2020/2/24


ZENANA:

刑事モース/ENDEAVOUR シリーズ7全3話の放送が終わりました!

と言ってもそれはイギリスの話、ここは重要なネタバレなしで、どうでもいいことをメインに語ります。

パイロット版以降ほぼ全シリーズが4話構成(5のみ6話)でしたので3話というのは初めてでしたが、シリーズ通したまとまりはベストでした。

しかし、見ていての緊張感もベストというかワースト!!!あ〜疲れた。

このお姉さんヴィオレッタの存在もそのひとつ。彼女はとてもおしゃれ上級生で、ミック・ジャガーの歴代奥さんの中でもカッコよかったビアンカ・ジャガー風。

クリックすると元のサイズで表示します

そりゃあエキゾチックな大きな瞳が可愛いけれど、なぜホリデーロマンスで終わらせないのかモースよ!君はミック・ジャガーではない。

しかし主任になってからのモースの好みは知的で保守系の女性だったように思うのですけど、やはり文字通り若気の至りと申しますか、若モースはモニカちゃんといい、クローディーヌといい、ミステリアスなものに惹かれるのか外国人好きですよね。でその時は真剣なところが純でロマンチックな彼の良いところ。(例外はジョアンの従姉妹に冷たかった。あれはひどい男だった!)

ところでミセス・サーズデーが家に帰ってきてからキッチンがきれいになって、ウールのティー・コージーとか、50年代風ティーセットに目がいってしまいます。この写真右の棚にあるチェックのマイボトル、いつか私も欲しいと思ってまだ買ったことのないイギリス定番です。イギリスのキッチンは多分炒め物とかしないからきれいなのかな・・・全てはオーブンで。

クリックすると元のサイズで表示します

もうこのシリーズでモースとサーズデーの緊張感は信じられなかった。モースの単刀直入な物言いを承知で拾ったサーズデーがなぜ自分の捜査に異議を唱えたからって疎むのか私にはわからんよ。。。。マックスもストレンジも辛かろう。

クリックすると元のサイズで表示します

そのストレンジって本当にいいやつなんですよねー。組織で生きるのが得意そうな(のちの警視だし)彼のことだからサーズデー側についてしまってもおかしくないのに、彼の影のサポートのおかげでモースはやっていけてる。モースがストレンジに改めてThank youを言ったのは深いと色々な意味で思う。もみあげ長すぎだけど。
カウリー署のこのしょぼいクリスマスツリーが可愛いです。

そう、1969年の暮れから始まったシリーズ7、たったの3話なのに1970年のクリスマスが来ちゃってました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして第3話のブライトさんもいいですよ。。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで1970年のオックスフォードには40のコレッジがありそのうちの5つのみが女性が許されていたんだそうで。ルイスの頃の雰囲気と全然違いますね。そうか、今から半世紀も前の話なんだ、エンデバー。


1



2020/2/25  14:02

投稿者:しましま

hedgehogさん

>>どうしてモースにあんなにも華やかなホリデーロマンスが

でも海外ではショーン・エヴァンズはイケメンタイプのようで、だから過去作だと顔だけの男みたいな役が多かったのか、と納得しました( ; ᴗ ; )

>>愚かな頑固者

しかもロジャーさんの演技が上手いので一瞬納得させられてしまい、数秒後に、あれ?なんでいつのまにこんなに卑屈になっちゃったの?!と思いました。

>>めっちゃよかった

最初はただの頑固な組織人間だったのに、いつのまにこんな深い人になったんでしょうね…( ;ᯅ; )

2020/2/24  21:22

投稿者:hedgehog

しましまさん

>なぜホリデーロマンスで終わらせないのかモースよ!

激しく同意。と申しますか、正直私はそもそもどうしてモースにあんなにも華やかなホリデーロマンスが起こりうるのか、大いに疑問だったんですけどね(苦笑)。

>モースとサーズデーの緊張感は信じられなかった。

私もかなり面食らいました。サーズデー、どうしちゃったの? この期に及んでどうしてこんなに愚かな頑固者として描かれなきゃならないの、と。

>そして第3話のブライトさんもいいですよ。。。。。

おっしゃる通り、めっちゃよかったです!!!

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ