2020/1/6

ゴールデングローブ賞2020  その他の映画・ドラマ・舞台

2年連続で手がけた映画が受賞したデクスター・フィッチャー監督が主演俳優にキスのサンドイッチ!!すごいな〜いきなり有名監督だね〜
クリックすると元のサイズで表示します

つい2〜3年前までは、有名な映画賞にそれほど興味がなかったのですが、去年くらいから知ってる/好きな俳優、映画やドラマが受賞するので自然にニュースに気をとられております。

つまりそれくらいアメリカの賞を英国俳優が受賞しているということでもあります。ゴールデングローブ賞に投票する会員は(アメリカの)外国人なので特に多様性に寛容なのかもしれませんが、この結果がすぐ後のアカデミー賞に影響するとあれば侮れません。

今年は

映画の部
ドラマ部門
■作品賞
『1917 命をかけた伝令』

■主演女優賞
オークワフィナ『フェアウェル』

■主演男優賞
タロン・エジャトン『ロケットマン』

■監督賞
サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』

■歌曲賞
「I’m Gonna Love Me Again」(『ロケットマン』)


テレビの部
ドラマ部門
■主演女優賞
オリヴィア・コールマン「ザ・クラウン」

ミュージカル/コメディ部門
■作品賞
「Fleabag フリーバッグ」

■主演女優賞
フィービー・ウォーラー=ブリッジ「Fleabag フリーバッグ」


このへんが私の好きな作品、見たい作品から受賞しました!全体の結果は公式でどうぞ。

タロンくんの「ロケットマン」は去年のマイ・ナンバーワン映画ですよ〜!信じられない〜大きな映画賞受賞する作品は映画通に受けるものが多く、私が好きになる映画はだいたいマイナーで終わることが多いのに。。。私が映画通になったの?映画がマイノリティに追いついたの?

「フェアウェル」のオークワフィナは、同じ実在の人物を演じたタロンくんと1ヶ月くらい前に対談もしてまして、その時に「フェアウェル」という映画のことを知って見たいと思ったんですね。日本でも4月に公開とのこと、やったー

イギリスとは関係ないけれど、同じアジア文化圏の俳優と作品がこうして陽の目を浴びるのも、去年の「クレイジー・リッチ!」で弾みがついたせいもあるでしょう、嬉しいことです。

「1917」!!!戦争映画は歴史なので結果を知っているのに重くて辛いですが、英国映画ファンは避けては通れないのが常。


役でもプライベートでもおしゃれなルーシーちゃん、今日も決まってる。
クリックすると元のサイズで表示します

ドラマ部門主演女優賞のオリヴィア・コールマンと息子王子役のジョシュ・オコナー
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ