2019/12/1

プリンセス・ダイアナ  イギリス

「ザ・クラウン3」はドラマとしてもよくできてたし、エリザベス二世中心の再現フィルム的にも興味深いものでした。

特に自分でも驚いたのは、領地ハイグローブブランドの商品以外には良い印象を持ってなかったチャールズ皇太子を、ジョシュ・オコナーという俳優さんが演じたことで一気にチーム・チャールズになってしまったこと・・・笑!

内気で神経質なのに自己顕示欲も強いという、知性よりも感性で行動してしまうタイプの次期権力者とは、それはエリザベスママじゃなくても、どんな組織のトップでも心配でしょう!

それをジョシュさんが演じると、つい「そうだ!チャールズかわいそうじゃない!両親冷たい!」と思わせる力がありました。しかも彼目線でまずカミラを出す。ううう〜む・・・だが、カミラのよさまでは私には伝わってこなかったぞ・・・

しかしそれより、「3」の進行状況ニュースを聞いたときにはダイアナ妃のキャストも決まっていたので、公妃も登場すると思っておりましたが、そちらは「4」を待て状態。

そんなことで、ネットフリックスのダイアナさんドキュメンタリーに目が留まりました。実は「ロケットマン」でエルトン・ジョンのことを少し知って、彼がダイアナと親友だったと言ってたので、そちらルートでも気になっていたのもあります。

実はエルトン・ジョン、チーム・チャールズは今までは有名でありながらもスルーしていた私にとってパンドラの箱。無意識でも負のパワーを感じていたのか。

とにかく、今配信されているドキュメンタリーは2作品

「ストーリー・オブ・ダイアナ」(2017)パート1〜2

亡くなってから20年後に作られアメリカでテレビ放送された4時間番組で、主な語り手はダイアナの弟スペンサー伯爵。ロイヤルバレエの元ダンサーなども近い友人として語っている。セレブ情報雑誌「People」協力。チャールズとダイアナの別居前くらいまでのパート1が「ザ・クラウン」的に楽しめますが、パート2は彼女の王室なしでの自分探しとパパラッチ加熱の話になりちょっとヘビーでした・・・SNS以前のセレブは人に写真を撮られるしかなかった、という時代を思い出させられました。

このドキュメンタリーにも登場した、ダイアナの個人企画による、つまり王室への相談なしに、自分に好意的なジャーナリスト/アンドリュー・モートンを宮殿に呼びインタビューを受けて語った話が元になっているのが、

「ダイアナ妃の告白」(1991)

チャールズ皇太子との出会いから語られています。

庶民のプリンセスと言ってもやっぱり貴族。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと最初はダイアナのお姉さんとお付き合いしてたとのこと・・・
このお姉さんのドレスがとてもダサくて好き!この時代の(70年代後半〜80年代)ファッションを見るのにもこの番組は相当面白いですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

この羊のニットも出てきました!!!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが当時のケンジントン宮殿。ああ、そういえば私も今年はここへ行ったのですが、ショップにダイアナの何かもありました。その時は全く興味がなくてよく見てもいなかったのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし「ザ・クラウン」はエリザベス女王が主役ですので、個人よりも王室と国を優先する彼女に反抗するチャールズは異端児として描かれていて、その異端児にも王室全体にも個人で反抗したダイアナはやはりなかなかの人だったのだと今気づきました。
1



2019/12/7  21:43

投稿者:しましま

riekさん

こんにちは、こちらではお久しぶりです。
なんとローレンスさんはチャールズも演じていたのですか!?
「も」というのは、もうひとりのロイヤル・ファミリーの異端児ウィンザー公爵の役もありましたよね?異端児なのに視聴者がつい惹かれてしまう。
俳優の力?というか魅力?同じかもしれませんが( ˙꒳˙ ;)
そのチャールズのドラマも見てみたいです。

2019/12/7  8:12

投稿者:riek

この二つは何となく見逃してたかも。ネッフリから引きあげられない内に見てみようかしら。チャールズ皇太子、昔ローレンス・フォックスが演じていて、「これはまたずいぶん美男に...あわわ」と同じように思ったものでした(笑)。そのドラマはチャールズとカミラに焦点を当てていたのですが、ダイアナが可哀そうに描かれていて、一回見たきりです。カミラはオリビア・プーレが演じていました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ