2020/5/1

ASHES TO ASHESのエンデバーチーム  モース&ショーン・エヴァンズ

積ん視聴となってたDVDにチャンスが巡ってきました。コロナSTAY HOMEのおかげです。

積まれた山から掘り出されたのは、英語版「ASHES TO ASHES」(2008-2010)のDVDですが、これは「LIFE ON MARS」(2006-2007)の続編で、21世紀の刑事が過去にタイムスリップする話です。

このシリーズの製作者のひとりAshley Pharoahは2016年にコリン・モーガン主演の「The Living and The Dead/宿命の系譜 さまよえる魂」も制作しています。

えっと「ASHES TO ASHES」は邦題が「キケンな女刑事バック・トゥ・80s」とどうしようもなく下品で長いのですが、

これはLIFE ON MARSが70年代の、ASHES TO ASHESが80年代のデヴィッド・ボウイのヒット曲の名前であると

日本人の特に若い人にはピンとこないであろうという日本版制作者さんの思いやりからなんでしょうね!(余計なことを・・・ボソッ)

クリックすると元のサイズで表示します

で、シリーズ2エピ1に「ENDEAVOUR/刑事モース」のショーン・エヴァンズが出てるので買っていたんですけど、下品で長いセリフが多くて英語の理解度が低すぎて(たぶん、そういうことだと密林プライムでシリーズ1の日本語字幕を見て気がつきました)なかなか見進まなかったんですね。下品で長い邦題は実はウソではなかった!(だからと言ってつけていいとは思ってないけど)

もう下品で長いセリフは理解を放棄して、キュウンとする80sUKヒット曲に心躍らしてシリーズ2エピ1を見ますと、

こんなツルツルのショーンくん見たことなかった!

クリックすると元のサイズで表示します

キリッとして見せてもツルツル

クリックすると元のサイズで表示します

さらにすごいサプラ〜イズだったのが、こちら

クリックすると元のサイズで表示します

えええ!ロジャー・アラムさんも同じエピに出てたの?!

いやもう、びっくりにもほどがある?!「刑事モース」のバディコンビそのまんまロンドンの警察署に入るなんて?!

「刑事モース」のパイロット版は2012年テレビ放送なので、その2年前にこのエピは放送されたことになります。

別の意味で二重のタイムトリップストーリーですよ、モースファンにとっては。

ところで二人の役柄ですが、こういう刑事もののゲスト出演者って役どころは大体相場が決まっていて、被害者か加害者。それは「モースシリーズ」の後に売れっ子になったゲスト俳優さんたちを見て気がついた法則です。
1



2020/5/3  20:26

投稿者:しましま

hedgehogさん

>>ロジャー・アラムもそれなりに重要な役

ですです!出番の長さも見せ所もロジャーさんの方が多いです!
ショーンデカはチャラいし胡散臭さ発散しすぎで・・・
いやきっと彼の演技力演技力・・・

>>ドラマ自体は、私は「Life on Mars」のほうが

やっぱりあのジーン・ハントが女と組む、って設定がもう無理というか。
タバコの煙の男臭さムンムンの世界が80年代に入ったら
それ自体がコメディという悲しい時代の流れじゃないですかねー

2020/5/3  16:01

投稿者:hedgehog

しましまさん

そうなんですよ、このドラマにはロジャー・アラムもそれなりに重要な役で出てくるんですよ……それも確か、サウナのサービスショット付きじゃなかったでしたっけ?

ドラマ自体は、私は「Life on Mars」のほうが断然好き。でも、まさかのショーン・エヴァンス&ロジャー・アラムの共演が見られるとあっては無下にもできない、というのが本音です。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ