2019/9/4

BenjaminとSET FREEセット  コリン・モーガン

「Benjamin」のDVDとNetflixの「サイモン・アムステルの自由になれ!(原題SET FREE)」をセットで見返しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コリン・モーガン主演の映画単体で満足しても何も差し支えないのですが、監督/脚本家の「半自叙伝」と言われる意味が、トークショーの「自由になれ!」を見て具体的によくわかりました。

例えば、映画でコリン演じるベンジャミンが恋する相手は、同じ細身で少年風な出で立ちのフェニックス・ブロサールで、似たようなふたりが何でカップルなのかな〜と思っていたんですが、

その答えが「自由になれ!」の方に。

サイモンは自分を分析していて、内気でオタクで・・・と形容していったら、

「それって自分が好きなタイプじゃん!」と気付いたそうですw

クリックすると元のサイズで表示します

それに若い子が好きになるのは自分がセクシュアリティを閉じ込めていた時代の自分癒しなんだとも言ってたけど、それはジョークかも。

でもそれで私もふと気付いたけど、ノア(フェニックス)はベンジャミンの若いバージョンなんだと。ベンジャミンは新進映画監督で少しキャリアがあるけど、ノアはまだ学生でした。

それを知ってから「ベンジャミン」の元彼のポールのセルフ「養子にでもするのか」(多分そう言ってる)にやっと納得がいきました。

それにトークが事実だとすると、サイモンはフランスに自分探しの旅に出ていて、奥手のサイモンはフランス人は恋(と肉欲)に積極的という憧れがあって、ロンドンではできないことも旅先の開放感も伴ってパリでロストバージンという流れ、つまりは自分を解放してくれるのはフレンチ、ってところが映画に形を変えて出てきますね。

まあいろいろ映画を深く味わうことができたのは良かったです。

それにしても、コリンとフェニックスで見せてもらったからありがたく頂戴しましたけど、

正直言うとサイモンのショーの方は、笑えることはわかるけど、私はサイモンが好みではなかったです。こればかりは好みの問題です。


1



2019/9/5  22:15

投稿者:しましま

枝龍さん

ハリーくん私も好きです。アーティストだからか、ベンの事よく理解して傷つけないですもん。一般的には一番ハンサムだと思います。ベッドシーンでは「がばっ!」って勢いであまりデリカシーなさそうですけどまあそれも考えすぎなベンには楽だったのかな。

とはいえ、私はやっぱりノア君との絡みが乙女チックで好きですなあ。

>>iTunesの英語字幕

えええええええええ!!!!!!!
字幕付いてるんですかっ?!?!?!
DVDにはついてないんですよう〜〜〜〜涙涙涙涙涙涙
ITUNESでも買わねばならないのかしら。。。。。

>>ロール紙を使ったナゾのパフォーマンス

あれはおかしかったですね。「誰も笑わない」とサイモンもこだわってたから
映画で再現してみんなの反応を試したのかしら?

>>サイモンは好みでない

なんかこの人苦手・・・と映画情報のためにインスタまでフォローして
投稿がアップされるたびに「ドキドキ」と「苦手」を繰り返していたのですが
単に顔が好みでない、それだけのことみたいです。

2019/9/5  21:20

投稿者:枝龍

しましまさん

ベンジャミンと絡む男子は、ノアくんといいハリーくんといい、ダークヘア&細身&体毛なしで、サイモンと同類項ですね。
確かに、自分好きなのがきちんと反映された配役で(笑)。
私はハリーくんのほうが好みなので、コリンとハリーくんの絡みシーンをしょっちゅうリピってます(笑)。

元彼ポールのセルフは、iTunesの英語字幕では「Are you gonna adopt him?」なので「養子にでもするのか」で合ってるかと。

フランスでのロストヴァージンの話は、サイモンの自叙伝「Help」にも記されているようですよ。

映画の中の、ロール紙を使ったナゾのパフォーマンスのシーンが可笑しくて好きなんですが、サイモンのトークにもそのエピソードが出てきて、「このことか」と思いました(笑)。

ところで、サイモンは好みでない…、それは、下ネタが多いから??ナルシスだから??

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ