2019/8/21

フローズン・タイム  モース&ショーン・エヴァンズ

ショーン・エヴァンズの出演作が英語版DVDなどというオタクな手段でなくても、日本版Netflixにあったことを知りました。

それは「フローズン・タイム」という2006年映画。

クリックすると元のサイズで表示します

また謎の放題がついてますが、原題「CASHBACK」の意味は日本では馴染みのないスーパーでのキャッシュサービスのためでしょう。

レジで精算する時に現金をレジから受け取り、その分が買い物分と一緒にクレカや銀行に請求が行くという仕組みです。

もっとも今のUKでは無人レジがほとんどなのでその辺はどうなってるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
エミリア・フォックス/フレディ・フォックスの姉ローレンス・フォックスのいとこ
「魔術師マーリン」のモルゴース
ショーン・ビガースタッフ/「ハリー・ポッター」のオリヴァー・ウッド


あらすじ:

美大生ベン(ショーン・ビガースタッフ)は彼女と別れ不眠症となり眠れない夜はスーパーで働くことにした。彼女のことを考えなくて済むしお金ももらえる。これが原題CASHBACKにかかってくるわけですね。
不眠症とともになぜか時を止めて自分だけが動き回れる能力を身につけた。スーパーで働く女の子(エミリア・クラーク)が気になって、彼女とは話があってるみたいだけど同僚のヘッポコ軍団と上司も彼女に気があって。。。

それでショーン・エヴァンズの役はというと、ベンの幼馴染みで親友、女子をナンパしてはデートでフラれるエキスパートのショーンという役です。本名と役名が同じって・・・w

学食でシリアルを食べるショーンを見れる
クリックすると元のサイズで表示します

このヘアスタイルが似合ってないっす

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジをキャッチする顔がほぼ子供

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

よく言うとイノセントな・・・わかりやすく言うと何も考えてない

クリックすると元のサイズで表示します

でもナンパするときだけは本気の顔で決める

クリックすると元のサイズで表示します

その結果はこういう目に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

何度同じ目にあっても反省はしない

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず顔だけでデートまではできるチャラ男役、上手でした!

クリックすると元のサイズで表示します


監督はファッションフォトグラファー出身だけあって、全編女の子は美人さんと美少女、男子キャラは主役以外コメディーキャラばっかりで、映像も場のつなぎがシュールだったりとても楽しめる映画でした。

スーパー「セインツベリーズ」が実名で出てきちゃって、ホワイトチャペル支店とアースナル支店と出てくるあたりはリアルなんですが、

ストーリーは実はファンタジー、そのコントラストとブレンド具合がよかった。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ