2019/5/25

HUMANSの悲しいニュース  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

ウェーーーーーーーン!!!

日本ではhuluでシリーズ3がめでたく始まったドラマ「ヒューマンズ」が、イギリスで4以降は制作されないと発表されました。

私が読んだ記事  ⇨ METRO

3のラストは、私的には好きなオーディンがすごいことになってたし、何と言ってもレオの将来が気になって気になって仕方ない終わり方でしたので、

エアちゃぶ台返しですわ!

ただ2〜3にかけて、ホーキンス一家とシンスたちの話から、政府と戦争、革命と話のスケールが大きくなってきたのは、SFにはありがちですがリアリティを追求すればするほどリアルに見えなくなって逆に白けてくる部分も出てきたんですよね。

その部分はちょっと私はガマンして興味のある部分に萌えていたのですが、

打ち切りとなると視聴数が1ほど伸びなかったということですよね。

やはり私のガマンしていた部分が良くなかったのかな。。。登場人物も拡大して話が必要以上に広がった気もするし。

しかし、それよりも何よりも私が「エーーーッ?!」ってなったのは、

番組の顔だったミアを3であのような扱いをしてしまったことです。

イギリスではこの番組=ジェンマ・チャンだったと思うんですよ。

今やドル箱「マーベル」映画やイギリス歴史物「ふたりの女王」にも出演して売れっ子だけれど、

「ヒューマンズ」のミア役は主役の一人であり作品のシンボルでしたもの。

ああ、おかげで、人間化してかわいくなったレオのこれからが見られないなんて悲しすぎ、残念すぎです!!



1



2019/5/26  21:06

投稿者:しましま

枝龍さん

>>コリンの出番が少ないのがなによりずっと不満

まったくです。3はまだ出番が増えてきてませんでした?
だからこの続きはレオの過去の探求と未来への新しい道が待ってると思って
すっごく楽しみだったのに〜〜〜〜

>>登場人物が多すぎ

それは最初からありましたが、2、3と増えてきましたもんね。
こうなるとどんな好みの人も自分の好きなキャラの出番がそれぞれ減るというわけで、みんなが不満を持つということに!

>>外見の年取った感が、見ていてずっと違和感

あれ?!私は全然感じませんでした。
もともとジェンマのファンなので贔屓目でしょうかね。
しかし彼女にああいう道を選ばせた脚本家がにくい。

レオくんはもともとボロボロで出てきたし、3になったらすっかりオンザロード感が消えて
研究者の可愛い息子感が復活してきたのでやっぱりずっと可愛かったです。
そしてコリンにそっくりな男の子に生まれて欲しかったな。

2019/5/26  9:50

投稿者:枝龍

しましまさん
HUMANS、なかなかシーズン4の発表がされないから、なんとなくそうなる予感はしてました…。
なぜ打ち切りになったのか、理由は分かりませんが、私はこのドラマは登場人物が多すぎて、コリンの出番が少ないのがなによりずっと不満でしたね!

そして、シーズン3のジェンマ・チャンの衝撃!
これも本当の理由は色々あるのでしょうが、シーズン3のジェンマを見て個人的に思ったのは、このドラマは、シンスというロボットを人間が演じる点において、長く続けるには限界があるなぁと。

というのも、あんなに人間離れした超絶美のジェンマでも、人間なので当然年を取るわけで、シーズン1とか2に比べるとシーズン3では外見の年取った感が、見ていてずっと違和感があったんですよね。
見る側としては、シンスはロボットだから不老不死なイメージがあって、ほんの僅かな“劣化”(あえてこの言葉を使いますが)でも気になってしまって…。
ロボット感を出すために、もともと厚化粧な演出ではありましたが、さらに厚塗りして補ってる感が…。
これはジェンマだけでなく、ニスカ役の女優さんにも感じられたことなんですが…。

コリンの役どころは半分人間が入っているので、外見が年取っても許される部分はあるのですが、って、これも私の個人的な考えに他なりませんけど。

ただ、レオとマッティの子供は見たかった!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ