2020/3/20

オックスフォード旅2020Bオリオル・コレッジ  モース&ショーン・エヴァンズ

いよいよハイライトのひとつ、オリオル・コレッジへ入城だー!と2時のチェックイン時間に入り口を探したのですが、

見つからないのです!マートンはロッジが開いていたのに、オリオルは全くどこも開いてない。確か去年通りかかった時もそうで残念で、泊まれるコレッジを探してた時にオリオルが可能と知って「これで中に入れる!」と期待が膨らんだのですが。。。

フード業者オンリーと書かれた通用門みたいのも「これじゃない」と思いながらもとにかく入り口を探し当てなくては!と決死の覚悟でピンポン押すも応答なし。「研究員宿舎」的なピンポンはさすがに絶対違う!と手を出せず、

コレッジの塀を2周して「ひと気はないけどいよいよここしかありえない」という木の扉のブザーを押すも応答なし。そこへ別の観光客ではなさそうな人が現れて、ふたりでジタバタしてたらやっと開きました。

ロッジの人は日曜のためかひとり体制で、私のチェックイン最中にも電話がかかってきて忙しそうでしたが、マイペースの落ち着いたおじさんでとにかく話は通じました。そしてもらったのがこのマップ。

ガーーーン!!!

塀の中じゃない!

クリックすると元のサイズで表示します

マグピー・レーンという道を隔てたお向かいでした。そりゃマグピー・レーンはENDEAVOUR07でモースが訪れる家なので嬉しいことは嬉しいんですが、だがしかし、私のオリオルへの夢は?!

トボトボとモースのいた所を歩く、とっても陰鬱、とってもENDEAVOUR。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、この家かな。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかかわいらしいではありませんの?

クリックすると元のサイズで表示します

紛れも無い。ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

鍵、開いた。Hello。
見てこのドア私の身長から高さを見るにとても小さい。ホビットか。

クリックすると元のサイズで表示します

2階への階段の途中で下を振り返る図。

クリックすると元のサイズで表示します

着きました!私のおへや。

クリックすると元のサイズで表示します

窓から見えるのがコレッジですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがピローもオックスフォード(この縁の幅が広いのをそう呼ぶのです)!上等な感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

ライトも趣味がよろしい!ビスケット大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

蔵書はコナン・ドイルの「緋色の研究」!

クリックすると元のサイズで表示します

ベッドの左の背の低いワードローブは取手がアール・デコ風。

クリックすると元のサイズで表示します

中はよくわからない趣味だけど、ヘアドライヤーがこんなとこに?

クリックすると元のサイズで表示します

おや、この扉裏のお馬さん物体はなんだろう?どうもネクタイ掛けかな。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなカラクリ引き出しが・・・カフスピンとか小物収納ですか?紳士仕様なのはいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ここがバスルーム。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがにバスルームは近代的、多分近年になって作られたのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

バスアメ二ティは鳥さん印。やはりちょっぴり男性的ですね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

テレビがある部屋で、日曜ですので「ドクター・フー」をやっていました!

クリックすると元のサイズで表示します

さて、これから侵入工作として、本日のチャペルはマートンではなくオリオルに決めました。見学不可のコレッジでも日曜の礼拝には扉を開けた形を取っていて、せっかく泊りに来たのにこのチャンスを逃してはオリオルの中庭の石を踏まずに帰るしかない。

一応さっき会ったロッジ管理人さんに確認したら「門戸開放するから後10分したら来てね」とのことで、うむ、堂々と入れるのね、これは。

やっぱりお泊まりはさせてくれても排他的な空気を敏感に感じるのは私がどう見てもここのコレッジ内部の人に見えない場違いな観光客だからです。

クリックすると元のサイズで表示します

でもやっとここまで来れました。ああ、モースに出てくるあの階段が目の前に!あら、でも撮影は許可してるんだから、ファンがこうしてロケ地詣でに来るのは念頭においていただきたいですわ!

クリックすると元のサイズで表示します

礼拝なので、スマホでカシャカシャは控えましたが、公式のお写真がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

たったの2列しかないので、隠れることもできず必死で入り口で渡されたプリントと聖歌の本で参加しました!(涙)立ったり座ったり歌ったり!私以外にコレッジ外からの参加者は全部で10名くらいだったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

終わったら中庭は真っ暗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

あくまでも部外者立ち入り禁止。私は礼拝に来たんですからね〜

クリックすると元のサイズで表示します

これが入場に苦労したロッジです。なんと今見たらブザーには「故障中」の張り紙が!私が押した時はそれもなかったので、反応があるのかないのかもわからなかったわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝のマグピー・レーンにはゴミが出されていて生活感。モースじゃないでしょうね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2



2020/4/9  20:02

投稿者:しましま

スージーさん

あっという間に海外旅行もできない世の中になってしまいましたね。

なんとこの地図内のお住まいでしたか?!裏山にもほどがあります^^

長く住むには不便でしょうが、私も1度中世にできた部屋に泊まってみたいです〜〜〜〜!

マグピーレーンハウスも1階のドアの小ささを見て古いことがわかりますが
中はきれいに改装されてて、ポッシュな客層がターゲットでしょうか^^;
きれいじゃなくても私はいいんだけどなあ〜〜〜


2020/4/9  19:46

投稿者:しましま

木蓮さん

すみません!
でも・・・おかしい・・・!私
こちらのコメントにリプしたと思ってたんですが、まだ旅行ボケが
残ってたんでしょうか、激しく遅れてすみません!!!

2020/4/8  11:44

投稿者:スージー

またまたお邪魔いたします^^
なんだか海外旅行も難しい世の中になってしまって、 旅先のエピソードなど読ませていただくと落ち着きます♪
オリエルは施設がとても古いのでコレッジの中のゲストルームはイマイチなんですが(何度か予約したことがあります)、Magpie Laneのお泊りの部屋はオリエルにしては^^;すごくいいお部屋で当たりだったと思います^^♪
昔住んでたのはIsland Siteの29という所です、地図を見て懐かしく♪
キーブルの方はなかなか快適だったようで、よかったです^^

http://suzysquare1999.blog.fc2.com/

2020/3/27  23:05

投稿者:木蓮

実に目の保養です。
(;´・`)>ハァ...素敵
ありがとうございます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ