではなく言葉巧みなプレゼンが上手くて意外でした。やはり大きなアメリカをマーケットにビジネスをすると堂々とした売り込みが必要なんですね。

エジソン助手のインサル(トムホ)くん、期待以上に出番も多く、あの性格の悪いエジソンに忠実なわけを最後に「楽しいから」の一言でまとめてくれてて感激です。12歳?とか言われてたけど本当は何歳の役だったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

そして移民だからと不遇な目にあわされてたニコラ・テスラ(ニコラス・ホルト)!本当に美男子で、長身で、洒落者だったらしいです。女性キャラの存在感が薄かったので、華を一人で背負ってました。衣装違いのキャラ人形が欲しいくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

彼も天才肌の発明家で、エジソンの元で偉業を成し遂げるのかと思ってたら、エジソンの気まぐれに愛想を尽かして独立、のちに一応ウェスティングと組んだけれど基本一匹狼な人でした。

クリックすると元のサイズで表示します


最後に、あの時代はまだ死刑は当然と思われていたのが、100年で人の意識、常識って変わるんだな!と改めて。。。
1



2020/6/21  17:07

投稿者:しましま

木蓮さん

>>久しぶりに大画面でベネが観られて大満足

はい、映画館の中でも大きいスクリーンでやってくれてました!
同じ料金でもお得ですよねー

>>マシュー・マクファデン

誰だろうと思ってググったら見たことある映画にも出てたのに・・・!


2020/6/21  14:49

投稿者:木蓮

久しぶりに大画面でベネが観られて大満足でした。
テスラは出番が少なかったのがちょっと残念でしたね。
電流戦争ではキーパーソンなのに。
不遇とは思えない品の良さでした。
マシュー・マクファデンが出ているのも嬉しかったです。

https://tabi-no-sora.com/movie/1903/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ