2019/7/13

ランドルフ・ホテルのモース・バー  モース&ショーン・エヴァンズ

ひとつ前の記事にてレポしました「モース・ルイス・エンデヴァー・ツアー」はオックスフォードで一夜を明かした日の11:30amが集合というスケジュールでした。

そのツアーの前に、できればモース関係のパブで早いランチできないかと欲張った私は、集合場所のすぐ近くの「The Eagle and Child」へ行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

結果、まだ開いてなかった失恋

今落ち着いてウェブサイトを見てみたら、11:00オープンとあるのでわずかに早すぎた!

ガックリ気を落として、気持ちを持ち直すためにすぐ近くの高級ホテル「ランドルフ」のゴージャスなカフェでコーヒーでも飲もうと思い立ち、高い敷居を乗り越えてみましたら、

クリックすると元のサイズで表示します

カフェはランチタイムの準備に取り掛かるからバーならいいですよ、とのことでした。

そこでカフェの隣、というか玄関のすぐ横のバーに入りましたら、

クリックすると元のサイズで表示します

バーーン!

そこがその名も「モース・バー」だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

気持ち、すっかり上向き修正入りました。The Eagle and Child入りたかったけれど、こんな偶然もあるのか世の中捨てたものじゃなかった〜

モース原作者の故コリン・デクスターも。

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルは元々「主任刑事モース」ではアメリカ人観光客がツアーで押し寄せるエピがありました。

私が一人で感慨に耽りながらコーヒーを飲んでいた時も、声のでかいアメリカ〜ンな英語のアメリカ人金持ち客がやってきまして、ドラマの世界に入り込んだみたいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
2



2019/7/17  12:36

投稿者:しましま

hedgehogさん

カフェの方は天井も体育館並みに高くてそれはそれは高級ホテルしてたんです。写真は撮れなくて悔しい……

そう、お値段、サービス料はついているものの普通ですよね!
コーヒーとは豆代というより場所代だと思うんですが、破格値でした。

2019/7/16  21:29

投稿者:hedgehog

しましまさん

うわあああ、このホテルのバー、さすがに素敵&風情は満タン! おまけにエスプレッソでこの値段ってことは、高級ホテルにしてはそこそこリーズナブルじゃありません? ファンの足元を見てもっと容赦なくぼったくるのかと……(笑)。

http://ameblo.jp/hedgehog42/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ