2019/11/18

ザ・クラウン 3  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

「ザ・クラウン」はシーズン1から楽しみに見ておりますが、昨日から配信となった3からはロイヤルファミリーも時間の経過に伴いキャストが変わりまして、

1〜2の1番の楽しみは女王の夫フィリップ殿下役のマット・スミスだったのに変わり、新作では女王のオリヴィア・コールマンの方へ感心度が増しております。

そして写真の左端、・・・誰の役?

とピンとこなかったのですが、エジンバラ公よりも女王に近く手前に写る立場とは、チャールズ皇太子しかいませんよね?!

えー、プリンス・オブ・ウェールズすごい美化されててお得!素敵な俳優さん。

素敵な俳優さんといえば、なんと3にはコリン・モーガン出演もあるという、寝耳に水のようなサプライズつきとは!

以下、「ザ・クラウン3」の前半のクライマックスとも言える、フィリップ殿下のお母様のエピソードから、コリンのスクショ・ギャラリーを作りました。

このエピ自体とても好きです。ステキなお母様です。
ストーリー的なネタバレはないですが、画像も避けたい方は以下要注意です。

まずはステキな女王様もおひとつ。
ロイヤル・ブルーはクイーンの色。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからガーディアンの売れっ子記者ジョン・アームストロングさん。

会社の電話番号を腕に書いたのを読み上げるって・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ポイントはヘアスタイルです。60年代後半で、長めになってます。
特にもみあげと後ろ髪に注目。「みんな我が子」で刈り上げだったので
このちょこっと伸びた髪がカールしてるのが嬉しいです!

クリックすると元のサイズで表示します

サイドに分けてるのが70年代先取りですね。赤い筆記具は鉛筆。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ髪クルリンをもう1発。

クリックすると元のサイズで表示します

よそ行き。

クリックすると元のサイズで表示します

門番もコリンより長身とは、やはり宮殿の使用人達も容姿と身長重視ということで。

クリックすると元のサイズで表示します

物陰から覗く姿はマーリンを思い出しちゃう。。。宮殿だし。

クリックすると元のサイズで表示します

どうしても後ろ髪集めがやめられない。
ジャケットはコーデュロイのようで、労働者階級&知的職業のイメージ。

クリックすると元のサイズで表示します

赤鉛筆を削る指先採集。

クリックすると元のサイズで表示します

尖ってた報道記者の鋭い目線が和らいだ瞬間。

クリックすると元のサイズで表示します

おつかれさまです!

クリックすると元のサイズで表示します
1



2019/11/20  14:16

投稿者:しましま

枝龍さん

私はがんばってエピ1〜2は先に見たんですけど、3はちょっとダルくなってきて飛ばして4へ行きました(笑)。

>>仕事熱心でやり手のジャーナリスト

確かに。ニューヨークでモハメド・アリを追いかけてると出てたから
え?スポーツ記者?政治記者じゃないの?と思ったら
時期的にアリはベトナム戦争への徴兵を拒否していた時代だったので
やっぱり微妙な政治的問題に鋭いメスを入れる!アタマいい人っぽい〜〜!
・・・・・とここまで推理したのに、

>>ジョン・アームストロングさんは、絶対こんなにかわいくない

どころか、架空の人物ってかいてある記事見ちゃいました!!!!!
あ〜!なんだよなんだよ!
じゃああれはコリンが記者になったら・・・というキャラ?!

>>バッキンガム宮殿の名前がプリントされている紙はかなりの影響力

それに鉛筆削りカスを乗せるという本物らしい仕掛けまで憎いかも!
赤鉛筆をいつも振り回すという伏線も出してたし。
でも架空キャラってことは似た容姿の俳優を探したわけでもないので
一体どういう風にコリンがキャスティングされたのか興味津々になってしまいました!

>>ジョシュ・オコナーは、たまたま目にしたニュースによると、来年ナショナル・シアターでロミオとジュリエットのロミオ役

うわあああああ!はまる〜!ジュリエットは誰かしら?

2019/11/19  20:06

投稿者:枝龍

しましまさん

「ザ・クラウン」シーズン3は、いきなりエピ4から見るのが正しい見方ですね(笑)。

コリン!出番少なかったけど、かわいかった〜〜〜〜〜
仕事熱心でやり手のジャーナリストという役柄でしたが、コリンが演じるとかわいくてしょうがない!
天然のクルリン髪の毛がまた可愛さ倍増というか!
実際のジョン・アームストロングさんは、絶対こんなにかわいくないと思う!

そして、コリンの指先ドアップ、いいですね〜
親指のカーブがたまりません!
このシーン、バッキンガム宮殿のメモ用紙?に何のためらいもなく鉛筆の削りカスを落すところが、アンチ王室な人柄を表わしていましたね。
バッキンガム宮殿の名前がプリントされている紙はかなりの影響力があって価値の高い紙だと、このドラマのどこかのエピにあって印象に残っていたもので。

そういえば、コリンがこんなジャケット着てネクタイ締めていわゆるビジネスマンな役をやるのって、珍しいですね。
そういう意味でも貴重です。

チャールズ皇太子役の俳優は、映画「ゴッズ・オウン・カントリー」で主役をやっていたジョシュ・オコナーです。
とてもいい映画だったので俳優の顔も覚えてて。
「ゴッズ・オウン・カントリー」では、ヨークシャー訛り?が凄くて単語一つ聞き取れない感じだったのですが、「ザ・クラウン」では打って変わってロイヤルな英語を喋るんでしょうね。
(まだ出演シーンにたどり着いていません)
ジョシュ・オコナーは、たまたま目にしたニュースによると、来年ナショナル・シアターでロミオとジュリエットのロミオ役に決まったみたいですよ。
「ゴッズ・オウン・カントリー」以降、順調のようですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ