2019/12/4

ニュージーランドの香り(お土産)  ニュージーランド

娘がきょうニュージーランドから一時帰国しました。学年末テストが終わり、長い夏休みに入ったのです。そう、南半球ではクリスマスもお正月も夏休み中、なんだかそれだけでほのぼの。

クリックすると元のサイズで表示します

さっきスーツケースを開けてお土産を出してくれました。

と言ってもこの香水は、私が頼んで買ってきてもらったもの。イギリスの調香師ジョー・マローンが作った「ジョー・ラヴズ」とZARAとコラボした製品です。

ジョー・マローンもジョー・ラヴも高級でモダンですがZARAでの販売ですのでZARA価格、しかも、8種類の香りが発売されていますが、この名前にひとめぼれしました。

クリックすると元のサイズで表示します

「BOHEMIAN BLUEBELLS」ボヘミアン・ブルーベルズ・・・なんだかロンドンの伝説のブティック「ビバ」で売っていそうなロマンチックさ。

さっそく空中に噴射して香りを嗅いでみましたら、どこか甘いけどスパイシーでスモーキーな、白檀とムスクを煙に巻いたような、名前買い正解!!な香りでした。

*ジョー・マロー本人によるとラベンダーとヒヤシンスだそうです

クリックすると元のサイズで表示します

これも私のリクエストで、ウィタカーズはニュージーランドの有名なチョコレートですが、このレッドベリーとチェリー入りというのは私の中でも最高峰だと刷り込まれているお味です。1個250Gという結構な板チョコで2こ合わせて500G・・・手を出すのが怖い・・・

クリックすると元のサイズで表示します

それからこちらは、実は親戚が作っているピーナツバター。娘が親戚さんからいただいて「めっちゃ美味しかった」ので買ってきてくれました。私はつぶつぶのないスムース派なのですが、夫はつぶつぶ入りのが好きなので、この重たい瓶入りのしかもNZサイズででっかいのを二つ運んでくれました。感謝。

クリックすると元のサイズで表示します

「ぬる前にまぜまぜせよ」と書いてあるピーナツバターなんて初めて。

クリックすると元のサイズで表示します

25%プロテインとは嬉しいけど本当?

クリックすると元のサイズで表示します

NZは人口が少ないので国産品は貴重ですが、この自己主張の激しさは・・・笑

クリックすると元のサイズで表示します

明日の朝ごはんでトーストにぬるのが楽しみです。
1



2019/12/6  22:15

投稿者:しましま

木蓮さん

>>ココナッツ風味のピーナッツバター

なんですってええ?!
そんな美味しそうなものが存在するなんて・・・!!!
それがハワイの10ドル越えのミニボトルでしょうか、
ココナッツで数ドル跳ね上がるとか(笑笑)
でも自分ではそんな高いのは買わないので、幸運が降ってきたのですね。

ニュージーのは外国のには当たり前ですが甘くなくって
甘いのが好きな私にはちょっぴりハズレでしたが
買ってきてくれた気持ちもあるし甘くなくてもカロリー高い食品なので
よく噛んで甘さを感じることにしています!

2019/12/6  20:19

投稿者:木蓮

食べ物記事につい反応してしまう性( ̄∀ ̄*)イヒッ
どれも素敵なお土産♪
チョコも良いけどピーナッツバターが気になります!
先日グアムへ行った妹にアメリカならピーナッツバター安いだろうとお土産に頼んだら、スキッピーより小さなボトルで10$もしたのを買ってきました。高いのしかないのなら買わなくても良かっただけど。
ココナッツ風味のピーナッツバターを今食べてます。

https://tabi-no-sora.com/

2019/12/5  21:29

投稿者:しましま

枝龍さん

なんとご近所スーパーでウィタカーズがご購入できるとは?!

>>家に常備

それができる環境は羨ましい限りです。
東京でも輸入食品店でもあまり見かけないです。
ニュージーランドではすごいいろいろ種類あるみたいで
だいたいどれも美味しいんですよ〜〜

>>スプレッドをそのまま食べる

それで思い出したのはBenjaminのアイスクリーム一気食いです!

2019/12/5  21:06

投稿者:枝龍

しましまさん

ウィタカーズのチョコレート!
たまたま近所のスーパーで見つけて買ってみたらすごく美味しくて、
それ以来、切らさず家に常備しているお菓子です!
でも、日本では輸入食品を扱っているお店だったらどこでも買えるというわけでもなく、手に入りにくくないですか?

ピーナツバターも美味しそうですね〜!
私はこの手のスプレッドは、パンとかに塗らずにスプレッドをそのまま食べるが好きなんです〜
でも、この食べ方はやり出すと止まらなくなるので危険ですが。。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ